« 御神木が枯れる | トップページ | 熱海もみじまつり »

2012.11.27

湯河原行

P1230051
早川沿いを走る電車から富士山がきれいに見えた。

11月27、28日と連休して湯河原に行った。新百合ヶ丘8:11始発のロマンスカー。LSEは古い形でなつかしい車両だ。ちょっと揺れるが、レトロ感を味わえる。天気がよくて、雪でまっしろになった富士山がよく見えた。小田原駅でJRが発行している「湯河原真鶴パス」というのを買う。これで小田原ー熱海間の東海道線と路線バスが乗り放題。2日間有効で、820円と格安だ。なにより、いちいち小銭の支払いを気にしなくていい。現地のバスも本数が多く、このパスは大活躍だった。

P1230141
湯河原、万葉公園のもみじ

P1230086

最初に行ったのは、紅葉が見ごろだという「万葉公園」。渓流ともモミジの饗宴がすばらしい。メジロやヤマガラが鳴いている。意外に多かったのがソウシチョウだ。文学の小径というのがあったが、湯河原にゆかりの文人も多いようで、あちこちに句碑や歌碑が立っていた。公園の奥には「独歩の湯」という足湯園があった。熱いのやぬるいのや、底石をいろいろ工夫した足湯がたくさんあった。9つあるそうだ。だいぶ長いこと浸かっていたので、足は夜までぽかぽかしていた。足を温めるのは気持ちがいい。

P1230115

P1230123
独歩の湯、足湯が9種類もある、気持ちがいい。

みかん狩り
湯河原駅前に「みかん狩り案内所」があって、近くの高台でみかん狩りができるというので行ってみた。迎えの車はバンで、急な坂道をぐいぐい登っていく。着いたみかん園から真鶴湾の眺望がすばらしい。当然ながら、みかん山は傾斜のつよいところにある。ハサミを使わず、手でもぐ。一本の木でも熟れたのもあれば、緑がかったものもある。大きいのもあれば小さいのもある。すっぱいのもあれば、甘いのもある。選別をして出荷するのは大変だろう。畑にはモノレールが引き込んであり、収穫したみかんはこれで小屋集めるらしい。もうしばらくミカンは食べなくてもいいだろう。入園料300円で食べ放題。お持ち帰りは1袋500円。

P1230155
ミカン畑のある高台から左に真鶴半島、右に初島、大島が見える。

それからバスで奥湯河原に行き、もみじの里はまだちょっと早いらしいので、来た道を不動の滝まで歩く。その後、町立美術館で平松礼二の絵を見て、さらに西村京太郎記念館まで足をのばした。西村京太郎は推理小説の単行本を書いているが、もうすぐ500冊になるという。じゃがいもみたいなオジサンだが、一体どんな脳味噌を持っているのだろう。ここには鉄道模型のジオラマがあり、新幹線や在来線の車両を動かすことができる。そういえば、西村氏の作品は大半が鉄道に関係している。

« 御神木が枯れる | トップページ | 熱海もみじまつり »

コメント

良い休養が取れて良かったですね。
自然の空気を満喫して綺麗な紅葉・足湯・みかん狩り
色々楽しめて良い連休でしたね。
西村京太郎の推理小説好きです。

投稿: tama | 2012.11.29 21:11

★tamaさん、
伊豆へ行っても湯河原は通り過ぎてしまい、
ゆっくり滞在することはありませんでした。
温暖でなかなかいいところだと思いました。
西村京太郎の作品はいろいろテレビドラマ化
されていますね。IQ300ぐらいかなあ。

投稿: ripple | 2012.11.30 09:21

湯河原真鶴バス820円はいいですね。
よく調べることが必要ですね。

お泊りのホテルも立派。
秋を満喫されましたね。

投稿: kei | 2012.12.01 05:38

★keiさん、
JRで小田原熱海間が400円ですから、往復して
一度バスに乗れば元がとれちゃう。バスは5、6回
乗りました。本数も多くて便利でした。
ホテルは保養所を利用したもので格安なんです。(^-^)

投稿: ripple | 2012.12.01 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御神木が枯れる | トップページ | 熱海もみじまつり »