« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.30

藤の香り

P1190136
上品な香りを漂わせる藤の花

匂いって
不思議だな
いろんな
思い出が
乗っている

| コメント (7)

2012.04.29

ハナミズキ

P1190038

ハナミズキが
咲いている
あれは花びらでなく
額らしいが
花にしておこう

| コメント (4)

2012.04.28

命はかなく

元気で出かけ
午後には遺体
いのちの儚さは
知っているが
納得ができない

死んだその日に
お寺や葬儀屋に
連絡をする
悲しみに
追い討ちをかけるように

| コメント (3)

2012.04.27

雨に咲く牡丹

P1190119
ボタンの花が咲く(寿福寺)

そぼ降る
雨のなか
牡丹が咲いた
葉もまだ
ういういしい

| コメント (0)

緑のトンネル

P1190115

桜のトンネルが
緑のトンネルに
変わった
真っ暗なトンネル
でないのがいい

| コメント (2)

2012.04.26

うつろい

P1190077
花屋さんにはいろんな野菜の苗がならんでいる

人が
涙を流しても
腹を立てても
季節は
淡々と移ろいゆく

| コメント (2)

2012.04.25

ウソだろう!

ダイビング好きが
小田原の海で
波に呑まれて死んだ
胸にドカンと穴が開いた
義弟56歳

| コメント (2)

2012.04.24

生田緑地の新緑

P1190035

写真には確認しにくいが、ダイエーのビルの三階の軒先のようなところにツバメが入って行く。その数10羽を越す。どこに作ろうかと様子を見ているのだろうか。

P1190036

民家園通りの街路樹はだいぶ繁ってきた。新緑の季節だ。

P1190074

生田緑地の駐車場脇にはビジターセンターができた。4月8日だった。
あんまりきれいなので驚いた。野鳥保護にもお金を使ってほしい。

P1190070

菖蒲園では植木屋さんが草取りをしていた。手でていねいに取っている。まわりは、もうすっかり緑である。ずっと寒かったせいか、がまんしていた葉芽が爆発するように開いたみたいだ。

P1190043 

宙(そら)と緑の科学館も4月28日にオープンする。今日はその内覧会をやっていた。関係者やお偉方が招かれて、これからプラネタリウムの投影が行われるらしい。

P1190050 

ぼたん桜が咲いていた。牡丹というよりは綿みたいだ。

P1190055

日本民家園の入口から山の方を写す。ういういしい緑である。
これからは野鳥が見つけにくくなる。

P1190069

| コメント (7)

満天星

Doudan
満天星(ドウダンツツジ)

アセビじゃなくて
つつじ?
冗談だろう
いいえ
ドウダンです

| コメント (6)

2012.04.23

すこしだけ横浜大道芸

日曜の午後、横浜みなとみらい大道芸大会を見に行った。むかしは野毛通りだけだったが、いまはそれが拡大して、みなとみらい地区や桜木町、伊勢崎町などでもやっている。時間があまりないし、会場があちこち分散しているので、メインは三つだけ。天気がくずれるという予報だったので人出はやや少なく感じた。さすがに最後は雨が降り出したが、じゅうぶん楽しめた。

P1180757
チャンバラコミック「花と竜」

P1180775
観客参加も大道芸の面白いところ

みなとみらい地区は施設が充実してきた。遊園地、赤レンガ倉庫街、ランドマークタワー、横浜美術館、それに中華街や山下公園まで含めれば一日中遊べる。もちろん、いろんなイベントも開かれている。

P1180790

P1180789
帆船「日本丸」

日本丸メモリアルパークでは、ベリーダンス・ショーが始まるところだった。観客席は階段を利用していたが、一番前はオヤジさんがばっちりと陣取っていた。みんな一眼レフを持っていて、ショーが始まると撮影に忙しい。おへそを出した女性が腰を振ったり、胸を揺するのだからたまらない。妖しいジプシーの音楽が流したりして、踊り手も挑発的である。

