« 豊作の予感 | トップページ | しんゆり五行歌会(8月) »

2012.08.21

赤毛のアン

Anne3

BS2で「赤毛のアン」をやっている。7日間、ハイビジョン・デジタル・リマスター完全版を連続放映するというので、録画予約をした。「赤毛のアン」前後編、「赤毛のアン・アンの青春」前後編、「赤毛のアン・アンの結婚」前後編、それに「赤毛のアン・新たな始まり」の7本だ。初回を見たが、アン・シャーリー役のミーガン・フォローズがじつにいい。マリラやマシュー、ご近所のうるさいおばさんレイチェルもアンを引き立てている。ずいぶん昔にも見ているが、今回は英語にも注目してみようと思う。アンの名前はAnnでなくAnneだと何度も強調しているところが面白い。おしゃべりで空想好きの少女だけに、ことばの音感にも敏感なのである。

名作は
なんど見ても
新たな
発見があり
感動がある

【あらすじ】
カナダ東部のプリンス・エドワード島に赤い髪をしたひとりの少女が着いた。名前はアン・シャーリー。男の子を養子に迎えに来たマシュウは、手違いに戸惑いながらも、いつしかアンの楽しいおしゃべりに引き込まれていく。マシュウの妹マリラに、男の子じゃないからいらないと言われ、失望するアン。だが、マシュウのたっての願いでこの家、グリーン・ゲイブルズに置いてもらえることになる。豊かな想像力とおしゃべりで次々と事件を引き起こしていくアン。マシュウとマリラに次第に育っていく愛情。腹心の友ダイアナとの友情。いつしかアンは、グリーン・ゲイブルズに欠かせない一員になっていく。(日本コロムビア発売「世界名作劇場主題歌大全集」より)


« 豊作の予感 | トップページ | しんゆり五行歌会(8月) »

コメント

「赤毛のアン」の役をやっている女の子
名前は知りませんが、可愛い子ですね
こんなおとなしそうな女の子が好きですね
・・・あっ、もちろん「赤毛のアン」の物語も好きですよ
ハハハハ

投稿: ブル | 2012.08.21 22:35

私も予約して観よう。

投稿: kei | 2012.08.22 05:30

アン、マシュウ、マリラ、懐かしい名前に・・・・
又、本よ読みたくなりました。
若いころ読んだ本、今又読み出したらどんな感想を
思うかしら・・・。

投稿: スィートピー | 2012.08.22 20:53

★ブルさん、
それがね、おしゃべり好きで、勝気で、
おとなしいいとは言えない子なのです。
孤児だから意地悪されたりするのですが
捨てる神あれば拾う神ありで、だんだん
りっぱになっていく。それがいいですね。

★keiさん、
カナダの東海岸の風景がすばらしい。
馬車やランプの時代、心は豊かだった。
名作はいつみても感動がありますね。

★スィートピーさん、
どこの家庭も女が強いけれど、マリラの兄、
マシューは最高でしょう。いろんな人に
かこまれてアンは大きくなる。結婚編は
まだ見ていないので楽しみです。

投稿: ripple | 2012.08.23 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊作の予感 | トップページ | しんゆり五行歌会(8月) »