« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.31

小麦色

Komugi小麦色の肌とは
よく日焼けした肌
検索すると
小麦の種の色の
ことだった

そういえば、子どものころ
小麦の種をいつも見ていたのに。

| コメント (6)

2012.07.30

ぶどうの袋かけ

Dsc_3510

けさ、ヒヨドリの子供の鳴き声が聞こえてきた。戸を開けると、二羽がパッと飛んで逃げた。ぶどう棚の下でまだ青いぶどうの味見をしていたらしい。そうだ、ぶどうに袋を掛けなければ、みんな鳥や虫に食べられてしまう。なにしろ無農薬だから、みんなに狙われる。

そこで流しの排水溝ネットをかけることにした。不織紙のネットをかぶせてホチキスでとめればいい。毎年やっていることだ。脚立に乗って、袋かけを始めた。ところどころにカナブンがいる。こいつはぶどうのエキスをみんな吸い取ってしまう。カメムシなんかも危ない。50房ほど袋をかけたら腕が痛くなった。あとはまた明日だ。

青い葡萄に
袋をかける
おいしいものは
鳥も虫も
知っているから

| コメント (4)

2012.07.29

三宅宏実、銀メダル

Miyake_2三宅宏実が女子重量挙げ48キロ級で銀メダル をとった。親譲りの抜群の瞬発力がものをいったようだ。父義行さんはメキシコ五輪の銅メダリスト。その兄義信さんは金メダリスト。よく似た兄弟が表彰台に並んだことで話題になった。わたしは当時、大学生。友人がよく三宅義信さんと麻雀をしていたのを覚えている。カエルの子はカエルだが、想像を絶する努力をしたのだろう。

| コメント (5)

2012.07.28

アチーッ!

Misohagi
ミソハギはこの暑さが好きらしい

じりじりと
本格的な
夏の日差し
蒲焼に
されそう

| コメント (4)

2012.07.27

洗濯物をすばやくたたむ

インターネットでこんなページを見つけた。シーツやTシャツを一瞬でたたむ裏ワザである。シーツをすばやく折る方法は救急救命のセミナーで教わったことがあるが、実際に使っていないので忘れていた。片手でシーツの真ん中をつまみ、もう一方の手で一辺の真ん中をつまみ、そのまま反対側の辺をつまみ、腕をもどして一振りすればいい。あと2回ぐらい折れば小さくなる。この方法は、Tシャツ、風呂敷、レジャーシートなどをたたむときに応用できる。Tシャツをブティックたたみするには、つまむ位置をちょっとかえればいい。

ブティックたたみ↓ 
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=RzhDhP4u-BA&NR=1

トップス、Tシャツのたたみかた↓
http://www.youtube.com/watch?v=3O3g9byiM8s

YouTubueなどの
動画サイトは助かる
衣服のたたみかたや
真向法のやりかたなど
口では説明できない

| コメント (6)

サッカー、男子もスペインに勝つ

01
前半34分大津ゴール

昨夜、ロンドン五輪男子サッカー予選リーグ、日本対スペイン戦が行われた。先進国のピッチは手入れが行き届いてじつにきれいだった。日本は立ち上がりから積極的に前に出てボールを奪い、スペインと互角に戦った。体格的にも劣らない。とくにフォワードの永井はよく走った。やはりスピードは一番の武器だ。相手のレッドカードも、永井のスピードについていけず手を出して倒したことによる。前半34分、大津のゴールが決まったときは、思わず歓声をあげてしまった。後半なんども決定的なチャンスがあったのに、それが決まらずちょっと残念だった。しかし、試合前の予想に反して、日本はのびのびとプレーをして勝利をものにした。次のモロッコ戦もこの調子て行ってもらいたい。

サッカーは
一二点が勝負
集中力を保ち
チャンスを生かせば
強豪にも勝てる

| コメント (0)