P1180810

P1180881

P1180917

桜木町のクロスゲート前では、和太鼓の演奏が行われていた。見ているわれわれは寒かったが、太鼓を叩く連中は熱気ムンムンである。太鼓は理屈抜きに血が騒ぐ。

P1180961

お目当てはこちら、サンキュウ手塚のコメディー。主にパントマイムを使って、いくつかのストーリーを展開してゆく。最初は新ネタで女子サッカーの「なでしこ 」。動物チームと試合をする。観客にヘディングをさせたり、手を使った人にはレッドカードが出るなど、芸が細かい。妖艶なエマニエル婦人からホイットニー・ヒューストンに変身し、そこで梅干しを食べるところが最大の見せ場。ちょうど陽気なアメリカ人が参加してくれたので、盛り上がった。最後に「人の一生」を孫の代まで演じて見せたが、これはちょっと泣ける。いつもながら、サンキュー手塚はうまい。投げ銭を奮発した。

P1180974
川澄選手がドリブルでゴールをねらう

P1190005
追悼、ホイットニー・ヒューストン。梅干しはこっちも酸っぱくなる

P1190028
手と手をつなぐ、震災後のキズナを演じてくれた

| コメント (0)

2012.04.22

握れない手の治療

右手が握れないという男性が治療にみえた。指に力が入らなくてタオルも握れない。とくに人差し指、中指、薬指の力が入らない。握ろうとすると半分ぐらいまで曲がるが、それ以上は曲がらない。整形外科に2か月ほど通っているが、ぜんぜんよくならないという。

築地で20年ほど働いていたそうで、冷凍マグロなど、重いものの積み下ろしをする仕事をやっていた。去年、定年退職したが、それからだんだん右手がおかしくなったという。たぶん仕事の後遺症だろう。握力を検査すると右手は20㎏、左手は35㎏。ふつうの男性なら40㎏ぐらいはあっていい。左手も若干弱い。それはそうだ。ものを持つには両手を使うから左手にも負担がかかる。

右手を無理に曲げると痛む。逆に指を反らせてみると、こちらも硬くてほとんど反らない。指の関節がみんな硬くなっており、曲げる方も反る方もあまり行かない。それでも反るほうは痛みがないので、そちらに反らせて90秒固定する。それからゆっくりゆっくり元に戻してみる。カウンターストレインの治療である。すると、少し握れるようになった。

次に、うつぶせになってもらい、上部胸椎を検査みる。すると胸椎1番から3番ぐらいまでが前屈かつ硬縮している。これでは交感神経が異常興奮し、腕の血流が悪くなっているはずだ。そこで脊椎の両側に針を打つ。5分ほどしてから「右手を握ってみてください」というと、「あっ、なおった。握れます!」と患者は叫んだ。みると右手は指先までしっかり曲がるようになった。

二か月も治らなかったのに、ほら曲がるようになりました」。患者は興奮しているが、こっちも驚いた。針は痛みに効く、時にはこのように瞬時に痛みをとることができるのである。けっきょく、この患者さんは3回の治療で終了。「手が握れるようになってよかった、もっと早く来ればよかった」、そんな患者さんの喜びの言葉が、われわれ治療家の報酬である。

針は効く
どれだけ効くかは
やってみると分かる
ぜひ一度
ためしてみよう

| コメント (8)

2012.04.21

ドウダンツツジ

Doudan
ドウダンツツジ(満天星 or 灯台躑躅)

真っ白な筒花の
ドウダンツツジが
目に浸みる
真っ赤に紅葉するなんて
信じられない

| コメント (4)

有機野菜のお惣菜

Osouzai

1.タカキビと根菜のハンバーグ
2.板麩と若布の煮びたし
3.新玉ねぎとほうれん草の土佐酢和え
4.長人参の塩蒸し
5.じゃが芋(キタアカネ)の揚げ煮
6.平飼い玉子の出し巻
7.手づくり豆腐
8.キャベツのサラダ漬け
9.ほうれん草とえのき茸のおすまし

久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」で昼食を食べた。いつもながら手の込んだ料理に舌鼓を打った。ハンバーグひとつとっても、豆腐のそぼろを作ったり、シイタケ、人参、タカキビなど下ごしらえなど大変だ。それぞれ旬のものをあしらえて、これだけの料理が食べられるのだから、ありがたい。

| コメント (0)

今日の「アド街」は向ヶ丘遊園

今夜(21日、土曜日)のアド街は向丘遊園とか。
テレビ東京、夜9:00。お見逃しなく。(^-^)

| コメント (2)

