« 梅雨明けて | トップページ | 中野島音楽祭 »

2012.07.20

佐高信の眼

YouTubeなどで佐高信(まこと)さんの動画を探していろいろ見た。どれも話の内容がおもしろく、つい引き込まれてしまう。辛口評論家といわれるが、もっとも冷静な常識人ではないだろうか。スポンサーのつかない雑誌「週刊金曜日」の編集長をしていたこともある。広告主にこびへつらわない雑誌である。つぎのアドレスは音声だけだが、音質がいいのでおすすめである。

佐高信20111102原発安全神話は誰が作ったのか?

電力会社側があの手この手を使って原発の安全神話をつくりあげていったっかが分かる。原発反対派が150万円でアントニオ猪木を招いたら、推進派が札束でこれを妨害した。その額はいくらか。1000万円? いいや、なんと10000万円だった。

児玉清は多くの人に親しまれた俳優で、彼が亡くなったときはマスコミは異口同音にその死を悼んだ。ちょっと待て。彼は長年、中国電力の原発広告に出演しつづけてきた。あの人が言うのだから安全だろう、と思わせてきたのだ。児玉清はいい人にちがいないだろう。しかし、電力会社はそういう人を利用して、好感度を得ようとしている。

武田邦彦なんていう調子のいい学者がテレビによく出ている。いまは原発反対のようなことを言っているが、彼などずっと原発を推進してきた張本人なのだ。いま反対するなら、ずっと前から反対しろよ。

東電の株主総会では、勝又会長ら役員側は紙オムツをはいていた。はやく総会を終わらせたいから休憩動議が出ても受け付けず、総会を続行した。翌日にまたがると、事務手続きなどがあって面倒だからだ。あれだけの事件を起こしておいて、録音録画お断りときた。何様のつもりだ。それに文句を言わない記者連中もだらしがない。

70歳は勲章年齢。みんな70歳ぐらいになると、勲章をほしがる人がふえる。勲章はもらう人より、それを断った人のほうがりっぱ。勲章は役所に申請してもらうのだが、役所に迎合する人がもらいやすい。

小選挙区制が民主主義をダメにしている。小選挙区ということは一人区が多いということ。トップが当選しても、2位3位は受からない。けっきょく、少数意見は排除されてしまう。民主主義は多数決よりも少数尊重が重要だ。二大政党制といっても、民主党も自民党も大して違いがない。へたをすればファッショだ。アメリカでもイラク戦争のとき、共和党と民主党が戦争賛成した。あとになって、あれはでっちあげ戦争だったことが明らかになったではないか。

人間で
ありたければ
読もう
スポンサーなしの
週刊金曜日


« 梅雨明けて | トップページ | 中野島音楽祭 »

コメント

rippleさん

リキが入ってますね。
10万人集会の余韻かしら。(失礼)

それとも日頃の原発に対する熱い思い?
疑念?

投稿: kei | 2012.07.21 15:32

僕も昔から佐高信さんが大好きだ
100%同意は出来ないが、彼の言うこと、行動には
感嘆する

投稿: ブル | 2012.07.21 17:36

★keiさん、
そうなんです。集会に佐高さんがいたから。
でも昔からこの人の本を読んだりしています。
タレント文化人100人斬り、なんか面白い
本でした。こんど、お笑い創価学会、を読んで
みようと思います。(^-^)

★ブルさん、
話がゆっくりで分かりやすく、筋が通っている。
表現は過激なところもあるけれど、中身はほぼ
常識。是々非々を訴えているだけなのに。

投稿: ripple | 2012.07.21 18:21

川崎宿河原在住時から、感性豊かな内容のブログを拝見していました。
夫の両親をヘルプするため、北海道に引っ越しましたが、これからも楽しませていただきます。
反原発集会のYouTubeに見入りました。賛成!自然エネルギー開発。

投稿: fonte | 2012.07.21 22:12

★fonteさん、
本名は小泉さんだったりして。
fonteは泉かもしれないから。(^-^)
応援コメントありがとうございます。
夏の北海道は過ごしやすいでしょうね。
こちらは今日は涼しいけれど、毎日
蒸し風呂状態です。

投稿: ripple | 2012.07.22 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けて | トップページ | 中野島音楽祭 »