2012.07.26

なでしこ、カナダに勝つ

未明の試合を録画しておいて、けさ5時ごろから早送りしながら観戦した。ウインブルドンのコートのようなきれいな芝生の上で、日本対カナダ戦が行われた。沢や宮間ら、日本チームの動きが非情にいい。大柄なカナダの選手のチェックをからだを回転させたりして凌ぐ。すばやいパス回しでスペースをつくり、何度もチャンスを演出する。柔よく剛を制す、という感じだ。沢の山なりのパス、大野のヒールパス、角度のない位置から川澄のゴール。芸術的といってもいいくらいだ。もうすこし点が取れていてもおかしくないゲームだった。

なでしこの
国際試合は
弁慶と牛若丸
きわどいから
よけい面白い

| コメント (2)

2012.07.25

オトナへのトビラ

十代で妊娠し、中絶する女の子が増えているという。からだにもよくないし、精神的にも一生消えない傷となる。十代の男のほうも生活力はないし、責任をとることもできない。ただ性欲を満足させたいだけでセックスに走る。避妊の知識も乏しい。アメリカの影響の悪い面が出ている。困ったことだ。

先日、たまたまEテレの「オトナへのトビラ」という番組を見たら、コンドームのつけ方の話をしていた。思わず見入ってしまった。子供たちには見せたいような、見せたくないような、複雑な気持ちになる。Eテレというのは地デジ2チャンネル、NHK教育テレビである。こういうのを公共放送でやらなければならないような時代になっているのだ。

精液だまりの
空気を抜いて
つっぱり君にかぶせ
下まで引き降ろす
根元はよく伸ばす

http://www.nhk.or.jp/otona/p2012/120705.html

| コメント (4)

2012.07.24

イチロー、ヤンキースへ移籍

Ich_2朝8時すぎにニュース速報が流れた。マリナーズのイチローがとつぜんヤンキースに移籍するという。その記者会見がLIVE中継された。20代前半の選手が多くなり、居場所がなくなったらしい。ずっとチームが下位に低迷していたこともあるだろう。38歳だという。残りの野球人生を爆発させて有終の美を飾ってほしい。会見のあとすぐヤンキースのユニホームを着て8番ライトとして試合に出場した。セーフコ球場のワンは拍手で迎えたという。

クリーンヒット
俊足の二盗三盗
強い肩とジャンプ力
まだまだ見たい
イチローの美技

| コメント (2)

2012.07.23

クモの巣のしずく

Dsc_3514

小笹に張られた
蜘蛛の巣に
雨粒が捕まった
まるくなって
抵抗している

| コメント (9)

2012.07.22

民家園通りの夏祭り

Min01
専修大学のマーチングバンド

Min02

きのうは、民家園通りの夏祭りもあった。うちの治療室の前の道路が歩行者天国になり、パレードが行われ、その後いろんな店や展示コーナーが並んだ。かわしんの前には舞台が設置されて、バンドや歌の演奏が流れた。このお祭りはまだ15年ぐらいにしかならないが、毎年規模が大きくなり、広い道路なのにすれちがうのもままならないくらいだった。

Min03

Min04

向丘遊園駅近くの大踏切前はダンスや太鼓のパフォーマンス会場。観客が多くて写真を撮るのも一苦労だ。ときどき電車が通るのも愛嬌があっていい。なによりも、気温が低かったので、熱中症の心配がなかったのがいい。

Min06

Min08
エディーさんの曲芸。

Min09
文字通り、目が真ん丸だ。

Min10

Min11

どこかへ行くのも
たのしいが
近所の催し物を
はしごするのも
わるくないぞ

| コメント (0)

2012.07.21

中野島音楽祭

Naka01

あいにく小雨が降っていたため、中野島駅前や新多摩川ハイムのステージは演奏ができなくなり、交番横のテントだけで演奏が行われた。催し物はまったくお天気しだいだ。けっきょく、中野島音楽祭というよりは中野島バザーである。フリーマーケットや子供たちのゲームコナーーが設けられて、そっちが賑わっていた。

