« 有機野菜のお惣菜 | トップページ | 雨のしずく »

2012.03.23

伸展ひざ

52歳の女性が、電車から降りるときに転び、それからうまく立てなくなった、と言って治療にみえた。事故からすでに3週間もたっている。左ひざをすりむいたがそこは治り、右ひざと右足首が痛むという。はじめに背中や肩のこりを治療して、それから下肢の治療を始めた。

骨盤を検査すると、右側が前屈している。それをカウンターストレインで矯正する。つぎに足首が底屈変位しているので、それも治療する。右ひざのお皿の下には強い圧痛がある。これは大腿四頭筋腱が緊張していることを示している。いわゆる伸展ひざである。伸展ひざは、ひざを伸ばしているときはいいが、そこから曲げると痛む。

Exknee患者を仰向けにして、足首に枕をかい、ひざをベッドの方向にゆっくり押し込んで伸展させる。伸展したひざは他動的に伸展させるとゆるむのである。やがて緊張がとれて圧痛が消える。そのまま90秒固定し、少しずつ戻してゆく。患者をベッドから下し、両下肢に体重をかけてもらう。すると今度はしっかり立てるようになった。歩いても、なんでもない。右足首のねん挫と右伸展ひざが原因で、うまく立てなかったのだろう。痛みがとれたときの彼女の嬉しそうな顔ったらなかった。

わたしは鍼灸とカウンターストレインという手技療法を使って治療をしている。おおまかに言って鍼は痛みに即効性がある。灸は慢性病に向いている。骨の変位や関節の異常を治療するにはカウンターストレインがいい。それぞれを必要に応じて組み合わせて治療をしている。もちろん、自宅でできる体操などについてもお話している。なにか不調があったら、相談してほしい。

« 有機野菜のお惣菜 | トップページ | 雨のしずく »

コメント

真向法のお仲間に正座ができない人が何人かいます。
剣道で正座をやり過ぎて膝関節のクッションがすり減ってしまいかばって歩いているうちに歩行まで困難になってきたという人もいます。膝の悪い人はとても多いので何とかしたいのですが真向法は治療ではありませんので、痛い動作はやらないようにするという以上の踏み込みはできません。先生の情報を伝えてみます。

投稿: マッコウオヤジ | 2012.03.23 16:27

★マッコウオヤジさん、
いっぱんに膝や股関節の病気は女性が多いですね。
O脚で膝の内側半月板をすりへらせていますね。
あと、女性は筋力が弱いことも原因と考えられます。
ねんざ事故の後遺症でもカウンターストレインで
かなり改善することがあります。前後の十字靭帯を
傷めていることも多く、一筋縄ではいきませんが。

投稿: ripple | 2012.03.24 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有機野菜のお惣菜 | トップページ | 雨のしずく »