« 小田急ロマンスカー | トップページ | 寒いけれど日差しはつよい »

2012.02.18

千日回峰行2回満行

P1170827
酒井雄哉和尚(85歳)

日曜日の「こころの時代」は、比叡山の酒井和尚が「人生、これ修行」と題して、いろんな話をしていた。酒井和尚は、命がけの荒行として知られる比叡山の千日回峰行を2度満行している。史上3人目だそうだ。

千日回峰行は何度かドキュメンタリー番組で放映されたことがあり、はじめてそれを見たとき、私は度肝を抜かれた。夜中に30kmほど山の中を歩き、いろんなお堂にお経をあげて回るのだ。山だから下り坂はほとんど駆けおりる。その後も堂入りという断食、不眠不休でお経をあげながら歩き続けるなどの苦行を行う。死者も出ることがある荒行である。

千日回峰行を2度満行した後は、世界を“回峰”している。中国の五台山や慈覚大師の旧跡、バチカンやアッシジにまで足跡は及ぶ。仏門に入ったのは40歳。波乱の人生をたどったすえ、「山を歩かせてもらって仏様の知恵を学ばせてもらった。一日一生。生きていること自体が修行」と語る酒井さん。あたたかい大きなオーラを感じる。

千日回峰行を
二度満行した
酒井和尚は
こだわりを持たぬ
人である


« 小田急ロマンスカー | トップページ | 寒いけれど日差しはつよい »

コメント

たまたま、観てました。番組。彼のお話しの仕方がとても好感をもてました。度肝抜かれること、ありますねぇ。人生はおもしろい^^w

投稿: ここのたこ | 2012.02.18 14:09

★ここのたこさん、
コメントありがとうございます。
若い人で熊野の千日回峰行を満行した人が
いましたが、その人の話をラジオ深夜便で
聴いたときも、すごかった。私はいまだに
命がけになったことがありません。

投稿: ripple | 2012.02.18 15:02

私もこの放送見ました。
お坊さんの話大好き。

でも3週目の仏陀の話にはどうもついていけない。
その前はキリストの話でしたがこれもどうも。
飛ばすこともできずみていますが。

投稿: kei | 2012.02.18 16:08

★keiさん、
理屈ばなしは私も集中して聞いていられません。
こっちがバカなのではなく向こうの話が面白く
ないのです。そういうのは聞く必要がありません。
時間の無駄です。キリスト教の話は翻訳調が
多いのでこれも遠慮しちゃいます。

投稿: ripple | 2012.02.18 16:22

自分の胸に落ちた話
それこそが
胸を打ち
自分の連想を逞しくする
それが感動

投稿: 荒野人 | 2012.02.18 16:45

★荒野人さん、

疑って
たしかめて
たしかめた話が
自分の心の
糧になる

投稿: ripple | 2012.02.19 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急ロマンスカー | トップページ | 寒いけれど日差しはつよい »