Naka03

Naka02

Naka04

Naka05

お祭りはいい
バザーでも
氏神様でも
わいわいやるのは
楽しい

| コメント (0)

2012.07.20

佐高信の眼

YouTubeなどで佐高信(まこと)さんの動画を探していろいろ見た。どれも話の内容がおもしろく、つい引き込まれてしまう。辛口評論家といわれるが、もっとも冷静な常識人ではないだろうか。スポンサーのつかない雑誌「週刊金曜日」の編集長をしていたこともある。広告主にこびへつらわない雑誌である。つぎのアドレスは音声だけだが、音質がいいのでおすすめである。

佐高信20111102原発安全神話は誰が作ったのか?

電力会社側があの手この手を使って原発の安全神話をつくりあげていったっかが分かる。原発反対派が150万円でアントニオ猪木を招いたら、推進派が札束でこれを妨害した。その額はいくらか。1000万円? いいや、なんと10000万円だった。

児玉清は多くの人に親しまれた俳優で、彼が亡くなったときはマスコミは異口同音にその死を悼んだ。ちょっと待て。彼は長年、中国電力の原発広告に出演しつづけてきた。あの人が言うのだから安全だろう、と思わせてきたのだ。児玉清はいい人にちがいないだろう。しかし、電力会社はそういう人を利用して、好感度を得ようとしている。

武田邦彦なんていう調子のいい学者がテレビによく出ている。いまは原発反対のようなことを言っているが、彼などずっと原発を推進してきた張本人なのだ。いま反対するなら、ずっと前から反対しろよ。

東電の株主総会では、勝又会長ら役員側は紙オムツをはいていた。はやく総会を終わらせたいから休憩動議が出ても受け付けず、総会を続行した。翌日にまたがると、事務手続きなどがあって面倒だからだ。あれだけの事件を起こしておいて、録音録画お断りときた。何様のつもりだ。それに文句を言わない記者連中もだらしがない。

70歳は勲章年齢。みんな70歳ぐらいになると、勲章をほしがる人がふえる。勲章はもらう人より、それを断った人のほうがりっぱ。勲章は役所に申請してもらうのだが、役所に迎合する人がもらいやすい。

小選挙区制が民主主義をダメにしている。小選挙区ということは一人区が多いということ。トップが当選しても、2位3位は受からない。けっきょく、少数意見は排除されてしまう。民主主義は多数決よりも少数尊重が重要だ。二大政党制といっても、民主党も自民党も大して違いがない。へたをすればファッショだ。アメリカでもイラク戦争のとき、共和党と民主党が戦争賛成した。あとになって、あれはでっちあげ戦争だったことが明らかになったではないか。

人間で
ありたければ
読もう
スポンサーなしの
週刊金曜日

| コメント (5)

2012.07.19

梅雨明けて

梅雨明けて
大玉の
紫陽花が
ドライフラワーに
変身する

| コメント (4)

ノウゼンカズラ

P1200347
凌霄花(ノウゼンカズラ)

凌霄花の
ひとのよさそうな
オレンジ色が
夏の暑さを
やわらげている

| コメント (2)

2012.07.18

しんゆり五行歌(7月)

盲目の老人の                とし子(一席)
道案内をする母を
三輪車の幼子が
追いかけていく
空は夕焼け

ガラス越に                  中川(二席)
回遊魚に似た
人ごみを眺めている
私は
金魚鉢の中

顔は優しい母似               片野(三席)
歩き格好は
肩から先にいく父似
母のような顔で父のように歩く
これが私か

ヒトは                      神川(四席)
絶滅危惧種ではないから
パンダよりも
トキよりも
いのちの重さは軽い らしい

この道を                    早川
どこまでも行く
自分ひとりで
決めた道
今日も続いている

ものぐさ鳥が                 清水
ちゃっかり古巣で
子育てをしている
えさを運ぶ姿は
やっぱりママだ

たった五分で                 京子
砂がとれて
ぷりぷりになる
アサリ
五十度洗いの魔法

五行歌欄に                  ripple
載らないからでなく
原発支持のにおいが
ぷんぷんするから
読売はやめようかな

| コメント (2)

