« 現代人の不幸は | トップページ | あしたは彼岸の入り »

2012.03.16

食道アカラシア

たけしの健康番組を録画して見ている。最初の診断治療をファーストオピニオンとして紹介し、それで治らないのものに対してセカンドオピニオンを聴く。その設定がいい。きのうは「治らない胸やけ」というのをやっていた。

患者の症状は、①喉のつかえ、②胸やけ、③食べ物が喉まで上がってくる、④何を食べても喉がつかえる、⑤激しい胸の痛み。

ファーストオピニオン=逆流性食道炎
食道と胃の接合部、噴門が開きやすくなってしまう病気。胃酸や 胃の内容物が逆流、食道に炎症を起こす。主な原因は加齢や肥満そして酒・タバコなど。ここ10年で患者数が急増し、日本人の約6人に1人が患っている。

Akarasiaセカンドオピニオン=食道アカラシア
食道アラカシアとは、食道下部の狭窄症。食道は本来口から入った食べ物を蠕動運動で胃に送る。何らかの原因で食道の下部の括約筋が緊張し、噴門がほとんど閉じたままになってしまう病気。

名医の視点
①酸っぱくない逆流がある、②水すら飲み込むことが困難、③食事中みぞおちの上部が痛む。④バリウム検査で狭窄がある。10万人に1人という頻度の少ない病気だが、診断を誤るとなかなか治らない。治療は服薬、バルーン、内視鏡による手術など。

食道アカラシア
とは初耳だ
アカシアは
胸やけを起こすとでも
覚えようか


« 現代人の不幸は | トップページ | あしたは彼岸の入り »

コメント

たけしが嫌いなので見ないんですよ。
「アガラシア」初めて聞きました。
ユーラシアの隣にあるんですかね?

「食」が旨い
北海「道」にあこがれて
ちょうど季節は「アカシア」で
そこで「アガラシア」になるとは
夢にも思わぬ不覚なり

投稿: geotech | 2012.03.16 16:20

★geotechさん、
わたしもたけしは嫌いです。
妻が医学番組を録画するので、
あとでCMをとばしながら
早送りで見るのです。
けっこうためになります。

なるほど、北海道といえば
アカシアですね。おかげで
すっかりアカラシアを覚えました。

投稿: ripple | 2012.03.16 16:26

“食べ物が喉まで上がってくる”は思い当たります。

♪ アカシアの下部が狭まる時・・・・♪とおぼえました。
  

投稿: | 2012.03.16 19:30

前のコメント またまた署名を忘れましたcoldsweats02

投稿: 魚衆 | 2012.03.16 19:33

★魚衆さん、

食道の下部が狭くなると あかんらしあ

も悪くないでしょうか。

投稿: ripple | 2012.03.17 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代人の不幸は | トップページ | あしたは彼岸の入り »