« 野川、春うらら | トップページ | しんゆり五行歌会(4月18日) »

2012.04.19

カワセミの給餌

Dsc_3202野川のカワセミは繁殖期に入っている。巣穴も掘ったようで、オスが川に飛び込んで小魚を捕らえ、しきりにメスに給餌をしている。とは言っても、写真に撮るのはむずかしい。左の写真は、オスのカワセミがホバリングをして獲物に狙いを定めているところだが、背景がちょっとごちゃごちゃしているので見にくい。

カワセミはハチドリように高速で翼を動かし、空中で止まったような状態になることができる。これをホバリングというのだが、頭の位置が動かないので真上から小魚を見つけてダイビングできる。何度かホバリングをしてくれたが、背景に木が入ったり、住宅の窓などが入ってしまい、どうもうまいこと撮れなかった。それと、ホバリングは高速の羽ばたきが命だから、やはり動画に収めた方がいいのかもしれない。

魚を捕るところとメスに給餌するところは離れているので、カメラマンは急いで移動しなければならない。でっかいレンズをつけて、重い三脚をかついで走っている人が言った。「おかげで足が丈夫になるよ」。わたしは三脚を持たないで手持ちだけで撮影しているが、それでもチャンスをとらえるのは楽ではない。

Dsc_2926
こちらもホバリングだが、やはり背景がわるい。

Dsc_3007
小魚をゲットしたオス

Dsc_3009
メスに近づき、小魚をプレゼントするところ

Dsc_3021
そこは、ほれ、ホバリングの技術がものをいう

Dsc_3023
バランス感覚がいい

Dsc_3033
給餌の瞬間

Dsc_3035
オスはちょっと得意げ

Dsc_3039
給餌したらすぐ飛び立つ

Dsc_3048
すこし休んで、また獲物を探しに行く

« 野川、春うらら | トップページ | しんゆり五行歌会(4月18日) »

コメント

 もう 巣作りしているんですね 愛鳥週間のころかなと思っていたら 鳥によって 時期はずれるんですね
 それにしても ここは都会の中のような
しかも つい少し前に大水が出たところのような
子育てが済むまで 出水が無ければいいなと 思ってしまいます

投稿: ろばた | 2012.04.20 08:43

★ろばたさん、
コメントありがとうございます。
天災もさることながら、カラス、アオダイショウ
などに卵を狙われるので、子育ては命がけです。
それでもなお、たくましく生きています。(^-^)

投稿: ripple | 2012.04.20 09:05

rippleさん

いい写真ですね。

投稿: kei | 2012.04.20 09:52

カワセミの雄は楽だ
魚一匹で婚活できる
カワセミの雌はやさしい
ダイヤだ、車だ、家だと
要求しない
魚取り能力さえ良ければ
一生食わせてもらえるからね

投稿: マッコウオヤジ | 2012.04.20 12:42

★keiさん、
いい写真でしょう。
ちょっと暗く遠くで、しかもカワセミが動いているので
ボケていますが臨場感はあるでしょう。何度かオスが
メスに給餌をしていました。オスはたいへんです。

★マッコウオヤジさん、
なるほど、そうも言えますね。
巣穴掘りなんかも協力してやっています。
ただ、真冬でも川に飛び込んで魚を獲らなきゃならない
ところは、ちょっと辛いんじゃないかなあ。

投稿: ripple | 2012.04.20 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野川、春うらら | トップページ | しんゆり五行歌会(4月18日) »