« 寺家ふるさと村の冬 | トップページ | ロウバイ満開 »

2012.01.18

一点透視図法

P26
地下鉄新玉川線、用賀駅。

ここは線路がすこしカーブしているが、ほぼ一点透視図法にかなった光景が見られる。広角レンズは奥行きや広がりを表現するのに向いている。ものごとはいろんな角度から見るとその全体像がつかめるようになるが、対象から離れたり、対象に寄ったりして見ることも大切だ。

石やタイルの
無機質ばかりの
プラットホーム
合理的なのだろうが
冷たい場所だ

« 寺家ふるさと村の冬 | トップページ | ロウバイ満開 »

コメント

人間もいろいろな見方、必要ですよね

用賀・・・唯一サラリーマンの時
渋谷に通っていたのですが、用賀駅
毎日通りました

投稿: ブル | 2012.01.18 08:08

★ブルさん、
わたしも時々ヨウガあって出かけます。
セタガヤ・ビジネス・スクエアという
28階建てのビルが建ってます。
二子玉川とともに開発が進みましたね。

投稿: ripple | 2012.01.19 09:11

ブログに写真があるのがいいですね。
それもいつも立派な写真。
ほっとします。

投稿: kei | 2012.01.19 10:55

★keiさん、
絵や写真の情報量が多いし、長い文章などは
読みにくいので、写真を入れるようにしてます。
逆に、文章だけだと想像力をかきたてられますね。
これも、百聞は一見に如かず、でしょうか。(^-^)

投稿: ripple | 2012.01.19 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺家ふるさと村の冬 | トップページ | ロウバイ満開 »