2012.07.17

ゆがむ報道

きのう行った「さようなら原発10万人集会」のニュースを見ようとテレビをつけた。昨夜の報道ステーションは、これをトップ扱いでかなり詳しく解説していた。しかし、われわれが受信料を払っているNHKは、型通りの小さなニュースとしてしか扱わなかった。トップは猛暑だったと思う。10万人以上の群衆が反原発・脱原発を合言葉に集まったのに、これでは意図的に報道を控えているしかみられない。

けさの新聞を見ると、わが家の読売新聞は縦型の小さな写真を載せただけである。コンビニで朝日、毎日、産経の各紙を買って比較してみた。毎日は一面に大きな集会の航空写真を載せていた。朝日は一面には写真がなかったが、社会面ではかなり大きな記事を載せていた。驚いたのは産経で、「さようなら原発10万人集会」の記事は一行もなかった。

新聞は購読料より広告料に依存するところが大きい。だから自然に広告主のご機嫌を伺う。電力会社はその傘下にいろんな関連会社を抱えているから、へたな記事を載せて広告主の逆鱗に触れたら危ないと考えている。だから反原発の運動を報道するようなことはしない。新聞やテレビは中立の報道を期待されるが、そんな報道はありえないのである。

NHKだって、どちらかといえば体制寄りだ。テレビ討論などで中立を保っているように見せるが、かなりあやしい。はっきり原発に反対している京大の小出裕章先生などめったにテレビに出ない。ラジオでさえ、もうすこし聞きたいところで切られてしまう。このあいだも原発ゼロか、15%依存カか、20~25%依存かという討論が行われていた。それぞれ3人ずつの論者がいたが、これは原発ゼロが3人で原発維持が6人という構図である。最初から原発支持の人数が多いのだ。中立が笑わせる。

わるいことはしてはいけない
と教育しているのに
平気で報道がゆがめられている
大人がこれでは
子供にしめしがつかない

| コメント (4)

2012.07.16

さようなら原発10万人集会

No92

月曜日は海の日。以前は7月20日だったが、いつからか第三月曜日になった。これに合わせて、代々木公園で「さようなら原発10万人集会」が開かれた。全国から大勢の人たちがこの集会にやってくる。地元のわたしが行かないわけにはいかない。メイン会場の集会は終わりすでにデモ行進に入っていたが、第二会場ではまだ余興やトークが行われていた。主催者側の発表では参加者17万人という。

No1

栃木から来たという男性は、日光や那須がけっこう放射能汚染されていて大変だという。観光客は少ないし、きのこや野菜が出荷できないという。川魚も食べられないらしい。この男性は前日、八丈島で原発反対のコンサートに参加してきたそうだ。

No2
寿デュオの演奏

No3
湯川れい子のトーク

代々木公園は大きな木があちこちにあるので日陰を探して歩いたが、ステージの前はコンクリの照り返しがつよい。さいわい、雲が出たり、風が吹いたりしていたので、なんとか暑さは凌げた。湯川れい子さんはもう30年近く原発反対の運動をしてきたそうだ。政府の懇談会などにも加わってきたが、どれも隠ぺい体質が強くて呆れるばかりだという。

No4
テントが張られ、原発関連グッズが並べられていた 

No5
新宿方面に向かうパレード

むかしの安保闘争のデモは、警察や機動隊とデモ隊がにらみあい、一触即発の険悪なムードだったが、きょうのデモはじつに平和的である。警察関係の人たちも反原発の人も多いのではないだろうか。上の写真は京都府の教員組合の人たちのパレード。

反原発
脱原発
そのためには
まず
動かなくては

→メイン会場での大江健三郎さんたちのトークなど 

| コメント (5)