2012.04.20

塩麹ブーム

塩麹が流行っているらしい。たしかに、ただの塩よりも味に深みが出るような感じがする。最近、女房どのは野菜にも魚にも肉にも、この万能調味料を使っている。

塩麹ブームで
なんにでも
これが入っている
うまいけれど
発酵しちゃいそう

| コメント (7)

しんゆり五行歌会(4月18日)

いい匂いのする家へ      片野(一席)
吸い込まれそうになる
と言う息子 おっと
息子を取られまいと
包丁を握る

たんぽぽの             中川(二席)
綿毛がふわふわ
飛んでゆくように
私もどこかへとんで
ゆきたい気分になった

あひるの口のような       橋詰(二席)
マスクをつけて
大きなメガネで
怪人男女が
街を闊歩する春

おばあちゃんの味        岩重(四席)
もう少し甘かったよ
私の母の料理を
覚えていてくれた
主人の言葉に張り切る

桜の木の              ripple
下に入って
風を待つ
花吹雪を
浴びたくて

| コメント (4)

2012.04.19

カワセミの給餌

Dsc_3202野川のカワセミは繁殖期に入っている。巣穴も掘ったようで、オスが川に飛び込んで小魚を捕らえ、しきりにメスに給餌をしている。とは言っても、写真に撮るのはむずかしい。左の写真は、オスのカワセミがホバリングをして獲物に狙いを定めているところだが、背景がちょっとごちゃごちゃしているので見にくい。

カワセミはハチドリように高速で翼を動かし、空中で止まったような状態になることができる。これをホバリングというのだが、頭の位置が動かないので真上から小魚を見つけてダイビングできる。何度かホバリングをしてくれたが、背景に木が入ったり、住宅の窓などが入ってしまい、どうもうまいこと撮れなかった。それと、ホバリングは高速の羽ばたきが命だから、やはり動画に収めた方がいいのかもしれない。

魚を捕るところとメスに給餌するところは離れているので、カメラマンは急いで移動しなければならない。でっかいレンズをつけて、重い三脚をかついで走っている人が言った。「おかげで足が丈夫になるよ」。わたしは三脚を持たないで手持ちだけで撮影しているが、それでもチャンスをとらえるのは楽ではない。

Dsc_2926
こちらもホバリングだが、やはり背景がわるい。

Dsc_3007
小魚をゲットしたオス

Dsc_3009
メスに近づき、小魚をプレゼントするところ

Dsc_3021
そこは、ほれ、ホバリングの技術がものをいう

Dsc_3023
バランス感覚がいい

Dsc_3033
給餌の瞬間

Dsc_3035
オスはちょっと得意げ

Dsc_3039
給餌したらすぐ飛び立つ

Dsc_3048
すこし休んで、また獲物を探しに行く

| コメント (5)

2012.04.18

野川、春うらら

水曜日の午前中、野川に行った。ソメイヨシノは葉桜になってしまったが、枝垂れ桜や八重桜が咲いている。川岸のアシが芽吹き、菜の花やハナダイコンが咲いている。草の緑も増えている。おだやかな日で、小学生が野外観察に来ていた。

Dsc_3283
水ぬるむ野川

P1180618
花吹雪の名残り

P1180655
川岸の緑萌える

Dsc_3186
八重桜はこれから見頃

Dsc_3169
咲き残るソメイヨシノ

Dsc_3170
オオシマザクラも葉桜に

Dsc_3175
ツグミ二羽、そろそろ北へ帰るころだろう

Dsc_3189
飛ぶカワセミ

Dsc_3223
舞うツバメ

Dsc_3276
食むコガモ

Dsc_3059
獲るコサギ

Dsc_3130
休むエナガ

Dsc_3159
浴びるムクドリ

Dsc_3184
野川、春うらら

| コメント (4)

花吹雪

P1180595
登戸新町の三角公園 2012.4.17

そよと
風が吹く
はらはらと
名残りの
花が舞う

| コメント (4)

2012.04.17

木々の芽吹き

P1180539
生田緑地

P1180541
生田緑地 2012.4.16

桜が散るのを
待ちかねて
木々が芽吹き
多摩丘陵が
淡く
色づく

| コメント (0)

梨の花も満開

P1180533

いま
梨の花が満開
蜂が少ないので
人間が
花粉をつける

| コメント (6)

