« アガパンサス | トップページ | 線路の継ぎ目 »

2012.07.09

スポーツマンシップ

SatoWBCスーパーフライ級のタイトルマッチで、王者佐藤洋太が1位のシルベスター・ロペスを破り、初防衛に成功した。スピードに乗ったパンチとたくみなフットワーク、それと堅いガードでロペスの強打を封じた。一方的な試合だったが、なんかすっきりしないものがある。それは佐藤のリングマナーである。両手を広げておどけたり、腕を回したり、しばしば相手をバカにしたような態度をとった。それが見苦しい。

先日、剣道大会を見ていたら、勝者がガッツポーズをとったので判定がくつがえった。朝青竜のマナーも横綱の風格にふさわしくないと問題にされたがことがある。しかし、佐藤洋太のパフォーマンスはそんなもんじゃない。品がないのである。自信の現れだか、作戦だか知らないが、ちょっとやりすぎだろう。


« アガパンサス | トップページ | 線路の継ぎ目 »

コメント

昨日、たまたま見たボクシング
これだったんだ
てっきりね過去の放映をしているのかと
他のチャンネルに変えてしまいました

で、見ていなかったので内容はわからずじまい

投稿: ブル | 2012.07.09 17:03

★ブルさん、
めずらしく昼間のライブでしたね。
テクニックがすばらしいのだから
マナーもと思いました。

投稿: ripple | 2012.07.09 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アガパンサス | トップページ | 線路の継ぎ目 »