« 高砂ゆりの種 | トップページ | 柿山に »

2012.11.12

きりたんぽ祭り

日曜午後、登戸東通り商店会の空地で開かれた「きりたんぽ祭り」に行ってみた。11月11日はきりたんぽの日なのだそうだ。囲炉裏の火のまわりに刺したきりたんぽが1111と見えるかららしい。同じような理由で、ポッキーの日でもあるそうだ。どんよりと重い雲がたちこめ、気温も低いのでいまいち気勢が上がらないが、人出は順調のようだった。

P1220837

P1220826

きりたんぽを1111本作るというので、ふつうのきりたんぽの半分ほどのミニサイズをバーベキュー網で焼いていた。焼いたのは味噌だれにつけて五平餅のようにして食べる。あるいは鶏肉や野菜を入れて煮込んだ鍋に入れて、汁物として食べる。本当は串を抜いて包丁で斜めに切り分けたものを鍋に入れるのだが、ここで串のといたまままるごと入っているので「切りたんぽ」と呼ぶには無理がある。しかし包丁で切り分けるには手間がかかるから仕方ないだろう。ま、次回は切ってもらいたい。そうすると味がしみるんだな。

P1220827

P1220832

きりたんぽは秋田名物で、本場は大館。その昔、きこりが作業の折に残り飯を長い棒に巻き付けて、味噌をつけて焼いて食べたのが始まりという。「きりたんぽ」の「たんぽ」とは槍の刃のカバーのことで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから「たんぽ」と呼ばれたそうだ。それを切って鍋に入れたので、「きりたんぽ」と呼ばれるようになったらしい。基本となる具は、ゴボウ、鶏肉(比内地鶏)、マイタケ、ネギ、切りたんぽ、セリの6種。

きりたんぽの作り方


« 高砂ゆりの種 | トップページ | 柿山に »

コメント

きりたんぽの由来・・・
よ~くわかりました。
香ばしい匂いが伝わってきそうです。
食べたいです~~~

投稿: しあわせさがし | 2012.11.12 17:49

きりたんぽ美味しそうですね。
作り方の動画も見せて頂きました。
よく分かって面白いです。
どうしてきりたんぽと言うのかも分かりました。
ありがとう_(._.)_

投稿: tama | 2012.11.12 23:13

★しあわせさがしさん、
うちは秋田に親戚があるので、
小さいころからよく食べました。
半殺しのご飯がお餅とは違った
食感でおいしい。セリも決め手。

★tamaさん、
たんぽが練習用の槍とは
私も初めて知りました。
白菜や人参、シイタケなどは
甘みや香りがつよいので邪道
になるそうです。

投稿: ripple | 2012.11.13 08:50

 あれぇ?鍋がまだある。トークショーもやってる。先生、何時に居ました??
 自分、トークショーの途中から行って、お飾りを作っているテントの脇できりたんぽと日本酒を口にしながら話を聴いてたんですけど。
 先生居ないな〜って、14時まで待っていて、別件のため東京に移動しました。
 パラレルワールドだったりして(笑)。

投稿: ぐん | 2012.11.17 15:42

★ぐんさん、
私は13時ごろから30分ぐらいいました。
ぐんさんや秋田の親戚をさがしましたが
見つかりませんでした。もっと前に来た
のかと思って帰ってしまいました。
行き違いになってしまったようですね。
たいへん失礼しました。

投稿: ripple | 2012.11.17 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高砂ゆりの種 | トップページ | 柿山に »