« サカキ | トップページ | 多摩川のハルシャギク »

2012.06.28

ボケないために

きょうご夫婦で鍼治療にみえた方がいる。奥さんは腰痛と軽い五十肩。旦那さんは右の鼠蹊部が痛いという。奥さんは二度目で、一回目の治療で痛みは半減している。旦那さんは十年以上前に来たきりだった。

旦那さんは認知症が始まっている。75歳で、むかしは重役の運転手をしていた。しかし退職後、簡単な道を間違えたりすることが多くなって、大きな事故を起こす前に運転をやめる決意したそうだ。そう、自分でも記憶力や頭の働きがにぶくなっているのが分かっている。いろんな薬をのんでいるので目にも精彩がない。足には浮腫みもある。

旦那さんの右股関節を検査すると、動きに制限がある。屈曲し内旋すると痛がる。触診すると鼠蹊部の内転筋群がコチコチになっている。そこをゆるめればいいのだ。内転筋に鍼を刺し、10分ほど低周波をかける。股関節の前後の硬い部分にも鍼をうつ。それから右下肢を開脚するようにして内転筋のストレッチをする。これで鼠蹊部の痛みはほとんど消えた。しゃがんでも歩いても痛くない。鍼はじつによく効く。

この旦那さん、最近はほとんど外に出なくなったという。頭がボケてきたのが自分でも分かるので外に出る気にならないらしい。プライドを傷つけられることが多いのだろう。この人が昔は写真をやっていたのを知っているので、そっちに話を向けてみた。わたしのカワセミ写真集を見せたり、カメラやレンズの話をしたりしていると、だんだん話に夢中になってきた。そこで、「また写真をやってみたらどうですか」と言った。大きなカメラでなくていい。バカチョンでもいいから、外に出て写真を撮りましょう。いろいろ発見があって楽しいですよ、と。

しばらく写真の話をしていると、旦那さんの表情が豊かになった。カメラは何を使っているの? レンズは何ミリ? レンズはドライボックスに閉まっているの? 三脚はなに? どこへ撮影にいくの? 治療を始める前の表情とは一変した。

認知症の10%は脳梗塞とか脳腫瘍とかアルツハイマーといった病気によるものだが、90%は病気ではない、といわれている。生き方の問題なのである。定年退職してやることがなくなったとか、一人暮らしで会話がないとか、もともと無趣味だとか、そういった人に認知症が出やすい。筋肉と同じで、頭も使わなくなるとボケるのだ。認知症を予防する、なおす、進行をとめるには、脳のリハビリが必要である。おすすめは、

1.まず散歩、すると意欲がわく。足腰が弱ると脳も弱る。
2.趣味(絵を描く、歌をうたう、ペットを飼うなど)
3.ゲーム(囲碁・将棋、麻雀、トランプ、オセロなど)
4.スポーツ(ゲートボール、ゴルフ、ダンス)
5.コミュニケーション(家族、となり近所、男女交際、おしゃれ)
6.薬をできるだけ減らす。鍼灸治療など。

動いて
感じて
人と触れ合えば
脳は
いきいき

« サカキ | トップページ | 多摩川のハルシャギク »

コメント

定年退職でリタイヤすると
ふんだんに有り余る時間の使い勝手が分からない
と言う人多いですね!!
張り詰めていた糸がはじけるのでしょうかね
せっかく与えられた第2の人生
老人病と言われる病と無縁で過ごせるものなら
1~6生活の中に取り入れてみたいですね

五行歌また作ってみましが、偶然にも同じ様なテーマかな、なんて(笑)

投稿: エリザベス | 2012.06.28 20:03

私は自分よりつれあいのボケが心配です。
ゴルフには行くけど歩くのはきらい。
あまり外に出たがらない。

出たがりの自分と較べるせいだけでも
ありません。

投稿: kei | 2012.06.29 07:11

★エリザベスさん、
定年退職すると肩書もものを言いませんね。
人付き合いが下手で無趣味となるといけません。
好奇心旺盛な人はぼけないでしょう。
ぼけるヒマがないとも言えるでしょう。
五行歌も頭を使うからボケ防止になりますね。

★keiさん、
からだを動かすことは大切ですね。手足の神経
をコントロールする脳の中枢は意外に大きい。
御主人は頭は使っているのではないでしょうか。
いっしょに五行歌をやればいいのにね。

投稿: ripple | 2012.06.29 09:00

毎週一回真向法教室に集まって、股関節を動かす、補導体操でいろんな人の体に直接触れてストレッチしあうというのを始めて7年になります。
これらも結構認知力維持に役立っていそうですね。
針で鼠径部のこりをとれる、股関節可動がよくなるというのも興味深深であります。(゚▽゚*)

投稿: マッコウオヤジ | 2012.06.29 09:44

★マッコウオヤジさん、
からだを動かし仲間と談笑する。
中国語の勉強なんかもボケ防止にいいですね。
針はとにかく鎮痛作用がつよいので即効性が
あります。低周波で筋肉を動かし、そのポンプ
作用で血行をよくし、ゆるめます。
あとはストレッチングです。
整形ではこんな丁寧な治療はやりませんね。

投稿: ripple | 2012.06.29 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サカキ | トップページ | 多摩川のハルシャギク »