« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.30

アガパンサス

P1200249

目にも涼しい
アガパンサス
この花が咲くと
本格的な
夏がやって来る

淡いブルーの
アガパンサス
夏の日
頬にふれる
涼しい風

| コメント (4)

2012.06.29

多摩川のハルシャギク

P1200220
多摩川にかかる水道橋、ボート屋はお休み。

P1200223
水道橋の下から小田急線が見える。

P1200226
夏の雲   

昼休みに多摩川に行った。曇っていたが、ときどきお日様が顔をだした。梅雨の晴れ間らしく、蒸し暑い。それでも小田急の鉄橋の下では7、8組がバーベキューを楽しんでいた。平日だから、学生さんなのだろう。水道橋のあたりでは数人が釣りをしていたが、ほとんど当たりはきていなかった。橋の下はいい風が吹いていて涼しかった。雲はもうすっかり夏雲である。

P1200243

P1200237
ハルシャギク(波斯菊。春車菊とも書く)、別名ジャノメギク。

P1200229

帰りに100円ローソンに寄って、マシンオイルやゴム手袋を買った。食品コーナーではスイカを売っていた。カットスイカである。うまそうな赤にひかれて一切れ買った。105円だからあまり期待はしていなかったが、よく冷えており、それでいてけっこう甘かった。明日で6月も終わりだ。

いままで
涼しいくらいだったから
これからは
猛暑を覚悟すべきだろう
それで帳尻が合う

| コメント (3)

2012.06.28

ボケないために

きょうご夫婦で鍼治療にみえた方がいる。奥さんは腰痛と軽い五十肩。旦那さんは右の鼠蹊部が痛いという。奥さんは二度目で、一回目の治療で痛みは半減している。旦那さんは十年以上前に来たきりだった。

旦那さんは認知症が始まっている。75歳で、むかしは重役の運転手をしていた。しかし退職後、簡単な道を間違えたりすることが多くなって、大きな事故を起こす前に運転をやめる決意したそうだ。そう、自分でも記憶力や頭の働きがにぶくなっているのが分かっている。いろんな薬をのんでいるので目にも精彩がない。足には浮腫みもある。

旦那さんの右股関節を検査すると、動きに制限がある。屈曲し内旋すると痛がる。触診すると鼠蹊部の内転筋群がコチコチになっている。そこをゆるめればいいのだ。内転筋に鍼を刺し、10分ほど低周波をかける。股関節の前後の硬い部分にも鍼をうつ。それから右下肢を開脚するようにして内転筋のストレッチをする。これで鼠蹊部の痛みはほとんど消えた。しゃがんでも歩いても痛くない。鍼はじつによく効く。

この旦那さん、最近はほとんど外に出なくなったという。頭がボケてきたのが自分でも分かるので外に出る気にならないらしい。プライドを傷つけられることが多いのだろう。この人が昔は写真をやっていたのを知っているので、そっちに話を向けてみた。わたしのカワセミ写真集を見せたり、カメラやレンズの話をしたりしていると、だんだん話に夢中になってきた。そこで、「また写真をやってみたらどうですか」と言った。大きなカメラでなくていい。バカチョンでもいいから、外に出て写真を撮りましょう。いろいろ発見があって楽しいですよ、と。

しばらく写真の話をしていると、旦那さんの表情が豊かになった。カメラは何を使っているの? レンズは何ミリ? レンズはドライボックスに閉まっているの? 三脚はなに? どこへ撮影にいくの? 治療を始める前の表情とは一変した。

認知症の10%は脳梗塞とか脳腫瘍とかアルツハイマーといった病気によるものだが、90%は病気ではない、といわれている。生き方の問題なのである。定年退職してやることがなくなったとか、一人暮らしで会話がないとか、もともと無趣味だとか、そういった人に認知症が出やすい。筋肉と同じで、頭も使わなくなるとボケるのだ。認知症を予防する、なおす、進行をとめるには、脳のリハビリが必要である。おすすめは、

1.まず散歩、すると意欲がわく。足腰が弱ると脳も弱る。
2.趣味(絵を描く、歌をうたう、ペットを飼うなど)
3.ゲーム(囲碁・将棋、麻雀、トランプ、オセロなど)
4.スポーツ(ゲートボール、ゴルフ、ダンス)
5.コミュニケーション(家族、となり近所、男女交際、おしゃれ)
6.薬をできるだけ減らす。鍼灸治療など。

