« 摂氏五度 | トップページ | 頭痛、首の痛みに針治療 »

2012.01.29

多摩川ウインドアンサンブル

日曜の午後は、多摩市民館で多摩川吹奏楽団のファミリーコンサートを聴いた。陽気な行進曲や重厚な音楽を楽しんだ。今回はとくにテレビ番組の主題歌などを入れて、文字通り、ファミリー向けに仕立ててあった。大河ドラマの「龍馬伝」や「江」のテーマ音楽も、あらためて聴くとなかなかいい。作曲者の才能が偲ばれる。東日本大震災に向けて米人フィリップ・スパーク氏がつくった「陽はまた昇る」も、夜明けの様子がよく描かれていて、朝日が目に映るようだった。舞台の左袖にOHPで解説をつけるという工夫もいい。メドレー音楽など、曲がよくわかる。

P1170726

P1170713

P1170728

P1170709

P1170708

P1170698  

ホルンやトランペット、チューバなど、生の音はいい。腹を揺すられる感じだ。ときどき小さい子が泣き声をあげていたが、自分がとても寛大になっているのに気がついた。年をとることは悪いことばかりでもない。

いい音楽を
聴くと
からだが共鳴する
ともに
波動だから


« 摂氏五度 | トップページ | 頭痛、首の痛みに針治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 摂氏五度 | トップページ | 頭痛、首の痛みに針治療 »