« ヴィパッサナーの瞑想 | トップページ | 冬の枡形山 »

2012.02.21

「空腹が人を健康にする」

けさの新聞に大きな広告が載っていた。「空腹」が人を健康にする、というタイトルだ。例によってサンマーク出版の本はタイトルが具体的で、買い手の興味をそそる。著者は南雲吉則さん。なんとかの主治医、などという番組によく顔を出していたが、たしか乳がんのスペシャリストだ。この先生は自分の主義主張を実践しているところがえらい。車も乗らないし、玄米菜食、一日一食など、メタボの多い医者とは一線を画している。

Nagumoわたしは以前、明石陽一さんの「小食のすすめ」という本を読んで、えらく感動したことがある。からだは少し飢餓状態にしておくと命の危険を感じ、全力で生命維持活動をにいそしむ。いつも満腹では、そういう機能がなまけてしまう。だから少食が健康の秘訣だ、といった内容だった。ことわざでも「健康は腹8分目」というではないか。

うちの治療室にみえる患者さんも、その多くが①食べ過ぎ、②運動不足である。栄養価の高いものをたくさん食べて病気になるのだから、もったいないといえばもったいない。たくさん食べて運動をしないのだから、メタボになるし、いろんな成人病になりやすくなる。生活態度が病気をつくっているともいえる。この本の小見出しが載っていたので、抜粋しよう。

・ 食べ過ぎこそ病気の始まり
・ 水を飲んでも太るワケ
・ 細胞を修復してくれる「サーチュイン遺伝子」
・ 寒いとなぜ体がガタガタふるえるのか
・ メタボが寿命を縮める本当の理由
・ 「一日一食」でなぜ栄養不足にならないのか?
・ 食事の量を減らすカンタンな方法
・ 空腹時にお茶やコーヒーを飲んではいけない
・ ごはんを食べたら、すぐ寝よう
・ 若返りのための「ゴールデン・タイム」
・ 体の温め過ぎは「冷え性」のもと
・ 自分の「内なる声」にしたがって生きる
・ あなたの人生、このまま終わってもいいですか? etc.

人類の歴史は
飢餓の歴史
満腹になったのは
つい最近で
からだは慣れていない

« ヴィパッサナーの瞑想 | トップページ | 冬の枡形山 »

コメント

私は今まさに食べ過ぎで身体を壊している状態です!腹八分もなかなか実行できないのに空腹なんて我慢できなさそうです。

投稿: エノコロ | 2012.02.21 10:26

100%納得、同意。
沢庵和尚の逸話。偽りなし。
空腹こそ最高の調味料、
頭もスッキリですね。

投稿: マッコウオヤジ | 2012.02.21 12:54

腹八分を実践したいが・・・なかなかできない
↑の本を読んでみようかな

投稿: ブル | 2012.02.21 15:46

人類の英知が食を生み
食のお陰で人間に力を与えた
しかしそれに甘んじて
人間は飽くなき食をする
そして食が人を滅ぼすことに

投稿: geotech | 2012.02.21 16:24

★エノコロさん、
飢餓の時代には、食べられるときは腹一杯食べないと
いけませんでしたが、いまは毎日腹一杯。これでは
食べ過ぎになりますね。

★マッコウオヤジさん、
修行僧なんか、少しの食事で走り回っているのに、
けっこう血色のいい顔をしています。なんでもからだの
滋養になるのでしょうね。

★ブルさん、
まあね、腹一杯食うというのもしあわせですからね。
でも、そこが落とし穴。とくに年をとったら内臓の
負担は減らさなければなりませんね。

★geotechさん、
人間のからだには武器がない。だから本来菜食、果食
なのに、武器をつくって肉食になった。そのぶん食料
が不足してくる。そして戦争が起こる。困ったもんです。

投稿: ripple | 2012.02.21 16:38

こんにちは~
お腹いっぱいに食べることは滅多にないのですが、
身体を温め過ぎる、これはあります。
ババシャツ着て、背中に使い捨てカイロを
貼り付けてますから。
生活を少し見直す必要がありますね。

投稿: おしゃれな猫 | 2012.02.21 17:05

★おしゃれな猫さん、
言い方を変えれば、過保護がいけないということ
でもありますね。車をやめて歩く、というのも自分
にきびしくする。そのことがからだを丈夫にする。
理にかなっています。(^-^)

投稿: ripple | 2012.02.21 18:23

私は60歳の定年後に70kgの体重を55kg台まで落としました。身長は167,2cm。少し痩せていますがすこぶる健康、週に2日は2時間かけて東京まで働きに行っています。一日2食、それに空腹を楽しむ事です。腹が減って腹の虫がグーって鳴ったら、この馬鹿虫め死んでしまえ!と言って腹にげんこつをくれるのです。するとシューと言っておとなしくなりますよ。
腹8分目はできませんから腹5分目としましょう。8割はあやふやな単位、半分な分かりやすく実行可能です。
何か若返ったような気がしています。

投稿: どはげ | 2012.03.08 20:17

★どはげさん、
コメントありがとうございます。

>腹8分目はできませんから腹5分目としましょう。
わたしも患者さんいは食べるのを半分にしましょうと
話しています。それで腹8分目に近づけられるから。
それでも人は食欲にはなかなか勝てません。どはげさん
は意志の強い方ですね。少食が楽しくなったらもう
しめたものですね。

投稿: ripple | 2012.03.09 09:51

はじめまして、40代です。
半年ぐらい前までは朝昼晩+寝る前のお酒とおつまみでずっときました。
毎朝起きるものつらく常に疲れが取れない状態でした。

健康診断をきっかけに、1日2食健康法を知り、朝飯をやめ、
寝酒+おつまみもほぼやめ、半年ぐらいになります。
最近では毎朝3:40に起きて、読書や仕事を始め、22時には寝る生活ですが、
朝飯を食わないためか朝の時間がすごく気持ちよく、
集中力も高く、疲れた感じも取れました。
日中眠くもありません。
自分には合っているのかもしれません。

朝飯(常識?)を食わないため、妻には不評ですが、
自分はとっても快調ですので続けようと思っています。
寝酒のための無駄な時間も減りました。
TVも全く見なくなりました。

ただ1日1食はきついかも。自分は間食はしませんが、
コーヒーは1日3杯ぐらい飲みます。
昼と夜は結構食べます。
現在170cm、62kgぐらいです。
参考まで。

投稿: 名無し | 2012.03.10 15:11

★名無しさん、
コメントありがとうございました。
一日2食でも快調とのこと、朝飯を抜くのはどうかと
思いましたが大丈夫なようですね。現代人は食べ過ぎ
だから、一食抜いてもどうということはないでしょう。
寝酒をやめたらテレビも見なくなったというのもいい。
コーヒー3倍は胃によくないかなとも思いましたが、
人それぞれの嗜好があるのでいいのでしょう。体重と
身長の関係も理想的ですね。少食が健康につながると
いうことは確かなようですね。(^-^)

投稿: ripple | 2012.03.10 16:03

でも、空腹はイライラします。お腹がすくと確かに脳と体は動きやすい時もありますが、空腹は時に不快感やイライラもすることがあるのです
それは何故ですか?

投稿: | 2014.01.03 15:28

★名無しさん、
不満は緊張やイライラを生みます。
満足は弛緩と幸福感を起こします。
空腹でイライラするのは自然です。
そのぶん次の食事が美味しくなる
でしょう。徐々に慣れて行くのが
いいですね。極端にやることはあ
りません。(^-^)

投稿: ripple | 2014.01.05 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィパッサナーの瞑想 | トップページ | 冬の枡形山 »