動いて
感じて
人と触れ合えば
脳は
いきいき

| コメント (5)

2012.06.27

サカキ

天気がよいので生垣の刈り込みや植木の剪定をした。晴れてはいるが気温は低いので、熱中症の心配はなかった。電動ヘッジトリマーでホンサカキの垣根を刈り込んでゆく。先日すこしやったが埃を吸ったためアレルギー症状が出たので、今日はマスクをした。以前はよくアシナガバチの巣があって危なかったが、根気よく蜂の巣を取っているうちに、蜂の方もあきらめたらしく、最近ではその心配がなくなった。

3

サカキは榊と書くが、その名の通り神棚に供えられる。サカキという音はサカイ(境)から来ているらしい。常緑樹なので地境などにも植えられたのだろう。ツバキ科なので濃い緑の葉を持ち、つやがある。うちのはホンサカキだが、神様に供えるのはヒサカキのほうが一般的である。ヒサカキは葉の周囲がギザギザしている。ヒサカキの小枝を束ねたものが花屋さんなどに売っている。だいたい一日と十五日の数日前から店にならぶ。

うちでサカキの生垣をつくったのは、神主さんから魔除けになるよ、と聞いたからである。本当かどうかわ分からないが、これまで大過なく暮らして来れたから榊の魔除けの力のおかげかもしれない。

神は
神がいると
信じる者に
はっきりと
表れる

| コメント (0)

2012.06.26

産みたいのに産めない

「卵子は老化する。35歳を超えると妊娠が難しくなる」。医師の言葉に、不妊クリニックのセミナーに集まった夫婦たちに動揺が走る。今や、不妊治療・検査を行ったことのある夫婦は、6組に1組。女性の社会進出につれ晩婚化が進み、35歳を過ぎて不妊治療を始め、初めて「卵子の老化」を知る人が増えている。平均寿命が80歳を超え、40代の“モテ期”や“美魔女”など、老いすらもコントロールできるようになったかに見える現代。しかし、今も老いを克服できないのが、ヒトの卵子だ。(クローズアップ現代:産みたいのに産めないー卵子老化の衝撃)

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3158.html

むかしは
15で
姉やは嫁に行き
25は
すでに年増だった

ついこの間まで
30を過ぎたら
高齢出産といわれた
40を過ぎたら
おばあさんだ

子供を産むなら
20代がいい
できれば
20代前半
卵子が元気だ

先進国は
どこも少子化
そうやって
世界の人口が
調節されているのだろうか

| コメント (4)

2012.06.25

もんじゅ悶絶

Monju
高速増殖炉「もんじゅ」、福井県敦賀市

使用済み核燃料を
再利用しようとして
高速増殖炉「もんじゅ」
がつくられたが稼動せず
大金はドブに捨てられた

猛毒の
プルトニウムは
半減期24,000年
地球はやがて
ガス室になる

http://www.at-douga.com/?p=5539

| コメント (4)

look good on

今朝、車の中で英語タイムトライアルなんていうラジオ番組を聞いた。ラジオ第二である。そのなかで、「似合う」ってどう言いますか、と先生が聞いていた。真っ先に浮かぶのはsuitという単語だ。fitとか、matchでもいい。受験英語ではbecomingなんていうのもあった。

 This hat suits me nicely. (この帽子は私によく似合う。)
 That couple is a good match.(あの二人はお似合いだ。)

ところが先生の答えは look good on だった。

 Black looks good on you. (黒があなたには似合う。)
 That shirt looks good on you. (そのシャツ似合よ。)
 Does this look good on me? (これ似合う?)
 Those glasses don't look good on you. (そのメガネは似合わないね。)

言われてみると、なるほどと思う。易しい単語を使うと、こなれた英語表現ができるものだ。漢語が大和ことばになったような感じである。やさしい言葉は耳に心地よいだけでなく、心にも入りやすいのではないだろうか。役所用語、法律用語、医学用語などは漢語が多くて分かりにくい。国会中継なども、もうすこし分かりやすい言葉でやってほしい。あまり分かりやすいと都合が悪いのだろうか。

| コメント (4)

