« 積雪5センチ | トップページ | 梅の開花、一か月遅れ »

2012.03.01

寒い通夜

Tsuya1
祭壇の花

きのうは近所のお通夜があり、京子と二人で受付けに立った。故人は86歳の女性で、生前われわれもいろいろお世話になったので、お手伝いができて嬉しい。親戚中心のこじんまりしたお通夜だった。式場は二階だが受け付けは一階で天井が高く、暖房があまりきかなかった。外は雪が残り、弔問客が来るたびに冷気が入るので、だんだん腰が痛くなった。お清めの席ではお茶を何杯もごちそうになって、からだを温めた。

お坊さんのお経がすばらしかった。お経がというより、声がよかった。まるでオペラを聴いているような気持ちになったほどだ。それと、浄土真宗ではお返しものを渡すさい、「お清め塩」というものを出さないのだそうだ。かわりに会葬礼状にパンフレットが折り畳んで挟んであった。死者は不浄なものではない。だから、お塩で清める必要はないということらしい。昔はドライアイスも霊安室もなかったから、遺体はすぐ腐り始めたのだろう。そこで「お清め塩」というのを使うようになったのに違いない。真宗の考えももっともではある。

時が来れば
みんな死ぬ
偉い人も
そうでない人も
あなたも、私も


« 積雪5センチ | トップページ | 梅の開花、一か月遅れ »

コメント

寒~い通夜のお勤め、ご苦労さまでした。さぞ、おばあちゃんも喜んでいるでしょう。人間誰しも死ぬということ、これほど公平な世はありませんね。

投稿: geotech | 2012.03.01 11:27

こんにちは~(^-^)

お通夜ご苦労さまでした、実は私も夕べは姑の弟様(92歳)のお通夜でした。
姑の代わりに主人と二人で親族席に座っていました。
暖房のない親族席、スー、スーと風が入ってきて
物凄く寒かった。

お清めの席で頂いたおでんの鍋でやっと身体が温まりました。
主人も冷えて腰が痛かったと家に帰ってきて言ってました。
同じ寒い日にお通夜だったんですね。

投稿: スィートピー | 2012.03.01 14:53

★geotechさん、

いずれ
だれもが
死ぬ
これほど
公平なことはない

いい五行歌ができました。

投稿: ripple | 2012.03.01 15:51

★スィートピーさん、
あらま奇遇ですね。
受付けは座るわけにいかず、寒くて
ほんと腰や首が痛くなってしまいました。
雪の上を吹いてくる風が寒かったですね。
きょうも予報ほどは暖かくなりませんね。
底冷えがします。

投稿: ripple | 2012.03.01 15:53

お手伝いご苦労様でした!!
亡くなる方って
暑っつい夏とか、寒っい冬に多いですね
この世に生まれたからには必ず別れが・・・
何時かは来る事っと分かっていても家族との別れを
思うと辛いです
私が先か、相棒が先か・・・
最近特にそんな事よく考えます
考えても絶対いつかは来る事なのに(。>0<。)

投稿: エリザベス | 2012.03.01 16:02

★エリザベスさん、
こればっかりは、逃れられませんね。
毎日を十分に生きて、感謝して、
よかった、よかった、と暮らせれば、
最期にもいい人生だったと言える
かもしれませんね。
自分ひとりだけ死ぬわけじゃないと
思うと、少し気が楽です。(^-^)

投稿: ripple | 2012.03.01 16:19

> 死者は不浄なものではない。だから、
> お塩で清める必要はないということらしい。

いいね~そう言う教えは
この教えは始めて知ったけど、浄土真宗、いいね~

投稿: ブル | 2012.03.01 22:27

★ブルさん、
浄土真宗は親鸞が開祖でしょう。
頭も剃らないし、妻帯OKだし、
塔婆もありません。けっこう
人間的ですね。たしか、お盆の
棚経もあげないと思います。

投稿: ripple | 2012.03.02 08:47

お坊さんの読経がオペラのようだなんて!
素敵な感性をお持ちですねぇ。

最近の葬祭場は、手間がかからずいいですね。
でも受付の寒いのはたまりません。
おつかれさまでした。

投稿: しあわせさがし | 2012.03.03 14:17

★しあわせさがしさん、
比叡山の声明をバックに歌ってもらいたいぐらいでした。
最近のスピーカーや建物の音響効果も手伝ったかもしれません。
多少節電ぎみだったのかもしれません。いやあ、冷えました。

投稿: ripple | 2012.03.03 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 積雪5センチ | トップページ | 梅の開花、一か月遅れ »