« 鯉も寒かろう | トップページ | 50000型ロマンスカー »

2012.02.06

白花の祭壇

Sougi
神社風の祭壇でなく白花で飾った清潔な祭壇

日曜日、夕方は中野のお寺で行われたお通夜に出た。最近は花で飾りつける祭壇が多いが、ここもそうだった。ふつうはカトレアや色バラで飾るが、こちらでは徹底して白花に統一している。胡蝶蘭、白バラ、白菊、白トルコキキョウ、ストック、カスミソウなどでまとめられている。白い花の祭壇は清潔で清々しい。なんとなく背筋を伸ばしたくなる。真言宗の僧侶がていねいに読経をあげていた。仏式だが教会の葬儀のようにもみえる。寒かったが、数日前よりは気温が上がっている。いいお通夜だった。

故人は自由人
特定の宗教に
属することもなく
どこまでも
自然人だった

« 鯉も寒かろう | トップページ | 50000型ロマンスカー »

コメント

清々しい斎場ですね。
でも私には似合わない気がします。

なんかごちゃごちゃしたところが良い様な。
そうだ、私は葬式無用だった。

投稿: kei | 2012.02.07 14:46

★keiさん、
故人の希望は葬式をやらなくてもいい、誰にも
知らせなくてもいい、ということだったそうです。
しかし、第一線の芸術家だったこともあるので
まわりがそれでは済まさないのです。
けじめのつけかたが難しいところですね。

投稿: ripple | 2012.02.07 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯉も寒かろう | トップページ | 50000型ロマンスカー »