2012.06.24

生垣の刈り込み

サカキの生垣を
電動バリカンで
刈り込んだ
よく動いたせいか
ビールがうまい

坐禅をしているので、ふだんはアルコールは飲まないが、
きょうはよく働いたので一杯やりたくなった。うまい!
やっぱり、からだは動かさないといけないな。
刈り込みは機械でやったが、葉っぱの処理や掃除などに
意外に時間がかかった。植木屋さんの仕事は半分は掃除
だなと思う。

| コメント (5)

2012.06.23

魔法の言葉

言うほうも
言われるほうも
気持ちがいい
魔法の言葉
「ありがとう」

| コメント (4)

四季リゾーツ

録画しておいたカンブリア宮殿を見て驚いた。四季リゾーツという会社が全国に30あまりある宿泊施設を、一泊朝食付きで、一年365日、5,250円で提供しているというのだ。夕食も3,000円ほどで食べられるから、8,250円。施設は一流で温泉もいい。だから予約が殺到しているという。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20120621.html

四季リゾーツを率いるのは、三菱地所の元エリート・サラリーマンで旅行業とは無縁だった山中直樹。企業などの保養所を利用して、格安の宿を提供している。よけいなものを省き、「もっと気軽に旅行を!」といいうコンセプトでがんばっている。箱根や熱海の宿泊料金の相場は22,000円ぐらいだからけた違いの安さである。顧客の満足度も文句なし。やり方しだいで不況のなかでも繁盛する商売はあるものだ。

観光地が
元気になるには
安くて
感じのよい
宿があればいい

こんなにたくさん
食えないよ
旅館に泊まって
いつも
思っていた

| コメント (2)

2012.06.22

花菖蒲展

P1200185
ハナショウブ品種別展

たまりばーるからの帰りに緑化センターに寄ってみた。花菖蒲の品種別展示会が行われていた。それぞれ洒落た名前がついていたが、名前と微妙な花の特長を結びつけるのは難しい。霧雨が降っていたので、屋根のないところの菖蒲は濡れていた。雨が似合う花だが、さすがに花びらは重く垂れていた。

P1200187

P1200191
ナツツバキ

P1200205
ルリヤナギ

P1200210
スモークツリーと水滴

P1200200
まだやっているサツキ展

P1200197

サツキと
アジサイが
いっしょに
咲いているのに
ちょっと驚く

| コメント (4)

オーガニックカフェ「たまりばーる」

P1200181

1.ズッキーニのオーブン焼き
2.じゃがいもとインゲンの揚げ煮
3.キャベツの土佐酢和え
4.平飼い玉子の出し巻
5.手づくり豆腐
6.とら豆の甘煮
7.カリフラワーのカレー風味
8.人参のたまり漬け
9.豆腐とエノキのおすまし

http://tamaribaru.exblog.jp/

週替わりで
有機野菜の
お惣菜が
食べられる店は
そうはない

| コメント (4)

日本の政治

Jp

日本の政治には
不満もあるが
北朝鮮に
生まれなくて
よかったと思う

| コメント (6)

2012.06.21

夏草は

P1200038

夏草は
線路の熱も
やわらげて

| コメント (5)

2012.06.20

つよい風の中

つよい風の中
庭仕事3時間
薄曇りなのに
かなり日に焼けた
あすは夏至

| コメント (0)

青葉繁れる

Dsc_3459


木々は葉を落とし

青葉を繁らせる
エアコンみたい

| コメント (3)

2012.06.19

台風直撃

Typhoon
yahooより

台風4号が接近しているので、断続的に強い雨が降っている。どうやら日本列島を縦断する気配だ。4号が去ると5号がやってくる。温暖化と言われるようになってから、天候が極端になる傾向がある。寒さや暑さ、雨や風などの規模が大きくなっている。先日も茨城県のほうで観測史上最大級の竜巻があったばかりだ。雹も降った。こうなると、どうでもいいような穏やかな天気がありがたく見えてくる。

台風の
被害はこわいが
この夏の
水不足の心配がなくなる
悪いことばかりではない

| コメント (6)

2012.06.18

あじさい寺(妙楽寺)

Ajisai018

昼休みに長尾の妙楽寺に紫陽花を見に行った。たまたま駐車場にとめられたが、帰りには10台待ちぐらいになっていた。老人ホームや施設のバスも来ていた。人気のスポットである。お寺に登って道も両脇にアジサイが植えられており、地域があじさい寺に協力していることがわかる。

