« カワセミの給餌 | トップページ | 塩麹ブーム »

2012.04.20

しんゆり五行歌会(4月18日)

いい匂いのする家へ      片野(一席)
吸い込まれそうになる
と言う息子 おっと
息子を取られまいと
包丁を握る

たんぽぽの             中川(二席)
綿毛がふわふわ
飛んでゆくように
私もどこかへとんで
ゆきたい気分になった

あひるの口のような       橋詰(二席)
マスクをつけて
大きなメガネで
怪人男女が
街を闊歩する春

おばあちゃんの味        岩重(四席)
もう少し甘かったよ
私の母の料理を
覚えていてくれた
主人の言葉に張り切る

桜の木の              ripple
下に入って
風を待つ
花吹雪を
浴びたくて

« カワセミの給餌 | トップページ | 塩麹ブーム »

コメント

rippleさん

rippleさんの歌素敵。
いつも自然体の歌がいいです。

1席のお歌のような経験を又したい。

投稿: kei | 2012.04.20 09:48

★keiさん、
コメントありがとうございます。
歌会の前日に体験したことを歌にしました。
花吹雪を浴びたくて、よりも「花吹雪に
触れたくて」のほうが品があるかなと思いました。
わたしは簡単明瞭な歌をめざしています。

投稿: ripple | 2012.04.20 15:41

こんばんは~(^-^)

皆さんの歌、全部うん、うん、そうと
心に思う歌ばかりです。

それぞれに生活、心、思いやりが想像できますね。
風に舞う桜の花吹雪癒されますよね。

投稿: スィートピー | 2012.04.20 22:21

★スィートピーさん、

うんうん
そうそう
早い話が
共感できる歌が
いい歌でしょう

投稿: ripple | 2012.04.21 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミの給餌 | トップページ | 塩麹ブーム »