« 血管を若返らせる | トップページ | 胴吹き »

2012.05.16

見られる側

おじいさんや
おばあさんを
遠くから見ていたが
いつのまにか
見られる側になった

« 血管を若返らせる | トップページ | 胴吹き »

コメント

わかる、わかる
僕も実感します
若い頃、自分が年寄りになるなんて
思いもしなかったものね

朝、顔を洗うとき
鏡に映る自分を見て
親父そっくりだな・・・と、歳をとったと思いますね

投稿: ブル | 2012.05.16 08:12

ほんとですよね!!
それに、高齢化の現状があっちこっちで見受けられ・・・ヘ
何処に出かけても
爺ちゃん、婆ちゃんが多くて(自分もその1人)ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

気分は40代なのに(´;ω;`)クウウ

投稿: | 2012.05.16 08:50

また、やってしまいましたm(_ _)m

投稿: エリザベス | 2012.05.16 08:51

時々、老眼鏡をかけたまま
鏡をみてどっきりすることがあります~

年相応だな!
・・・と納得します。

投稿: namiko | 2012.05.16 16:16

★ブルさん、
ほんと、年をとるほど親に似てきますね。
咳払いとか、歩き方とか、ドキッとします。
あの年寄りが、こんどは自分です。

★エリザベスさん、
そう、気持ちは若いつもりなのに、
年齢からいけば、やっぱりおじいさんの
仲間でしょう。若い子から見たら。
人生は長いようで短いですね。

★namikoさん、
新聞を読むときに老眼鏡をかけ、呼ばれたとき、
上目づかいで返事をする。その時のしぐさが
いかにもろうじんですわ。仕方ないですねえ。

投稿: ripple | 2012.05.17 09:05

年寄になって
初めて分かることを
子に分かってもらうのは
無理だ
言わなきゃなお分からない

投稿: kei | 2012.05.18 10:56

★keiさん、

人生は
どれだけ
ありがとうを
言えたかで
決まる

ように思います。

投稿: ripple | 2012.05.18 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血管を若返らせる | トップページ | 胴吹き »