Ajisai001

Ajisai005

Ajisai009

Ajisai002

Ajisai004

Ajisai015

Ajisai010

Ajisai014

Ajisai019

Ajisai007 

これらはぜんぶコンパクトデジカメで撮ったものだが、光の方向や背景を工夫するとけっこういい写真が撮れるものだと感心した。台風4号が近づいているとかで、あしたからは雨模様らしい。紫陽花はきっと雨を喜ぶだろう。

赤でも
青でも
紫でも
こんなに種類があるとは
紫陽花を見ておどろく

| コメント (4)

2012.06.17

臨界幻想

102日曜の午後、京浜協同劇団の「臨界幻想」を見た。福島の第一原発で働いていた若者の死をきっかけに、原発の安全性に疑問が生じ、それを告発しようとしているうちに大事故が起こるという内容だ。30年前の作品だが、去年の311事件で脚光をあび、いくつかの劇団が演じている。

劇場のスペース京浜は、JR南武線の鹿島田駅からタクシーでワンメーター。観客定員は120人、満席。むかし渋谷にあったジャンジャンぐらいの広さだが、小劇場だけに臨場感がある。物語が現在に過去をフラッシュバックさせる手法をとっており、その入れ替わりもスムーズだった。

「ひでえんでねえのオッ!…人の子どもの命とってで…責任逃ればっか!…返して! あの子を…生きたまま、返してけさい!」。三十一年前に初演された劇「臨界幻想」の一幕。とある地方の原発で働く息子の死の真相を知った母親のせりふが、原発安全神話にあぐらをかいた社会をも糾弾しているようだ。(神奈川新聞)

101

休憩を挟んでの二幕もので2時間10分の上演だったが、あっという間に時間が過ぎた。それほど芝居にのめり込んでいったということだろう。311がなければ原発の仕組み話など眠気を誘われたに違いない。しかし去年の原発事故があるので、役者の一言一句が現実味を帯びて迫ってくる。全国の学校などでも公演してもらいたいが、やはり電力会社からはストップの圧力がかかるのだろう。これは札束と良心の戦いでだ。

政治家も
医者も
札束に
目がくらんで
魂を売ってしまった

| コメント (0)

2012.06.16

生田中学校・同窓会

新百合ヶ丘のホテル「モリノ」で、中学校の同窓会があった。4年ごと、オリンピックが開催される年にやっている。わたしは前回欠席したから8年ぶりだ。今回が初参加という人や中学はべつでも生田小学校を卒業した人も何人か招かれていて、50数年ぶりに対面する人もいた。だから小学校や中学校の頃の話に花が咲き、楽しいひとときを過ごすことができた。

Dousokai1
参加者60人、恩師の挨拶を聴く。

昔のまま年をとった人もいれば、名前を聞いても思い出せないほど変わってしまった人もいる。中学のときは私より背が低かったのに、今は私より大きいのがいる。高校になってから背が伸びたらしい。逆にむかし大柄だったのが、いまは小さく見える奴もいる。こっちが追い越したらしい。やはり女性のほうが名前と顔が一致しなかったようだ。

昔の話の他は、病気の話、親の介護に孫のこと、つれあいに先立たれた人もいれば、離婚したという話もある。羽振りのいいのもいれば、今でも苦労しているのもいる。それでも夢中になって遊んだ連中だ。驚き、感激の声があがる。

思いを寄せた
ことのある人と
五十年ぶりの再会
センスのよさを見て
ホッと一安心

| コメント (3)

梅雨空

梅雨空は
力持ちだなあ
バケツ一杯の
水だって
そうとう重いぞ

| コメント (2)

2012.06.15

LEDシーリングライト

Led
居間の照明、パナソニックECONAVI

夏の節電に協力しようと、居間の照明をLEDに換えた。いままで使っていたのは丸型蛍光灯を4つ組み合わせたシャンデリアタイプのものだったが、丸い大きな天井灯一つにした。あさひでんきさんのチラシを見て、天井灯の中ではいちばんいいのにした。工事費込みで76,000円ぐらいだったと思う。