2012.04.16

水芭蕉@箱根湿性花園

P1180486
ミズバショウ

箱根の湿性花園でミズバショウが見頃だというので、日曜の午後、行ってきた。ミズバショウといえば、5月ごろの花とばかり思っていたが、箱根の湿性花園では3月の終わりから4月頃咲くように育てているという。ことしは寒かったので、だいぶ遅れて今が見ごろというわけだ。ミズバショウは何度か見ているが、これだけの群生を見るのは初めてだ。葉っぱもまだ若いので菜っ葉のように見える。

P1180495

Dsc_2712

箱根湿性花園は海抜650mほどだが、まだ桜も早咲きのものしか咲いていない。やっと辛夷(こぶし)が咲き始めたばかりである。ミズバショウの他には、カタクリ、オキナグサ、シラネアオイ、エンレイソウ、ニリンソウ、ザゼンソウ、ユキワリソウ、桜各種など。秋にお世話になったガイドさんがおられて、1時間半あまり、いろいろ詳しい説明をしていただいた。ガイドさんがいなければ見過ごしてしまうような花も多い。

Dsc_2644
カタクリの群生

Dsc_2643_2

Dsc_2660
オキナグサ

Dsc_2701
シラネアオイ

Dsc_2627
マメザクラ

Dsc_2843
シデコブシ

Dsc_2723
オオバナノエンレイソウ

Dsc_2780
イワウチワ

Dsc_2795
野生のキジ、手前がオス、向こうがメス。まだ木の芽が吹いていない。

Dsc_2868
帰りがけに見かけたキジ♂。大きな声で鳴く。

Dsc_2809
ニリンソウ(二輪草)

桜は宮城野が満開だった。桜開花の標高前線というのがあって、100m上るごとに2日ほど開花が遅れるらしい。宮城野バス停は標高450m。小田原では先週の日曜日に満開だった。宮城野の満開は一週間あまり後だから、だいたい計算が合う。仙石原はその4、5日あとになりそうだ。

P1180510
宮城野では桜が満開で、お祭りが行われていた。

帰りは道路が混んでいたので、宮の下からは登山電車で下山し、5:48発の50000型ロマンスカーに乗った。日曜の午後なのに思い切って行ってみたが、じゅうぶん楽しむことができた。

| コメント (4)

2012.04.15

ハナニラ

P1180443
ハナニラ

いつのまにか庭にハナニラがたくさん咲くようになった。草刈りをしているのに、毎年ふえていく。ハナニラはユリ科だが、葉をちぎるとニラの匂いがするのでこの名がある。別名をベツレヘムの星というそうだが、そういえば六角形の花がユダヤの星を連想させる。

種を蒔いた
覚えもないのに
群生するハナニラ
外来種は
強いね

| コメント (6)

2012.04.14

あと何回

Miki

あと何回
お花見ができるだろう
いつの間にか
そんなことを考える
年になった

| コメント (5)

ヒメオドリコソウ

P1180438
姫踊り子草の群生

姫踊り子草
小柄な異星人が
地上に降りて
なんだかんだ
喋ってるみたい

| コメント (7)

2012.04.13

ミサイル打ち上げ失敗

北朝鮮
ミサイル打ち上げ失敗
きょうが
13日の金曜日だって
知らなかったのだろうか

| コメント (5)

枡形山は花吹雪

P1180467

きのうの昼休み、枡形山に登ってきた。頂上は花吹雪の真っ最中で、地面が白い。最後のお花見を楽しむ人でにぎわっていた。さくらの散り際の潔さといったらない。

いつ咲くか
いつ咲くか
気を揉ませ
咲いたとたんに
散ってゆく

パッと咲いて
パッと散る桜
その圧倒的な
潔さに
立ち尽くす

P1180460 

Dsc_2611

| コメント (2)

2012.04.12

花びらの道

P1180439

花びらを
散り敷いた
道をゆくと
それだけで
嬉しくなる

| コメント (6)

桜の競演

P1180446
寿福寺の桜、4.11

Hanatera

ソメイヨシノと
枝垂れ桜
たがいに
相手を
引き立てている

| コメント (0)

