« 阿川佐和子の「聞く力」 | トップページ | なでしこ、ブラジルに勝つ »

2012.08.03

五行歌誌8月号、投稿歌

蓮の花びらに
毛細血管のような
すじが見える
触れれば
拍動さへ感じそう

言うほうも
言われるほうも
気持ちがいい
魔法のことば
ありがとう

そんなことが
あるはずがない
と思うこと
それが
思考の壁になる

現代人はみな
食べ過ぎで
病んでいる
飢餓の時代が
長かったせいだろう

いま
長生きしているのは
粗食の時代を生きた人だ
これからは分からない
飽食の時代にあるから

松明からロウソクへ
白熱灯から蛍光灯へ 
そしてLEDへ
地球の夜は
どこまでも明るくなる

« 阿川佐和子の「聞く力」 | トップページ | なでしこ、ブラジルに勝つ »

コメント

rippleさん。
ご無沙汰しております。
実は入院しておりまして、PCに触れる気分にありませんでした。
イタリアに出発する前日に倒れまして、今まで安静にしております。
15日分の予定稿を準備しておりまして、その分が今日終わりました。
これからのんびりと更新するつもりです。
rippleさんのブログは、ちゃんと覗かせて頂きます。
ぼくもそうですが、お互いに自愛しつついきましょう。

投稿: 荒野人 | 2012.08.03 19:38

★荒野人さん、
あらま、それは大変でしたね。
イタリアには行けなかったのでしょうか。
それでも15日ぶんの予定稿を準備しておく
なんてすごいなあ。敬服します。
夜も30℃以上ですから寝苦しいですね。
入院して安静が意外と正解かもしれません。

投稿: ripple | 2012.08.04 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿川佐和子の「聞く力」 | トップページ | なでしこ、ブラジルに勝つ »