« 高浜年尾の句碑 | トップページ | うちの野菜スープ »

2012.12.22

しんゆり五行歌会(12月)

たった一人でも良い     高岡蘭(一席)
心のヨロイを
脱げる相手を見つけ
したたかに しなやかに
生きてゆく

失くした夢           橋詰光恵(二席)
忘れた夢の
カケラを
拾い集めて
万華鏡にする

白菜の漬物で         ripple(三席)
炊き立てのごはんを 
巻いて食べるとき
かなしいくらい
しあわせを感じる

風に乗って           京子
舞う木の葉は
天から
金粉が
降ってくるよう

« 高浜年尾の句碑 | トップページ | うちの野菜スープ »

コメント

浅漬けは
日本の味
酔い覚ましの
お茶ずけは
また格別

投稿: tama | 2012.12.22 07:46

★tamaさん、

育ち盛りに
食べた味が
忘れられない
いまの子は
マックかな

投稿: ripple | 2012.12.22 09:18

rippleさんの歌

いつもの率直がいいですね。
”感じる”はいらない?

投稿: kei | 2012.12.23 07:46

★keiさん、
やはりそう思われますか。
最初は「しあわせになる」としたのですが。
白菜のおしんこ、ステーキなんかより美味しい。
それがちょっと悲しい。(^-^)

投稿: ripple | 2012.12.24 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高浜年尾の句碑 | トップページ | うちの野菜スープ »