2012.04.11

調布・野川の桜ライトアップ

Lightup01

火曜日、午後8時すぎに、深大寺経由で野川の桜のライトアップを見に行った。たった一夜のサービスだけに、すごい見物客だ。両岸を上下の一方通行にし、「危険ですから、立ち止まらないでください」と警察官が誘導する。暗闇につよい照明で浮かび上がった桜は、もうこの世のものとは思えない美しさだった。 一瞬、雪が降り積もっているような錯覚を受ける。一眼レフなので広角はきかないが、さすがに花をしっかりとらえることができた。はかない桜の花のいのちをしっかりと共感した。

Lightup02

漆黒の闇に
光の粒が浮かぶ
野川の川辺
自然と人工の
光のコラボ

| コメント (4)

2012.04.10

ダルビッシュ

Dar

ダル
イチローに
打たれるが
早くも
一勝

あれだけ騒がれれば、プレッシャーは相当なものだろう。
だいぶ失点したが、勝利投手になるところなんか運がつよい。
やはり、スター性がある。なにか「持っている」。

| コメント (3)

うぐいすの声

うぐいすが
ひがな
さえずりの稽古
桜が
笑っている

| コメント (4)

2012.04.09

調布の桜ライトアップは10日(火)

調布野川の桜ライトアップは4月10日(火)です。

詳細はこちら→ http://www.arc-system.co.jp/info_nogawalightup2012.html

Lightup2

ソメイヨシノはほとんど白くなってしまうけれど、水に映る姿などは溜め息がでるほど美しく幻想的で、一見の価値がある。

| コメント (4)

お花見:小田原城

C04
小田原城天守閣

日曜日の午後、小田原にお花見に行った。お城の桜は満開で人が多かったが空間も多いので鎌倉のように人間が渋滞することはなかった。「花は桜木、人は武士」ではないが、桜にお城はよく似合う。あちこちで花見の宴が開かれていたが、平和のありがたさをしみじみ思った。

C02

C03
絶好のお花見日和

C06

C05

C08

城内では骨董市が開かれていた。また、「おでん大会」と称して全国のおでんが紹介され、そのコンテストが開かれていた。時折り、風が吹くと埃りが舞っていたが、そこはお祭り、みな気にしていないようだった。お堀にはボートが浮かび、水面から桜見物を楽しむ人たちが見られた。

C09
お堀にはボートが浮かぶ

C10

お城からは海のほうに行ってみた。「なりわい会館」なる無料休憩所でお茶をご馳走になり、ちょうどそこで開催されていた能面展を見た。小面(こおもて)や般若などの製作過程も紹介されていた。かまぼこ屋やひもの屋をのぞいてから、海へ出た。西湘バイパスが通ったおかげで、海岸線はすたれてしまったようだ。相模湾は少し波立っていたが、靄がかかっていて、完全に春の海だった。

C11
小田原の海、遠くに連なる山々は伊豆半島

C12
こちらは相模灘、江の島方面

午後から出かけた割には、いろんなところに行くことができた。1万歩ぐらいは歩いたのではないだろうか。往きは新百合ヶ丘停車、帰りは町田停車のロマンスカーだったのもよかった。夕方はどんどん冷えて、まるで冬の陽気だった。

観光地は
おもしろい
時期や行事を
ねらうと
倍たのしい

| コメント (2)

2012.04.08

花冷え

Hana1

いつ咲くか
と思ったら
いつ散るか
気になる
さくら花

Hana2

春の
一瞬を
独占する
さくらの
わざ

Hana3

これでもか
これでもか
と咲く桜
他のことが
頭から飛ぶ

Hana4

寒いので
つぼみもある
ほら
がんばれ
がんばれ

Hana5

上から
襲いかかるように
枝垂れる桜
寒いのに
よく咲いたねえ

| コメント (3)

2012.04.07

最後まで中継してくれよ

Yamanakaきのうは日本テレビでボクシングのダブル世界タイトルマッチを見た。WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介が元統一世界スーパーフライ級王者のビック・ダルチニャン(オーストラリア)に判定勝ちし、初防衛に成功。WBC世界Sフェザー級タイトルマッチのほうは、王者の粟生(あおう)隆寛が同級1位のターサク・ゴーキャットジム(タイ)を退け、3度目の防衛に成功した。

山中(写真)は突進してくる相手をかわし、要所に左を決めた。右ジャブが有効で、相手がパンチを打てずイライラしているのが伝わってきた。粟生もすばやいジャブを出し、相手のパンチにカウンターを合わせてポイントを重ねた。もう少しでKOを取れるところだった。長谷川穂積も勝利した。

