« 「五行歌」誌、6月号投稿歌 | トップページ | ヨルダン戦、圧勝 »

2012.06.08

朝の儀式

日が長くなってきた。朝4時を過ぎると空が明るくなる。もう二週間で夏至だから、いわずもながである。4時半から1時間ほど坐禅をする。ヴィパッサナー瞑想だが、坐禅と同じと考えていい。胡坐をかいて目をつぶり、鼻の孔を通る空気に意識を集中させる。毎朝すわっているから鼻も敏感になっており、すぐ微細な感覚を感ずることができる。呼吸を弱めて、鼻孔の下の皮膚にかすかに空気が当たるのを観察する。

10分か20分、この呼吸に意識を集中させる瞑想をしてから、頭のてっぺんに意識をもってゆく。一か所一呼吸ぐらいのスピードで、ゆっくりと頭から顔、顔から腕、腕から胸腹部、それから背中と腰、さらには下肢の感覚を観察してゆく。上半身だけで終わってしまうときもあるが、調子がいいと一往復、二往復できる。1時間たつとピピピッとタイマーが鳴る。

おもむろに坐禅を解き、うつぶせになってお尻振り体操をする。さらにツイストや肩回しなどをやって、からだをほぐす。もう長いあいだ、この朝の儀式を続けている。瞑想をしたあとの気持ちがいいので、やめられない。心の汚れを落としているつもりである。

呼吸と
全身の感覚を
淡々と観察し
いまに居つづけると
なにかが変わる


« 「五行歌」誌、6月号投稿歌 | トップページ | ヨルダン戦、圧勝 »

コメント

1時間瞑想。
すごいですね。
それでrippleさんの心はきれいで
おだやかなんですね。
いつも感謝を忘れない姿勢に影響を受けてます。

私は「心の時代」のお坊さんの話を
聴くのが好きです。

投稿: kei | 2012.06.09 05:27

★keiさん、
呼吸とからだの感覚に意識を集中していると、
思考が停止し、そのぶんすっきりします。
水泳、ダンス、書道など、なにかを夢中で
やっているときもそうだと思います。

わたしも「こころの時代」を録画し、
気に入ったものを見ています。あれはいい。

投稿: ripple | 2012.06.09 08:54

私はピラティスで数回ゆっくりと呼吸に集中したりしますが、それを長く続けるのはできそうにありません。思考が停止するとはどういう感覚なのか想像がつきません。「こころの時代」はちょっと気になります。録画してみようかと思います。

投稿: エノコロ | 2012.06.09 19:26

朝の儀式・・・
ずっと続けておられるのですね。

わたしも真向法をやるようにしています。
時々サボリます。

>うつぶせになってお尻振り体操をする

これもやっています。
片足がまだ微妙にお尻に着きません。
よじれているのでしょうか。

投稿: しあわせさがし | 2012.06.10 09:40

★エノコロさん、
最初は雑念ばかりで、あることないこといろんな
ことを考えてしまいますが、根気よく呼吸やからだの
感覚を観察していると、あるときその状態に居続ける
ことができるようになります。それが長く続けば続く
ほど、瞑想のあと気分がすっきりします。

★しあわせさがしさん、
右利き左利きがあるように、からだは多少くせがある
ものです。症状がなければあまり気にすることはない
でしょう。人間も動物、動く物ですから、たえず体を
動かすようにしているといいですね。けっきょくは、
血の巡りがすべてですから。

投稿: ripple | 2012.06.11 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五行歌」誌、6月号投稿歌 | トップページ | ヨルダン戦、圧勝 »