2012.07.15

心をこめて海とつきあう

4時前に目が覚めたが、そのままラジオ深夜便「明日へのことば」を聞いた。プロ潜水士夫の渋谷正信さんが「心をこめて海とつきあう(1)」というタイトルで話をした。明日が海の日だから、それにふさわしい番組にしたのだろう。

澁谷さんはアクアラインや全国各地の港湾の建設作業に線水夫としてたずさわってきたという。若いときは、男はつよく逞しくなくてはならない、という信念でがむしゃらに働いたそうだ。それが危険な目にあったり、行方不明者の捜索、汚染の調査などをするうちに、丸くなったという。いまでは海がいとおしく見えるようになったようだ。

各地の海の「くせ」が分かるようになった、という話が面白かった。気温が0.1℃上がるだけで海の状況は一変するという話もすごい。きつい仕事をしてきた人のわりに話しぶりは優しい。しかし、つねに現場に出て働いてきた人の言葉は重く、真に迫る。明日は後半が放送される。

つねに
現場で
勝負してきた
男の話は
胸を打つ

| コメント (5)

2012.07.14

おへそを引っ込める

腰痛の予防の一つに、腹筋をきたえるというのがある。人間が四足歩行をしていたころは、背骨の負担が軽かったが、二足歩行をするようになってからは下肢と背骨の負担が非常に大きくなった。背筋だけでなく腹筋も強くして、前後でからだを支えるようにすると、腰の負担が軽くなり、腰痛の予防になるというのである。

Ab1_2

腹筋をきたえるというと、頭の後ろで手を組んで起き上がる体操が有名だ。だが、これはおもに腹直筋を強化する体操だ。これにひねりを加えると腹斜筋の体操になる。しかし、腰痛の予防としては、腹横筋をきたえるのがいい。腹横筋は背骨からほぼ水平に出て胴体を包むようにして前方に向かう。文字通り、筋肉のコルセットの役割を果たしているからだ。

Ab2腹横筋をきたえるには、仰向けになって、おへそを引っ込めて背中にくっつけるようにするといい。腰骨(前上腸骨棘)の少し内側に指を触れておへそをひっこめると、そこが堅くなる。それが腹横筋である。おへそを引っ込めて、そのまま10秒ほど保つ。これを5回ほど繰り返せばいい。

左の図のように、腹横筋がつよくなると、からだを前からもしっかり支えることができるようになる。だから腰の負担が軽くなり、それだけ腰痛が起こりにくくなる。腹横筋がつけばメタボの脂肪も減り、ウエストが細くなって腰のくびれができる。

いま話題になっている美木良介のロングブレスダイエットというのも、お腹を引っ込める体操がメインになっている。また、先日の「ためしてガッテン」では水泳の選手が腹横筋をきたえているということだった。腹横筋がつよくなると、お腹がへっこみ、水の抵抗が大きく減少するということである。筋肉は重要である。自分のからだを支えるのも、動かすのも筋肉。消化器も、循環器も、泌尿器も、ホルモンの分泌さえ筋肉のはたらきに頼っている。筋肉は使いすぎると疲労して弱るし、使わないと萎縮して弱る。からだを動かして、適度に筋肉を使うしかない。

| コメント (5)

2012.07.13

腰が痛い

先日、しゃがんで篠竹を切ったり、片付けたりしていて、腰を傷めた。妻に鍼をしてもらったり、自分でカウンターストレインをやったりしてだいぶ楽になったが、まだ少し養生する必要がある。庭の草が気になるが、もうすこしほっておくしかない。

痛みは
本にしかわからない
ただ自分が
痛い思いをすれば
想像がつく

痛みは
本人しかわからない
それだって
時間がたてば忘れる
ありがたい話だ

| コメント (7)

2012.07.12

テレビ漬け

きのうの休みは、テレビ漬けになってしまった。腰が痛かったので庭仕事を控えたせいもあるが、ちょっとテレビを見すぎてしまった。録画しておいた松本清張原作のミステリー「塗られた本」、剣客商売「女用心棒」、ためしてガッテン「包丁テクニック」、男女サッカー五輪壮行試合、映画「スイングガールズ」など。

