« 生垣の刈り込み | トップページ | もんじゅ悶絶 »

2012.06.25

look good on

今朝、車の中で英語タイムトライアルなんていうラジオ番組を聞いた。ラジオ第二である。そのなかで、「似合う」ってどう言いますか、と先生が聞いていた。真っ先に浮かぶのはsuitという単語だ。fitとか、matchでもいい。受験英語ではbecomingなんていうのもあった。

 This hat suits me nicely. (この帽子は私によく似合う。)
 That couple is a good match.(あの二人はお似合いだ。)

ところが先生の答えは look good on だった。

 Black looks good on you. (黒があなたには似合う。)
 That shirt looks good on you. (そのシャツ似合よ。)
 Does this look good on me? (これ似合う?)
 Those glasses don't look good on you. (そのメガネは似合わないね。)

言われてみると、なるほどと思う。易しい単語を使うと、こなれた英語表現ができるものだ。漢語が大和ことばになったような感じである。やさしい言葉は耳に心地よいだけでなく、心にも入りやすいのではないだろうか。役所用語、法律用語、医学用語などは漢語が多くて分かりにくい。国会中継なども、もうすこし分かりやすい言葉でやってほしい。あまり分かりやすいと都合が悪いのだろうか。


« 生垣の刈り込み | トップページ | もんじゅ悶絶 »

コメント

確かに、look good on はわかりやすい。
そのまんまですね。
日本人は頭で文章を考えるからいけないのでしょう。
思ったように単語を並べた方が良いことも。

投稿: geotch | 2012.06.25 17:50

★geotechさん、
漢字も大和ことばにしたほうが分かりやすいですね。
「可能である」なんて言うより「できる」でいい。
漢字のほうがいい場合もありますが、ややこしい。
世の中、易しいことを難しくしていることが少なく
ないように思います。

投稿: ripple | 2012.06.25 18:01

good onっていいなと思うけど、普段使う時が
ないので勉強しても素通りです。

いいなこの言葉と思ってもねぇ。
でもまぁこりずにしこしことやってます。

投稿: kei | 2012.06.26 07:07

★keiさん、
そう語学は覚えた言葉を使うのが一番ですね。
こんど五行歌の世界大会はいつ開かれるのかな?

投稿: ripple | 2012.06.26 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生垣の刈り込み | トップページ | もんじゅ悶絶 »