新しいLEDライトは周囲の明るさを感知して自動的に節電モードに設定してくれるらしい。調光も調色もできる。調色とは昼光色から暖色まで色合いが変えられることだ。ぜんぶリモコンで操作する。いちばん気に入ったのは「くつろぎモード」のときに手元が明るくなることだ。部屋全体が薄暗くなり、手元だけ明るくなる。これならわざわざ手元灯をつけなくても本が読める。

メーカーはただ節電機器は売らない。あれこれ機能をつけ付加価値を上げて来る。不用な機能もあるが、便利なものもある。まあ、飾りばかりが豪勢なシャンデリアよりは実用的なのでよしとしよう。これでかなり節電できるらしい。徐々にほかの部屋もLEDに換えて行くつもりである。

篝火から白熱灯へ              かがりび
蛍光灯からLEDへと
照明機器が変わり
地球の夜は
ずいぶん明るくなった

| コメント (6)

2012.06.14

50度洗い(2)

今年は料理革命の年だろうか。数か月前は塩麹がブームになった。麹を買ってきて塩と水を加え10日ほど置くと万能調味料ができるということで、妻がやってみた。塩麹を加えるとどんな料理も奥行きが出るというか、深みがでるというか、とにかく美味しくなる。いま、うちではほとんどの料理に塩麹が使われている。

502

最近のブームは50度洗いである。野菜を50度のお湯で洗う。けっこう熱い。するとまず汚れがよく落ちる。ホウレンソウやキャベツの鮮度が戻る。ほんとうにシャキッとするのである。これは野菜が軽いやけど状態になり、葉の裏の気孔が開き、あわてて水分を吸収するのだそうだ。それでクタンとなりそうなのがシャキッとする。これをヒートショック現象という。実際にやってみると分かるが、これはちょっと革命だ。

501

野菜だけでなく、肉や魚もいいらしい。一度アサリを試したことがあるが、5分で砂出しができるし、身がぷりんぷりんになった。50度洗いは別府の人たちが昔からやっていたらしい。ただ地域の人だけにしか知らなかったようだ。プロの料理人たちも脱帽している。これからは調理に従事する人もみな塩麹や50度洗いを導入するようになるだろう。でなければ競争に勝てない。

塩麹は
味に深みを与え
50度洗いは
食材を新鮮にする
つぎは何?

| コメント (5)

2012.06.13

しんゆり五行歌会

五月の空に                           清水(一席)
龍が舞い屋根をとばし
地のそこはうごめく
この島国
もうアニメの世界だけでいい

梅雨入りで             岩重(一席)
湿り気おびた悩み事も
飛ばしてくれる
うちわの風の
一瞬のさわやかさ

キャベツの葉            中川(三席)
一枚一枚はぐように
すこしずつ
深い眠りの中へ
吸い込まれてゆく

電話の声の             染川(四席)
そっけなさは
娘の心づかいなのか
レースのカーテンに
木もれ日ゆれて

手に取って              ripple(四席)
ときめきを感じない衣類を
ごっそり処分する
部屋も心も
一辺に風通しがよくなった

| コメント (2)

2012.06.12

生きては帰れない

先日のよみうり五行歌欄の特選歌はいい歌だった。むずかしい言葉は一つもなく、簡潔に言い切ったところがいい。いままで言われていなかった、生きている現在のとんでもない貴重さを厳粛に言ってきかせている、と焔太先生も絶賛。こんな五行歌が書けたらいいな、とわたしも思う。

一度               横浜 紫かたばみ
生まれ落ちたら
生きては
帰れないのが
人生

| コメント (8)

グロリオサ

Dsc_3357_2緑化センターでグロリオサの苗を買って3本植えたが、それが咲き始めた。じつに鮮やかな赤だ。花は下を向き、花びらが波を打って反り返る。まったく華麗な花である。中国語では火炎草というそうだが、たしかに炎のようにも見える。ユリ科だそうだ。

真っ赤な
花びらが
めらめらと
燃え上がる
華麗なるグロリオサ

| コメント (3)

2012.06.11

花菖蒲

Shobu3
生田緑地の菖蒲園

昼休みに生田緑地へ花菖蒲を見に行った。いいぐあいに菖蒲が咲いている。月曜日は民家園、岡本太郎美術館、プラネタリウムなど、みんな休みだが、老人ホームの人たちがバスで来たりしていた。もちろん花菖蒲がお目当てだろう。

Shobu2

Shobu1

Shobu4

Dsc_3455
元気な小学生、運動会の代休だろうか?

りっぱな
菖蒲園を
作るには
それなりに
手がかかる

先日
大の男が七人
菖蒲田の
草取りに
精を出していた

| コメント (0)

2012.06.10

四十九日

P1190966日曜日、いい天気で暑い。4月に海で亡くなった義弟の法事があった。もう49日である。 身内だけ19人が参列して、しめやかに法事を営んだ。読経のあと墓地に行き、納骨を行った。つらい儀式だが、お骨がお墓に納まると大きな区切りがつく。儀式というのはそれなりにうまくできているなと思う。

そのあと新百合ヶ丘の「梅の花」で会食をした。6月限定の紫陽花御膳という会席料理がおいしかった。豆腐料理専門の店なので、いわゆる幕の内とは違って楽しめた。献立は、茶わん蒸しトマトあんかけ、豆腐しゅうまい、季節野菜の蒸篭蒸し、湯葉まんじゅう生醤油あん、豆腐サラダ、海老入りハモしんじょうのカツレツ、炊き込みご飯、麩饅頭など。

この中で蒸篭蒸しが読めなかった。ムシカゴムシってなんだろう、なんて話してたら、お姐さんが「せいろむしです」と説明してくれた。蒸篭はセイロだったのだ。若い人は物足りなさそうだったが、われわれはこういう料理が好きだ。健康志向だし、量も少なめなので残さず食べることができる。それでいて、最後には満腹感が味わえる。故人を偲びつつ美味しいものをご馳走になって、ありがたいことだ。

帰り道、黒い雲が出てきて、家につくころはポツポツ来た。きのう関東地方も梅雨入り宣言がなされた通り、湿っぽい季節に入った。

亡くなった人との
別れには一年かかる
一通りの行事に
その人がいないことを
受け入れるために

| コメント (2)

2012.06.09

シジュウカラの子


minatonohamatyan さん

見るもの触れるもの
すべてが新鮮で
嬉しくてたまらない
はしゃぎまわる
シジュウカラの子ら

親はツピーツピーと鳴くが、幼鳥はスシースシーと鳴く。
歯から空気が漏れるようで、かわいい鳴き声である。

| コメント (3)

ヨルダン戦、圧勝

Hondak
本田のハットトリックなど、6-0で圧勝した。

サッカー
ヨルダンも撃破
日本選手が
輝いている
なでしこに続け

| コメント (0)

2012.06.08

朝の儀式

日が長くなってきた。朝4時を過ぎると空が明るくなる。もう二週間で夏至だから、いわずもながである。4時半から1時間ほど坐禅をする。ヴィパッサナー瞑想だが、坐禅と同じと考えていい。胡坐をかいて目をつぶり、鼻の孔を通る空気に意識を集中させる。毎朝すわっているから鼻も敏感になっており、すぐ微細な感覚を感ずることができる。呼吸を弱めて、鼻孔の下の皮膚にかすかに空気が当たるのを観察する。

10分か20分、この呼吸に意識を集中させる瞑想をしてから、頭のてっぺんに意識をもってゆく。一か所一呼吸ぐらいのスピードで、ゆっくりと頭から顔、顔から腕、腕から胸腹部、それから背中と腰、さらには下肢の感覚を観察してゆく。上半身だけで終わってしまうときもあるが、調子がいいと一往復、二往復できる。1時間たつとピピピッとタイマーが鳴る。

おもむろに坐禅を解き、うつぶせになってお尻振り体操をする。さらにツイストや肩回しなどをやって、からだをほぐす。もう長いあいだ、この朝の儀式を続けている。瞑想をしたあとの気持ちがいいので、やめられない。心の汚れを落としているつもりである。

呼吸と
全身の感覚を
淡々と観察し
いまに居つづけると
なにかが変わる

| コメント (5)

2012.06.07

「五行歌」誌、6月号投稿歌

ダイビング好きが
小田原の海で
波に呑まれて死んだ
胸にドカンと穴が開いた
義弟五十六歳

元気で出かけ
午後には遺体
いのちの儚さは
わかるが
現実感がない

死んだその日に
お寺や葬儀屋に
連絡をしている
自分が
自分でない

葬儀費用
四百万円
突然死でこれだ
慣例を
打破しよう

その人だげが
死ぬのではなく
みんな死ぬ
ふつうのことを
大騒ぎするな

戒名料
なんて聞いたら
ブッダは
悲しむだろう
呆れるだろう

| コメント (4)

