« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 深紅の梅 »

2012.03.03

うれしいひなまつり

小さいころ
姉の
お雛さま飾りを
羨ましく
思っていたなあ


« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 深紅の梅 »

コメント

同じくYou Tubeから拾った「うれしいひなまつり」をブログにしました。
もう死語に近い美しい歌詞が好きです。

前日のコメント署名を忘れましたweep

投稿: 魚衆 | 2012.03.03 16:38

僕は子供の頃から女好きで
小学生の頃は、よくひなまつりに女の子の家へ遊びに行きましたね
あ~~~あのころが懐かしい♪

投稿: ブル | 2012.03.03 17:06

小さい頃、実家にはガラスケースに入ったお雛様がありました。小さくて古ぼけていて、友達の家にある7段飾りが羨ましく思えたものです。引越しを重ねるうちに無くなってしまいましたが、今思えばもったいないことをしたと悔やまれます。

投稿: エノコロ | 2012.03.03 22:42

♪お嫁にいらした姉さまの♪
美しい日本語~。
声に出してもらいたい日本語~ですね。

投稿: マッコウオヤジ | 2012.03.04 07:39

★魚衆さん、
あれま、名無しさんは魚衆さんでしたか。
灯りをつけましょぼんぼりに~の
のんびりしたテンポがなんとも言えませんね。
むかしは時間がゆっくり流れていましたね。

★ブルさん、
雛あられに菱餅、桜餅、ニッポンていいですね。
女好きはわたしも同じ。いまも治っていません。

★エノコロさん、
子どものころはお正月やひな祭り、端午の節句など、
いえの行事が珍しく楽しかったのを覚えています。
いまでも非日常はちょっと興奮しますね。お孫
さんは女の子でしたでしょうか?

★マッコウオヤジさん、
童謡唱歌はいいですね。治療室でも今は
小鳩くるみのCDを流していますが、みんな
知らずに口ずさんでいましたと好評です。

投稿: ripple | 2012.03.04 08:54

こんにちは~

昨日の勤務が忙しく、娘たちもいないので
特別なことはしませんでした。

こどもが小さかった頃、
「ふえだいこ」を「ふえだいこん」と歌って
笑ったことを思い出しました^^

投稿: おしゃれな猫 | 2012.03.04 10:53

★おしゃれな猫さん、
コメントありがとうございます。
うちではちらし寿司と蛤のおすましが出ました。
テレビを見ながらひなあられをポリポリやってます。
ふえだいこんね、笑いはいいですね。(^-^)

投稿: ripple | 2012.03.04 11:17

今年のひなまつりは長野におりました。
須坂で明治時代のおひなさま観賞!
表情が今と全然違いますね。
雛人形の顔も時代で移り変わっています。
そういえば我が家は
早々と飾るのですが
片づけるのが遅すぎました(苦笑)

投稿: あおむし店長 | 2012.03.06 12:41

★あおむし店長さん、
昔はテレビもラジオもなく、コンピュータもないから
ひな人形などは大切にされたでしょうね。そういえば
女性に対しても、あの人はあそこへかたづいたなんて
言いますね、荷物みたいに。かたづけばいいっていう
ものではないですよね。Be happy!

投稿: ripple | 2012.03.06 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 深紅の梅 »