« 線路の継ぎ目 | トップページ | お盆の提灯 »

2012.07.10

『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』10刷

Goenka春秋社から『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』が送られてきた。訳者の私に増刷するたびに献本してくれる。それがもう10刷になった。一回に何冊印刷するかは知らないが、1000冊とすれば一万冊の大台に乗ったことになる。ブッダの瞑想法をシステマチックに説いた本だが、いかにせん地味な本なので売れ行きが心配された。口コミで本のうわさが浸透しているのだろう。

日本ヴィパッサナー協会は、京都と千葉にヴィパッサナー瞑想センターをもっていて、ほぼ毎月10日間コースを行っている。参加者も着実にふえている。この本を読んで瞑想コースに参加する人もあるだろう。またコースに参加したあと、この本を読む人もあるだろう。いずれにしろ、ヴィパッサナー瞑想をやさしく説いた本として読者を増やしているのは嬉しい話だ。

日本では11日間連続して休暇をとるのは難しい。しかし一生のあいだの11日となるとほとんど一瞬である。病気やけがで10日あまり入院したと思えば、どうということはない。とくに若い人はぜひともヴィパッサナー瞑想の10日間コースをとってほしい。その後の人生が豊かになるからだ。

この本がきっかけで、うちに鍼治療に来る人もいる。私の紹介でヴィパッサナー瞑想の10日間コースに参加する人もいる。誰もが10日間コースをとってよかったと言っている。オウム事件以来、瞑想やヨガに暗いイメージがまとわりついてしまったが、ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想法は、まったく宗教色がない。呼吸と感覚に意識を集中して心の平静さをはぐくむシンプルな行である。何度かコースをとれば、自分でも座れる。わたしも何年も、毎朝1時間は瞑想している。心の掃除をしている。すこしでも汚れが取れれば気持ちがいいからである。

頭は使わなくていい
ひたすら
現実のみ見つめ
いまを生きるのが
瞑想の極意である

→日本ヴィパッサナー協会

→『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』

→ヴィパッサナー瞑想体験記


« 線路の継ぎ目 | トップページ | お盆の提灯 »

コメント

今まで瞑想をしたことないが
そのせいか
いつも迷走している
やはり瞑想したほうが
よかろうか

投稿: geotech | 2012.07.10 18:15

★geotechさん、
ヴィパッサナー瞑想はいわゆる坐禅の原型です。
わたしはこの瞑想法に出会えたことを心から
幸運だったと思っています。迷走することが
少なくなったと思います。(^-^)

投稿: ripple | 2012.07.10 18:30

瞑想の
座するままに
浮遊する
心の隙間
埋めたきや

投稿: 荒野人 | 2012.07.12 00:42

★荒野人さん、

雑念がわいたり
足が痛んだり
睡魔に襲われたりする
それでも座る
心が澄んでくるから

投稿: ripple | 2012.07.12 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 線路の継ぎ目 | トップページ | お盆の提灯 »