Hon
松本清張原作ドラマ「塗られた本」

地デジにしてから液晶の画面がきれいなので、ついいろんな番組を見てしまう。ハードディスクに簡単に録画できるのも問題だな。同時に2番組を録画できるので、BSなどで映画や音楽、スポーツなどのいい番組があるとつい録ってしまう。ためになるものもあるし、気晴らしになるものもあるが、時間の無駄になるものも少なくない。ヴィパッサナー瞑想をやっている人の何人かは、自分の部屋にテレビを置いていないという人がいるというのに、こまったことである。

映画やドラマ
クイズやスポーツなど
テレビが見ろ見ろと
けしかける
敵は時間泥棒だぞ

| コメント (8)

2012.07.11

お盆の提灯

C5072_34月に亡くなった義弟の新盆が来る。そこで提灯(ちょうちん)を買いに行った。伝統的な岐阜提灯は落ち着きと風格があるが、組み立てがややこしくて手間がかかる。しまうときもけっこう大変だ。組み立てる順序を間違えると最初からやりなおしになったり、部品がなくなったり、箱にうまく入らなかったりする。そこで今回は、箱から出して置くだけのタイプを求めた。デザインは和風モダンで、片面にホウズキをもう片面にキキョウの絵があしらってある。なかのライトは回転する絵模様がセットできるので、それも楽しめる。これは提灯というよりも行燈(あんどん)に近いかもしれない。

亡くなった人は
残した家族や知人が
幸せでいることを
望んでいる
そうにちがいない

| コメント (2)

2012.07.10

『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』10刷

Goenka春秋社から『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』が送られてきた。訳者の私に増刷するたびに献本してくれる。それがもう10刷になった。一回に何冊印刷するかは知らないが、1000冊とすれば一万冊の大台に乗ったことになる。ブッダの瞑想法をシステマチックに説いた本だが、いかにせん地味な本なので売れ行きが心配された。口コミで本のうわさが浸透しているのだろう。

日本ヴィパッサナー協会は、京都と千葉にヴィパッサナー瞑想センターをもっていて、ほぼ毎月10日間コースを行っている。参加者も着実にふえている。この本を読んで瞑想コースに参加する人もあるだろう。またコースに参加したあと、この本を読む人もあるだろう。いずれにしろ、ヴィパッサナー瞑想をやさしく説いた本として読者を増やしているのは嬉しい話だ。

日本では11日間連続して休暇をとるのは難しい。しかし一生のあいだの11日となるとほとんど一瞬である。病気やけがで10日あまり入院したと思えば、どうということはない。とくに若い人はぜひともヴィパッサナー瞑想の10日間コースをとってほしい。その後の人生が豊かになるからだ。

この本がきっかけで、うちに鍼治療に来る人もいる。私の紹介でヴィパッサナー瞑想の10日間コースに参加する人もいる。誰もが10日間コースをとってよかったと言っている。オウム事件以来、瞑想やヨガに暗いイメージがまとわりついてしまったが、ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想法は、まったく宗教色がない。呼吸と感覚に意識を集中して心の平静さをはぐくむシンプルな行である。何度かコースをとれば、自分でも座れる。わたしも何年も、毎朝1時間は瞑想している。心の掃除をしている。すこしでも汚れが取れれば気持ちがいいからである。

頭は使わなくていい
ひたすら
現実のみ見つめ
いまを生きるのが
瞑想の極意である

→日本ヴィパッサナー協会

→『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』

→ヴィパッサナー瞑想体験記

| コメント (4)

2012.07.09

線路の継ぎ目

Joint2

新多摩川線の二子玉川駅でなにげなく線路を見ていたときのころ。一部分だけコンクリの枕木の幅が広くなっているように見える。外側にボルトが締め付けてあるためだ。枕木の数でいうと10本ほどの区間になる。よく見ると線路の継ぎ目らしい。それもきわめて鋭角に斜めに継いである。新多摩川線はガタンゴトンという線路の継ぎ目を通る音がしないのでロングレールを使っているとは思ったが、継ぎ目が斜めになっているとは知らなかった。