粟生・ターサク戦は11ラウンドまでテレビで生中継していたが、とつぜん中継が途絶え、アニメ映画『紅の豚』が始まった。なんてこった、一番いいところで試合が見れなくなってしまった。結果はけさの朝刊で知ることになった。スカパーに入っていないと、こういうことが起こる。仕方がないか。ま、先日の亀田興毅のようなあいまいな試合でなくてよかった。

| コメント (0)

ムスカリ

P1180322

長念寺の塀沿いに
ムスカリの花を見つけた
自分がこんなところで咲くとは
夢にも
思わなかっただろう

| コメント (0)

2012.04.06

多摩川桜のコンサート

せせらぎ館のホームページに行ったら、こんなイベントが載っていた。

第8回多摩川桜のコンサート
日時:2012年4月7日(土)13:30~16:00
場所:二ヶ領せせらぎ館前広場

http://www.seseragikan.com/ivento/12-04/sakuranoconcert.html

| コメント (6)

2012.04.05

宿河原は8分咲き

P1180312

8分咲きということは、ほぼ満開ということ。今週末は絶好のお花見日和となる、かな。このところの天候異変でなにが起こるか分からないけれど。 とにかく、桜が咲いてめでたいことだ。

P1180315

P1180316

P1180318

ともかくも
桜が咲いて
うれしいな
春の風を
肌に受けよう

| コメント (5)

「五行歌誌」4月号投稿歌

五行歌で
日記を書く
俳句や短歌より
すなおに
書けるから

頭が
なにを考えようと
からだは
必死で
生きようとしている

天敵が
大きいとはかぎらない
人間の天敵は
目に見えない
細菌やウイルスだ

いやな奴だな
そう思ったら
十中八九
向こうも
そう思っている

ひとを
批判するとき
その対象に
自分も
入っている

五本指の靴下が
気に入っている
足の指が
一本一本
大事にされるから

| コメント (2)

2012.04.04

上野ZOO

P1180206
不忍の池の向こうにスカイツリーが見える

台風一過のような水曜日、上野動物園に行った。小田急多摩急行が来たので、そのまま千代田線に入り、根津まで行った。根津からだと、動物園の池之端入口に入れる。 春休みなので子供たちが多かった。不忍池はボートがいっぱいだ。桜は3分咲きぐらいだろうか。すでに満開の桜もある。

P1180211

P1180219

P1180142
キリンは舌が長い 、黒くて不気味だ

P1180138

P1180161
ミーキャット、見張り役のしぐさが面白い。

P1180189
ミニ哺乳類のショウガラゴ、これはもう「ヨーダ」である。

P1180222
こんな色だったかフラミンゴ

P1180226
不忍池で遊ぶワオキツネザル

P1180245
象の食餌

P1180296
上野公園はお花見客でいっぱい

ジャイアントパンダの見学は長い列ができていたが、パンダは外で歩き回ったり、竹を食べたりしていて、並ばなくても遠くから見ることができた。愛嬌のあるやつだ。上野公園はお花見の場所取りと、留守番、花見客でごったがえしていた。すでに宴会をやっているグループもたくさんあった。ここは他よりちょっと桜が早く咲いているようだ。 

| コメント (2)

2012.04.03

春の嵐

春の嵐が
やって来る
台風なみの
風が
吹き荒れるらしい

冷えて
吹いて
降って
咲くに咲けない
さくら花

| コメント (8)

2012.04.02

田んぼがなくなる

田んぼが
なくなるのが
寂しいが
わたしも
農家を継いでない

| コメント (8)

すみれ

P1180127
タチツボスミレ

枡形神社にお参りした。鳥居の両脇にムラサキハナナが咲き、石の階段のところにはスミレが咲いていた。いわゆるタチツボスミレだろう。ここは紫の花が多い。

P1180124
ムラサキハナナ

長かった
冬が去り
少し遅れて
春が来た
ほら、ほら

| コメント (2)

2012.04.01

彼岸桜

P1180120
生田浄水場の彼岸桜

彼岸桜が
やっと咲いた
さあいよいよ
ソメイヨシノの
出番だな

| コメント (5)

ラッパスイセン

P1180115

ラッパ水仙は
おしゃべりが好き
あっちこっちで
ああだのこうだのと
かしましい

| コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »