« みどりの鎌倉 | トップページ | 多摩丘陵のフクロウ »

2012.05.06

5月号「五行歌誌」投稿歌

私といっしょに
生きてきた手
愛おしくなって
その甲に浮き出た
静脈を撫でる

鏡をのぞくと
年をとった
自分の顔が見える
母に似てきた
父に似てきた

発明王
エジソンは
不登校児だった
そう聞いて
なんだか嬉しい

画家は
対象を
昇華させ
美の極致に
あそぶ

南天の葉に
雨の雫が
きりりと
まるまって
神々しい

わからない歌を
わかろうとしたが
最近は
書き手の問題だろうと
そっとしている

« みどりの鎌倉 | トップページ | 多摩丘陵のフクロウ »

コメント

いい五行歌ばかりで
そうそうとうなずいてしまいます!!
最後のなんか「私の事だぁー」なんて(笑)
恥ずかしながら
また、1つ作ってみましたm(_ _)m

投稿: エリザベス | 2012.05.06 19:58

★エリザベスさん、
七五調にしないと自由に書けるでしょう。
季語もいりません。でも歌ですから、
簡潔さがたいせつになりますね。
はぶく、焦点をしぼる、それがコツといえばコツ。
こつこつやりましょう。(^-^)

投稿: ripple | 2012.05.07 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みどりの鎌倉 | トップページ | 多摩丘陵のフクロウ »