Joint3
内側がうすく、外側の線路が厚い。

Joint4
ここらあたりから内側が厚く、外側がうすくなっていく。

Joint1
新型の斜め継ぎ目、外側は太いまま押し曲げてある。

Joint0
旧式の線路の継ぎ目、直角に切ってつないでいるので音がする。

古い線路の継ぎ目は、線路の膨張したときのゆとりをもたせてあるのでピッタリついてはいない。だからここを車輪が通るときガッタンゴットン音がする。この写真をみると、外側のレールは太いままわずかに外側に押し曲げられている。外側なら鉄が膨張しても車輪には影響しないからだ。こうすると旧式のようなガタンゴトンというノイズは聞こえないことになる。なかなか賢いではないか。乗り心地だけでなく車体の金属疲労などにもプラスの影響を与えるのかもしれない。

最近の電車は
ガタンゴトン
いわなくなった
嬉しいような
寂しいような

| コメント (6)

スポーツマンシップ

SatoWBCスーパーフライ級のタイトルマッチで、王者佐藤洋太が1位のシルベスター・ロペスを破り、初防衛に成功した。スピードに乗ったパンチとたくみなフットワーク、それと堅いガードでロペスの強打を封じた。一方的な試合だったが、なんかすっきりしないものがある。それは佐藤のリングマナーである。両手を広げておどけたり、腕を回したり、しばしば相手をバカにしたような態度をとった。それが見苦しい。

先日、剣道大会を見ていたら、勝者がガッツポーズをとったので判定がくつがえった。朝青竜のマナーも横綱の風格にふさわしくないと問題にされたがことがある。しかし、佐藤洋太のパフォーマンスはそんなもんじゃない。品がないのである。自信の現れだか、作戦だか知らないが、ちょっとやりすぎだろう。

| コメント (2)

2012.07.08

アガパンサス

Dsc_3491

梅雨に咲く
涼やかな花
アガパンサス
愛の花という
意味だって

ミニミニサイズの
百合の花を
たくさん集めて
ちょっぴり気取って
アガパンサス

| コメント (4)

2012.07.07

宿根ヒメヒマワリ

Dsc_3488
宿根ヒメヒマワリ

この花
なんていう花
なんて言わないで
そのままを
観察しよう

| コメント (4)

2012.07.06

サラダ記念日

きょう7月6日はサラダの日だそうだ。270万部を売り上げたベストセラー、俵万智の「サラダ記念日」にあやかったらしい。

この味が                  俵万智
いいねと君が
言ったから
七月六日は
サラダ記念日

この本は日常語で思いのままに歌った歌集で衝撃的だった。文語で古めかしいと思われていた短歌が易しいことばで簡潔に歌われていておどろいたものだ。本人の弁によると、本当はサラダでなくカレーだったそうだ。カレー記念日よりサラダ記念日のほうがさわやかだ。文芸は多少のウソも許される。いくつか俵万智の作品をあげてみよう。

寄せ返す波のしぐさの優しさにいつ言われてもいいさようなら

愛人でいいのと歌う歌手がいて言ってくれるじゃないのと思う

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

今日までに私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海

親は子を育ててきたと言うけれど勝手に赤い畑のトマト

男には首のサイズがあることの何か悲しきワイシャツ売場

「うちの子は甘えんぼうでぐうたらで先生なんとかしてくださいよ」

「もし」という言葉のうつろ人生はあなたに一度わたしに一度

「今いちばん行きたいところを言ってごらん」行きたいところはあなたのところ

まっさきに気がついている君からの手紙いちばん最後にあける

最近の歌では、東日本大震災のとき子供を連れて西へのがれた歌がある。たまたま那覇行きの飛行機があり、それに乗って沖縄に行き、いまは石垣島の住人になっているそうだ。けさ、NHKラジオの「すっぴん」にゲスト出演していた。

子を連れて               俵万智
西へ西へと
逃げてゆく
愚かな母と
言うならば言え

本音は
口語で書こう
文語じゃ
ちっとも
らちがあかない

欲を言えば
字数も自由に
書きたい
そして五行歌に
落ち着く

| コメント (6)

2012.07.05

七夕かざり

P1200285_3自治会館の前に
七夕飾りが立っている
いまの子どもたちも
いろいろと
思いを巡らせのだろう

わたしは
いい五行歌が
詠めますように
なんて
書きたいところ

| コメント (6)

2012.07.04

7月号投稿歌(五行歌誌)

人生は
どれだけ
ありがとうを
言えたかで
決まる

つれあいは
あうんの呼吸で
通じる
それでも言おう
ありがとう

街路樹
ユリノキの
愛らしい花
薄クリーム色の
私だけの秘密

五行歌を
始めてから
人や自然が
宝物のように
思える

五行歌を
やらなかったら
ユリノキの花を
知ることも
なかったろう

おじいさんや
おばあさんを
遠くから見ていたが
いつのまにか
見られる側にいる

| コメント (5)

2012.07.03

電車がとまる

きょうの昼ごろ、用事があって用賀に行った。その帰り、ホームにあわただしくアナウンスが流れた。駒沢大学前で人身事故があり、田園都市線は全線運転を見合わせるというのだ。上りの人も下りの人も改札を出る羽目になった。タクシー乗り場は長い列だし、バス乗り場も人が多い。溝の口行のバスは出ていないというので、祖師ヶ谷大蔵行というのに乗った。そこから小田急に乗って登戸にもどった。

人身事故というと大半は自殺だろうが、迷惑な話である。死ぬ人はひとりだが、東急田園都市線の全線を止めるとなると、その影響を受ける人は数万人にのぼるだろう。各駅でタクシーやバス、他の鉄道に振り替え輸送してもらわなければならない。経済的損失もはかりしれない。死ぬのは勇気のいることだろうが、他人に迷惑をかけないでやってもらいたい。重要な用事で電車に乗っている人だっているはずだ。こまったことである。

人身事故のため
電車がとまった
人々は黙々と
タクシー乗り場や
バス停に列をつくる

| コメント (4)

みんないなくなった

尾崎紀世彦
伊藤エミ
地井武男
小野やすし
みんないなくなった

また逢う日まで、よく聞いたし、よく歌ったなあ。
ザピーナツのハーモニーはピカイチだったなあ。
地井さんはほんとに身近に感じたよ。
小野やすしさん、おととし天成園で清水あきらショーを見たとき、
元巨人の槙原投手といっしょにゲスト出演していたなあ。

| コメント (7)

2012.07.02

夏祭り(登戸神社)

P1200264

P1200261

7月1日は登戸神社の夏祭り。いつもは暑くてたいへんだが、ことしは涼しい。すこし小雨がパラついていた。午後2時すぎだったので人出はあまり多くはなかった。神前でこの地域で仕事をさせてもらっていることを報告し、お礼をする。あとは出店の見物だ。

P1200252

P1200254

P1200256

P1200258

P1200262

P1200263
すごいねこのチョコバナナ、ネイルアートみたいだ

P1200268
定番の射的

P1200277

いらっしゃいませませ
投げて落として
豪華景品がもらえるよ
見るだけだったら
3000円でいいよ

香具師(やし)の口上がおもしろい。

| コメント (4)

2012.07.01

スギちゃん

Sugi

前をゆく親子が妙な会話をしている。5、6歳の男の子と母親で、会話の内容はたわいもないことだが語尾が上がるのだ。それも「ぜ~」と伸ばして、最後にひょいっとしゃくりあげて裏声になる。すこし間をおいて、それがいまブレイクしているお笑いのスギちゃんの話し方だと気がついた。テレビの影響ってすごいな。

ワイルドな
スギちゃん
表情がいい
照れがいい
人なつこさがいい

| コメント (3)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »