« 今日の多摩川 | トップページ | それぞれの秋 »

2012.10.23

わすれな草

Dsc_4210
わすれな草(勿忘草、forget-me-not)

わすれな草なんていう洒落た名前がついていなければ、見過ごしてしまうような花である。ワスレナグサにもいろいろ種類があるらしいが、群生しているときれいである。ネットでわすれな草の名前の由来を調べてみると、こんな伝説がもとになっているという。

中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。(Wikipedia)
むかし、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに呑まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、Vergiss-mein-nicht!(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。
 このような伝説から、この花の名前は当地ドイツでVergissmeinnichtと呼ばれ、英名もその直訳のForget-me-notである。日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の多くの言語でも、同様の意味の名前が付けられている。
花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。

女性が「わたしを忘れないで」と言ったのだろうと長いあいだ思っていたが、男性だったのか。男だったら「ぼくのことはもう忘れてくれ」とでも言ったら潔くて恰好いいのに。「忘れないで」なんて言ったら彼女をずっと束縛することになるではないか。ま、伝説だからね。

大学のころ、中田喜直作曲の「わすれな草」という歌を聴く機会があった。女声合唱曲だがゆっくりした美しいメロディーと平易な歌詞が気に入り、自然に覚えてしまった。いまでもときどき口をついて出る。

http://www.youtube.com/watch?v=bjgtbUx3AZA&feature=related

忘れなの 花の言葉よ
きよらな まごころを
君にささげ
忘れなと いつまでも
忘れなと
ああ やさしい花の言葉

胸に秘めた花よ
そらのかげをうつす
花の色よ

忘れなの花の言葉よ
みそらの 色にかおる
花によせて
忘れなと 君におくる
わがおもい
ああ やさしい花の言葉


« 今日の多摩川 | トップページ | それぞれの秋 »

コメント

おはようございます^^
やっと休みになりました。

忘れな草、私はブログのタイトルをつける時に
すぐにこの名前が浮かびました。
私が生きてきたこの道、たくさんの人に支えられてきた
この道を忘れずに覚えておきたい。
そして覚えていて欲しい・・・

そんな気持ちでアメリカまで行ってきました。
昔の自分が見えて、ちょっぴり恥ずかしくもあり
ずいぶんと月日が経ったものだと感じました。
今まで生きてきた一日一日が自分を作り上げて
今の自分があるのだと感じます。

五行歌との出会いは、私にとってとても大切なものになりました。
あらためてrippleさんにお礼を申し上げます。

ふとした瞬間、自然に言葉が浮かぶようになり
生きていることが嬉しくなります。

帰国してから「字」の練習を始めました。
美しい字で五行歌を書いて残しておきたいと思います。

rippleさんがシニアナビを退会されて
とても寂しい気持ちです。
できることなら五行歌のサークルをそのまま続けたいです。

投稿: おしゃれな猫 | 2012.10.23 09:57

★おしゃれな猫さん、
シニアナビは一休みです。みなさんと離れてちょっと
寂しいけれど、コメントを書いたり、ギャラリーに
参加したりしていた時間がポカッとあいて、
なんとなく余裕が出ました。ブログは続けていき
ますのでよろしくお願いします。

それから、五行歌については五行歌の公式ホームページ
があり、会員でなくても作品掲示板に一日一首以内なら
自由に投稿できます。わたしもほぼ毎日投稿しています。
こんどの日曜日は東京で全国大会が開かれます。
全国に歌会がありますので、五行歌のホームページで
お近くの支部を見つけて参加するのも楽しいでしょう。
歌会は笑いが絶えず、いい息抜きになりますよ。(^-^)

http://5gyohka.com/

投稿: ripple | 2012.10.23 10:07

ずいぶん地味な花を恋人にプレゼントしようとしたのですね。名前に惹かれて私も庭に植えました。

投稿: kei | 2012.10.24 20:30

★keiさん、
ほんと、ちいさな花ですね。
わたしの叔父のひとりにスミレの愛好家が
いました。いろんなスミレを集めていました。
なにか惹きつけるものがあったのでしょうね。

投稿: ripple | 2012.10.25 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の多摩川 | トップページ | それぞれの秋 »