2012.06.06

衣類のこんまり

小雨が降っているので庭仕事ができない。映画でも見に行こうかな思ったが、部屋の片づけをすることにした。妻との合言葉は「こんまり」だ。断捨離といってもいいが、あまり哲学的なことを言われても分からない。近藤麻理恵さんのトキメキを感じるかどうかを基準にして捨てるものと残すものを決めるほうが手っ取り早い。

Konmari
こんまり(近藤麻理恵)さん

市の清掃局で資源ゴミを受け入れてくれるキャンペーンをやっているらしい。なんでも古着などを東南アジアに送る運動を行っているという。また、近所には廃品回収業者がいるから、廃棄処分していいものはそこに持っていけばいい。45リットルのゴミ袋をたくさん用意して片づけを始めた。

まずは衣類から。洋服ダンスや整理ダンス、収納ケースの中から、すべての衣類を出して、二階の洋間に広げた。広げたというより、いくつもの山に積み上げた。それから一つずつ手に触れて、捨てていいかどうか確かめていくのである。20年も30年も前のもので絶対に着ないものを廃棄用の袋に入れてゆく。まだ着られるが、あまりトキメキを感じないものは資源ゴミ用の袋に入れてゆく。サイズが合わなくなったものも資源ゴミの袋に入れる。

こつこつ作業を続けているうちに、衣類ではちきれそうになったゴミ袋がいくつもできた。コート、ダウン、セーター、トレーナー、ジャケット、ズボン、スカート、マフラー、ネクタイ、など。当然のことながら、妻のほうは私の倍ぐらい処分するものが出た。

民間業者に廃棄してもらうものと資源ゴミとして清掃局に引き取ってもらうもの、それぞれ45リットルのビニール袋に8個ずつ、計16個の袋になった。それを二度に分けて、業者と役所に運んだ。片づけたその日にゴミを処分できたのがありがたい。おかげで気分がすっきりした。だが、もう一度「こんまり」をすれば、まだまだ捨てるものが出て来るかもしれない。もったいないという理由だけで、捨てられなかったものもあるからだ。

こんどの休みには、本や書類、ビデオやオーディオカセットなどを「こんまり」しよう。部屋が片づくと心もすっきりするから不思議だ。

ためたら
片づかない
心の中まで
不用品が
忍び込む

| コメント (4)

2012.06.05

仕舞い込んだら最期

もったいない
と仕舞いこみ
使わなければ
それこそ
もったいない

いつか着るだろうと思って仕舞い込んだ服がある。
いつか読むだろうと思って眠らせている本がある。
そうやって10年も30年もそのままでいる。
ものは使わなければ無駄にしているのと大差ない。
そういうものはサヨナラしたほうが部屋が片づくし、
もやもやしたものがなくなれば、心もすっきりする。

「ものは感謝して捨てよう」と、こんまりさんは言う。

| コメント (6)

バナナの皮

あさ、治療室に来るとき、隣のビルの前の歩道にバナナの皮が落ちていた。少し緑色がかった皮だが、すでに誰かが踏んだらしく、すべったような跡がある。そこを通り過ぎたあと、ちょっと気になって、うちの郵便受けに入っていたチラシを取り、バナナの皮を拾うことにした。もし誰かがバナナの皮を踏んで転んだりしたら大変だ。頭でも打ったら大ごとである。べったり歩道にへばりついたバナナの皮をはぎ、まわりに落ちていた吸い殻やゴミも拾った。若いときは、そんな気にもならなかったろう。年をとると多少とも思慮深くなるものだ。

治療室の前の道路脇にゴミ置き場がある。収集日のあさ、そこを掃除しているおじさんがいる。ペットボトルをつぶしたり、缶やビンの分別をしたりしている。小柄で動きがいい。もう何年もやっている。あれこそ本当のボランティアだろう。治療室のゴミは事業所ゴミなので業者に収集を委託している。だから、うちではそこにゴミは出さないが、りっぱな人がいるものだと頭が下がる。

いつも黙々と
ごミ
置き場の
掃除をしている
おじさんがいる
りっぱな人だ

| コメント (4)

2012.06.04

オマーン戦、快勝

Hondaワールドカップ、アジア予選、オマーン戦は本田、前田、岡崎の得点で快勝した。日本は最後まで攻撃的であり、積極的にプレスをかけに行った。あた守備も鉄壁で、オマーンはパスの出しどころがなくて困っていた。久しぶりに安心して試合を見ることができた。

本田の本能的な勘ばたらき、香川のペナルティーエリア内での余裕、岡崎の捨て身のプレー、長友のチェック。いやあ、どれをとっても見応えじゅうぶんの試合だった。ぜひとも、この調子でヨルダンとも戦ってほしい。

| コメント (2)

緑化センター

P1190846
川崎市緑化センター(宿河原)

日曜日は一日雨という予報だったが、薄曇りで雨は降らなかった。ときどき日が差したりした。午後、「たまりばーる」で食事をしたあと、宿河原の緑化センターに行った。雨の予報だったせいか、訪問者は少ない。ちょうどピンクのサツキが満開だ。裏のほうではサツキ展が開かれていた。

P1190858
サツキ展

菖蒲展も行われていたが、どれもなんかぼやけていて中途半端な色合いだった。花菖蒲は色の濃いきりりと締まった色がいい。

P1190862
コバノズイナ

P1190859
ヤマボウシ、紅富士

P1190869
花ショウブ

P1190873
キンシバイ(金糸梅)

P1190874
ハコネウツギ(箱根空木)

P1190880
ドクダミとオキザリス

帰りがけにセンターの無人売店で、バジルとハツユキソウの苗を三鉢ずつ買った。初雪草はその名の通り白っぽい葉で、あにはからんや真夏に白い小花を咲かせる。花のない時期、お盆さまに飾ることができる。帰りは車の中がバジルの匂いであふれた。それから、エンジンの刈り払い機を使って草刈りをした。雨が降らないので埃が立つ。

恋愛に
年齢はない
なんて人は言うが
自然界には
ちゃんと旬がある

| コメント (6)

2012.06.03

「たまりばーる」の食事

P1190841
有機野菜のお惣菜、久地のカフェ「たまりばーる」

1.ズッキーニのトマト煮
2.おからのサラダ風
3.手づくり豆腐
4.ブロッコリーとキャベツのくるみ味噌添え
5.平飼い玉子の出し巻
6.大根と大葉のオリーブオイル和え
7.えんどう豆の青煮
8.にんじんのたまり漬け
9.若布と麩のおすまし

こんなお店が
あったらいいな
そんなお店が
久地にある
カフェ「たまりばーる」

http://tamaribaru.exblog.jp/

| コメント (2)

ブラインドタッチ

パソコンを使う上で、もっとも基本的なことは文字の入力である。ゲームだけやりたいとか、ネットサーフィンしかやらないという人も、パソコンの最初の設定から会員登録など、どこかでタイピングが必要になる。メールを利用したい場合は、大半が文字の入力なる。入力がスムーズにできれば、ブログに文章を書いたり、ネットで買い物をすることなどもらくになる。

わたしは学生時代に英文タイプをやっていたので、いちおうブラインドタッチでキーボードを叩いている。しかし器用貧乏なところがあって、自己流で学んだのでけっこうタイピングミスが多い。いまyoutubeで見たら、タイピングのベテランはなんと一秒間に20文字を打つ;ことができるそうだ。わたしは速い時と遅い時がちぐはぐで、おまけにミスも多いから、何度も見直さなければならない。けっきょく平均速度は一秒間に2、3文字ぐらいになってしまう。

いまインターネット上のタイピングソフトを使って試し打ちをしてみたが、やはり「速く打とうとするよりも正確に打つように」などというコメントが出る。すこしまたブラインドタッチの練習をして精度を上げたい。つぎの二つのサイトのソフトがおもしろい。

イータイピング

flash タイピング「寿司打」

不器用な人が
基礎から学んだら
やがては
器用な人を
追い越してゆく

| コメント (0)

2012.06.02

パーマネントウェーブ(薔薇)

Perm
パーマネントウエーブ(大船フラワーセンター)

カールした
花びらが
おしゃれな
薔薇
パーマネントウェーブ

| コメント (2)

2012.06.01

六月の花嫁

日本人は
融通無碍な
民族だな
ジューンブライド
ま、いいか

今日から6月。
花嫁さんの幸せを祈ろう。

| コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »