« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.31

シジュウカラ

40kara
四十雀(シジュウカラ)

ツッピーツッピー
寒いからといって
縮こまってはいけません
ツツピーツツピー
さあ動きましょう

| コメント (3)

2012.01.30

すなおな歌

 すなおな日記は
 五行歌がいい
 短歌や俳句だと
 すこしばかり
 肩に力が入る

思ったこと、感じたことを、すなおに書きとめるには五行歌がいい。4行でも6行でもいいけれど、口語、日常語で5行ぐらいにまとめるといい。それをちょっと歌らしく整えれば、たとえば、読売や朝日の五行歌欄に投稿できる歌になるだろう。

俳句は切れ味がするどいが、季語や切れ字などの約束事があるし、短すぎて難しい。十分に思いが伝わらない可能性が大きい。短歌も五七五七七にそろえるのが大変だし、古文の知識がないと先細る。それに俳句や短歌を詠むとなると、どうしても肩に力が入る。いろんな制約があるぶん嘘っぽくなる。そういう芸術だから仕方がないといえば仕方がない。

いっぽう、五行歌にはそういう制約が一切ない。一行が長くても短くても自由である。長ければ焦点がぼけるぶん、読み手が迷うかもしれない。短かければインパクトがつよいぶん、真意を伝えるのが難しいかもしれない。そこが書き手の腕の見せ所になる。

 大昔、ことばを発するのに決まったリズムやメロディーはなかった。

だれが考えてもあたりまえのことなのに、五七調だか七五調だかしらないが、そういう制約から脱却できないでいる。まったく不思議でならない。

| コメント (3)

頭痛、首の痛みに針治療

P1170695_2

後頭部のつぼ
スキンヘッド
の男性が、首の痛みの治療にみえた。背中や腰も張っている。ふつう後頭部は髪の毛で覆われており、鍼を刺したところがうまく見えない。しかし、スキンヘッドは邪魔な毛がないのでいい。後頭骨の下縁にそって、耳の近くから、完骨、風池、天柱というつぼに鍼を打っている。つぼの名前はそれぞれ、カンコツ、フウチ、テンチュウと読む。風池と天柱はすこし上にも打っている。左右の肩は肩井(ケンセイ)。背中のいちばん上のぐりぐりの骨は第7頸椎のでっぱりで、その上下すこし開いたところにも打ってある。こちらはとくに名前はない。

頭の前傾を後ろで止める
首の後ろが
張っている人は多い。仕事の大半は下を向くので、頭の重みが前にかかる。それを首の後ろの筋肉が絶えず引っ張っているからである。とくにパソコン仕事をする人は、画面を見るために目の位置を固定しなければならない。目を固定するということは頭を固定するということで、頭を固定するのも首の後ろの筋肉なのである。左右の肩や背中の筋肉がこれを補助している。後頭部や背中が長時間緊張をつづけると老廃物がたまり、いわゆる凝りや張りが生じるのである。

鍼を刺すとまわりが赤くなる
この部分に鍼を刺し、しばらく置いておくと、まわりの皮膚が赤くなる。これは鍼という異物を攻撃しようと血液が集まってきたところである。細胞や毛細血管が破壊されたので、そこを修復しようとして大量の血液が動員されるのだ。ある程度時間がたって組織が修復されれば、筋肉の緊張がほぐれてやわらかくなる。凝りや痛みの部分に鍼を刺すことで、鍼の痛みがそれらをまぎらわすこともある。鍼をすると赤血球やリンパ球、血小板などが増えるという研究報告もある。したがって鍼は短期的には苦痛をとり、長期的には免疫力を高める効果が期待できるのである。

うちでは局所だけの治療は行わない。たえず全身をみて、筋肉や皮膚の硬いところ、関節の動きがわるいところなどをチェックして全身をととのえるようにしている。硬いところをゆるめれば血の巡りがよくなり、より健康になるからだ。

| コメント (8)

2012.01.29

多摩川ウインドアンサンブル

日曜の午後は、多摩市民館で多摩川吹奏楽団のファミリーコンサートを聴いた。陽気な行進曲や重厚な音楽を楽しんだ。今回はとくにテレビ番組の主題歌などを入れて、文字通り、ファミリー向けに仕立ててあった。大河ドラマの「龍馬伝」や「江」のテーマ音楽も、あらためて聴くとなかなかいい。作曲者の才能が偲ばれる。東日本大震災に向けて米人フィリップ・スパーク氏がつくった「陽はまた昇る」も、夜明けの様子がよく描かれていて、朝日が目に映るようだった。舞台の左袖にOHPで解説をつけるという工夫もいい。メドレー音楽など、曲がよくわかる。

P1170726

P1170713

P1170728

P1170709

P1170708

P1170698  

ホルンやトランペット、チューバなど、生の音はいい。腹を揺すられる感じだ。ときどき小さい子が泣き声をあげていたが、自分がとても寛大になっているのに気がついた。年をとることは悪いことばかりでもない。

いい音楽を
聴くと
からだが共鳴する
ともに
波動だから

| コメント (0)

2012.01.28

摂氏五度

 摂氏五度
 最低気温でなく
 最高気温ですよ
 まるで
 冷蔵庫の中です

言いたくはないけれど、寒い。

| コメント (3)

これが五行歌だ!

 長い時を                 知子
 玄関で眠っていた傘は
 雪の朝
 羽を広げて
 白鳥になった

けさの読売新聞五行歌欄の特選歌。座間の神川知子(のりこ)さんの作品。神川さんはまた「しんゆり五行歌会」の会員でもある。いろんな歌会に顔を出すことがあるそうだが、神川さんの作品はいつも上位に選ばれている。観察力があるし、着眼点がいい。こういう歌は短歌では歌えない。七五調ではこういう格調の高い歌は出ないだろう。文語でなく口語で書かれているのがいい。神川さんがいてくれるおかげで、わが「しんゆり五行歌会」も伸びているような気がする。

| コメント (0)

東高根森林公園のカワセミ

P1160913

P1160914

昼休みに東高根森林公園に行った。冬のモノトーンの景色もわるくない。ちょうど崖や道路の工事をやっていて、野鳥は期待できない。もっとも大きなレンズは持って行かなかったから、出ても撮れない。奥の湿原に行くとカワセミがいた。ここのカワセミはかなり人馴れしている。水に飛び込んで魚を捕ったり、ホバリングして大サービスをしてくれた。コンパクトデジカメの高速連写機能を使って撮影したが、ま証拠写真の域は出ない。

P1160939

P1170161

P1170164

P1170320

P1170216

P1170267

P1170243

P1170242

P1170373

P1170379

P1170467

この寒いのに
水に飛び込んで
魚を捕るカワセミ
生きることは
らくじゃあない

| コメント (7)

2012.01.27

寒い朝

P1160901
厚い霜柱

けさは今年一番の寒さではなかったろうか。庭を歩くときの霜柱の音がいつもと違う。バキッ、ガリッ、ゴワッ、と音が大きいし、硬い。草除けに人工芝を敷いてあるところも浮き上がり、同様の音を出す。第六天神さまに備えたコップの水も上から下まで凍っている。先週降った雪も、連日の寒さで日陰のところはしっかり残っている。日本海がわや北日本は大雪だ。

P1160900
第六天神の水もぜんぶ凍っている

P1160903
融けない雪とユキノシタ

しもばしらは
ちから持ち
地球の皮膚を
なんなく
持ち上げてしまう

| コメント (3)

あさひでんきのサービス

Asahi0092、3日前、郵便受けにチラシが入っていた。近くの電気屋さんが週末にセールをやるらしい。チラシのタイトルはあさひでんき、節電・節水・安心フェアとある。裏を見ると「あさひでんき:いろいろなサービスのおさらい」とあり、たくさんの項目が並べてある。

いちばん下の項目は「その他こまったこと」とあり、①不用品の処分、②水漏れの修理・交換、③クロスの張り替え、④網戸・ふすまの張り替え、⑤庭木の簡単剪定、⑥ちょっとした大工工事、とある。

上の二つの項目は電気に関係しているが、下の項目はまったく電気に関係しないものばかりだ。そして、「電気屋さんにlこんなこと頼みずらい・頼んでもいいのかな?笑われちゃうかな?等ということはありません! 困ったことがありましたらまずご相談下さい。「あさひでんき」が必ず解決します!」と駄目を押す。男手がない家や一人暮らしの老人などは大いに助かるだろう。あさひでんきの社長さんは、まったく商売の極意を掴んでいる。

http://www.asahi-denki.biz/

商売のコツは
ひたすら
客を喜ばすこと
これが
あんがい難しい
 

| コメント (2)

2012.01.26

冬の横浜

P1160826
アロエの花

P1160831
アクアライン、海ほたる

水曜日は定休日、車で木更津に行った。森田健作が千葉県知事になって800円に値下げしたので、アクアラインもすこし車が増えていた。木更津の八幡様をお参りし、妻の両親のお墓参りをした。あっちは暖かいのでアロエが咲いていた。あいかわらず風は冷たい。帰りもアクアラインを使ったが、春節なので横浜に寄ってみることにした。

P1160842
鶴見つばさ橋

P1160856
横浜ベイブリッジ

首都高を山下公園で降り、はじめに「港の見える丘公園」に行った。高台から横浜港が一望できるが、昔ほどの景観ではない。高いビルが増えて、あまり海が見えなくなってしまった。ベイブリッジがすぐ近くで手に届くようだ。

P1160870
ベイブリッジ@港の見える丘公園

P1160867
マリンタワーとみなとみらい方面

それから元町を通って中華街に行った。まだ春雪だが、催し物は土日にしか行われないそうだ。それでも春節の飾りが出ていたり、いつもよりにぎやかだ。肉まんや小龍包を蒸かす煙りが温かそうだ。甘栗売りは前もいたが、占い師が増えたのに驚いた。食事をした店の人に聞くと、不況だから占いが流行るのだという。

P1160897
初めて入った店、おいしかった。

P1160894
セットメニューが驚くほど安い。1600円ぐらいの食べ放題もある。

単品はふつうだが、セットメニューにすると恐ろしく安く食べられる。個人旅行とツアーの違いみたいだ。 以前よりこういう看板が多いのは、やはりここも不況の波を受けているのだろう。

P1160875
土日はパレードが通る。

P1160893
肉まんをにぎる女性たち。@王府井(わんふうちん)

中華街を歩くのは楽しい。目先の変わったものがあるし、赤や緑、黄色など、派手な飾りが楽しい。ま、けばけばしくもあるが、たまには刺激的でいい。

| コメント (5)

2012.01.25

鍼師の報酬

痛くなくなった
らくになった
すっきりした
これらの言葉が
鍼師の報酬です        鍼師:はりし

| コメント (2)

2012.01.24

凍った道

夕べの雪は大したことはなかったが、雨が降ったあとの雪だけに、朝になったらあちこち凍りついてしまい、どこもツルツルで歩くのがこわかった。朝日が当たるところは雪が融けはじめているから大丈夫だが、北側の日陰のところはガチンガチンに凍っていて滑りやすい。ニュースによると、都内の車の衝突事故は1500件を超すとか。けが人も多いらしい。われわれは雪に慣れていないので、ちょっと降ればこの調子だ。

P1160823
日当たりは雪が融けだしている。

P1160824
日陰は凍り付いて怖い。

雪道
凍り道は
足の裏全体を
地面につけて
歩こう

| コメント (10)

春節に春雪

P1160806
雪の重みに耐える金柑

春節に
降る雪は
春雪
湿った雪
重い雪

| コメント (2)

2012.01.23

今日は春節

Chunjie0030
春節の横浜中華街 (2011.2.6)

太陰暦だと
今日が元日
賀春というわけだ
太陽暦は
生活感がないな

| コメント (0)

日本初の地下鉄・銀座線

Ginzasen2
銀座線の車両

銀座線は日本で最初の地下鉄である。いや、アジア・オセアニア地区でも最初の地下鉄だ。1927年(昭和2年)、浅草ー上野間で開業し、徐々に延びて今は浅草ー渋谷間を走っている。銀座線と次にできた丸の内線は後続の地下鉄とは軌道や電力方式が違うので、相互乗り入れはない。トンネルや車両も後発のものより小さいらしい。

Ginzasen
地下鉄銀座線の車内駅名案内板

車内にはドアの上に駅名案内板があり、現在地を緑色の矢印で示してくれる。わたしの記憶ではこの案内板は40年近く変わっていないのではないだろうか。上の写真に見るとおり、都心の主要部分を走るので利用客も多い。地上から駅までのアプローチが短いことも特長といえる。後発の地下鉄駅は、たとえば「新お茶の水」とか「六本木」とかは恐ろしく深くて何度もエスカレーターを乗り継いだりする。最初にできた地下鉄は浅い所を走れたのである。オフ会のときは、表参道から浅草まで18駅を乗り越した。

オレンジ色の
銀座線が入ってきた
この電車には
いろんな思い出が
詰まっている

| コメント (2)

2012.01.22

シニアナビ・オフ会

Off1
シニアナビ・オフ会@浅草「わたみんち」、34名参加。

土曜日は浅草でシニアナビのoff会があったので参加した。みぞれまじりの小雨で寒かったが34名が参加した。王子駅前の火災で電車が止まり、そっち方面の人が来れなかったり、遅れたりした。夏に初めてオフ会なるものに出たが、ヴァーチャルな人と直接お会いするのはなんともスリルがあっておもしろい。

今回はブログをやっていない人も多かった。だから、ほんとに初対面の人も多かったが、みんな50代、60代、70代の人たちだからすぐに打ち解けた。若い人がアイパッドを持ってきたので、それぞれのブログを見たり、写真を見たりして楽しんだ。いきなり会って、いきなり歓談する、不思議な光景である。

P1160764

P1160775

P1160785   

オフ会の前に観音様をお参りしたが、仲見世はまだお正月ムードが残っていて、すごい人だった。西洋人だけでなく、中国語や韓国語が飛び交い、一瞬ここはどこだと迷う。

| コメント (3)

2012.01.21

ひのえうま

今年、うちは初午の当番に当たっている。初午(はつうま)は2月最初の午の日で、京都の伏見稲荷代謝の神が降りた日がこの日だったということで、全国でお稲荷様を祭る習慣がある。当番は、お稲荷様を祀っている家を朝のうちにまわり、お神酒を供えながらお詣りをする。そして午後からは初午講を開いて小宴となる。その連絡や準備、集金などをすることになっている。

Hatsuuma_2
京都伏見稲荷大社の初午祭

今年は2月3日が初午だが、立春のあとの午の日ということになっているので、二の午の日にすることになる。二の午は2月15日だ。それで集会場の予約をしようとしたら、責任者の人が「2月15日は「ひのえうま」だから、つぎの午の日になる」と言う。そこで三の午である2月27日に初午講を開くことになり、回覧板をまわした。

丙午(ひのえうま)というのは敬遠されがちだ。丙は五行では火の兄で、火だから熱を持つ。午は真南であり正午であるから、やはり熱がきわまる。熱と熱だからこれはアツイ。そこで、丙午の年は火事が多いという。また丙午生まれの八百屋お七が江戸の大火を起こしたから、この年生まれた女性は「男を食い殺す」と言われるようになったとか。これはまったくの迷信である。その年に生まれる子は百万人は超えるだろう。その子たちがみんな気性が激しいとは考えられない。にもかかわらず、「さわらぬ神にたたりなし」という風潮がある。女の子は嫁にも行けない。

そんなわけで、丙午の日もあまり縁起がよくないとされ、祭りを避けろというのである。こういうのは日常生活でもけっこうある。友引の日はお見舞いに行かない、葬式をしない。葬式の場合は、だいいち火葬場が休みである。仏滅には結婚式などの祝い事を避ける。五黄の寅の女性は気が強いから嫁にもらうな。西洋でも13日の金曜日などというのがある。これら根拠もないこと漠然と信じていることはあまりいいことではない。

| コメント (3)

2012.01.20

芥川賞の田中慎弥氏

Shinya

芥川賞は
もらって当然
五度目の候補なので
辞退するのも礼儀だが
悪いのでもらってやる

おもしろい
芸術家は
偏屈が多い
まともじゃ
刺激がない

| コメント (8)

初雪

P1160757
雪、向丘遊園駅、ダイエー前。8:30am

雪が
降ってきた
うれしいな
こまったな
積もるかな

| コメント (5)

2012.01.19

静電気に弱いパソコン

けさ来た患者さんが、静電気のせいでパソコンが壊れてしまったと話していた。話には聞いていたが、実際にそういう体験をしたという話は初めて聞いた。ハードディスクが損傷したらしい。以前、メモリーを増設するとき、友人に静電気を放電させてから取り付けるようにと注意を受けたが、パソコンは静電気に弱いらしい。もちろん、落雷で壊れることも少なくない。わたしは他人より静電気を帯電する体質らしいので気を付けなければいけない。

USBメモリーなども静電気の電圧で壊れてしまうことがあるそうだ。パソコンをつくっている工場では、従業員が腕輪をしてアースさせているという。しかし、きょうは昨日より静電気が起きにくい。思い当たるのは「ひだまり肌着」なるベストを着ていないからかもしれない。ずいぶん前に巣鴨の地蔵通りで買ったものだが、けっこういい値段だった。漫才をやっていた春日三球の店で買ったものだ。とても温かいが、綿のシャツより静電気が起きやすい。生地の相性などもあるのだろう。パソコンに向かう際は、まめに放電作業をしよう。

天気予報では、今夜あたり一雨くるらしい、いや、気温が低いから雪になるかもしれない。どっちでもいい。すこし降れば静電気もおさまるだろうに。

部屋の電気を消して
ドアノブに触れると
バチッと青い閃光
イタッ
放電を忘れてた

| コメント (3)

ロウバイ満開

P1160731

P1160740

二ケ領用水の脇に植えられた蝋梅(ロウバイ)が満開だ。近寄るとむせるような甘い匂いがする。お正月の花として活けることもあるが、露地のものでも寒さ知らずである。名前の通り、梅のような花が蝋のようにてかって咲く。黄色なので目立たないが、水仙ぐらいしか咲かない時期に花を見られるのが嬉しい。

よくできた
造花のようで
思わず
触れてみたくなる
蝋梅の花

| コメント (4)

2012.01.18

一点透視図法

P26
地下鉄新玉川線、用賀駅。

ここは線路がすこしカーブしているが、ほぼ一点透視図法にかなった光景が見られる。広角レンズは奥行きや広がりを表現するのに向いている。ものごとはいろんな角度から見るとその全体像がつかめるようになるが、対象から離れたり、対象に寄ったりして見ることも大切だ。

石やタイルの
無機質ばかりの
プラットホーム
合理的なのだろうが
冷たい場所だ

| コメント (4)

2012.01.17

寺家ふるさと村の冬

Jike2

Jike1

稲刈りのあと
田起こしが行われ
田んぼは冬休み
みんなが
春を待っている

| コメント (3)

鉄筋を組む

P1160666
7階建ての地下部分の鉄筋が組まれていく

七階建ての
ビル工事
大震災のあとだけに
鉄筋が多いような
気がする

| コメント (2)

2012.01.16

異常乾燥注意報

異常乾燥で
静電気がこわい
ドアの取っ手が
バチッ!
ほらまた

暗い所では、青白い火花さえ見える。
水不足で野菜の値段が上がっている。

| コメント (5)

地球照(ちきゅうしょう)

P1160671_3きのう「たまりばーる」に行ったら、『月と暮らす』という本が置いてあった。東日本大震災の話が載っているから、かなり新しい本だ。新月、三日月、十六夜などが写真入りで解説されている。そのなかに「地球照」という項目があった。欠けた月でもよく見ると、その暗部がぼんやり見える。それで月が全体として丸く見える。太陽光が地球に当たり、それが月の暗部を照らすからだそうだ。月面での地球の明るさは、満月の50倍以上になるらしい。地球照のメカニズムを発見したのは、あのレオナルド・ダ・ヴィンチという。すごい奴は、どこまでもすごい。

P1160667_2立ち位置を
変えると
いままで
見えなかったものが
見えてくる

| コメント (0)

2012.01.15

飯桐(イイギリ)の実

P1160678
イイギリの実

午後、緑化センターに行った。門を入ったとたん、イイギリの赤い実が目に入る。てっぺんのほうは実がないが、下のほうにびっしり残っている。どうやらヒヨドリやムクドリが好んで食べてしまったらしい。イイギリの葉は大きく、ハート型をしている。むかし、この葉におにぎりなどを包んだので飯桐の名がついたらしい。

P1160680

P1160698
クリスマス・ローズ

P1160717
サクラソウなど

P1160695
春の七草

P1160711
ランの花

P1160703
葉牡丹

P1160707
二ケ領用水

日の入りが
少しずつ遅くなり
木の芽がじっと
寒さを
こらえている

| コメント (0)

しんゆり五行歌会(1月)

私のかわりに                    中川(一席)
溜息をつくように
プップッとふくれて
餅が二つ
焼き上がる

いつもの散歩道の        島田(二席)
ポンプ式の井戸に
小さな「お飾り」が…
日本の正月の
良き風習

乳飲み児に            清水(二席)
うたがいと不安の中
ミルク含ませ
あまたの神に祈る
命育む母心

口も手も足も           とし子(四席)
脳の指令に
従わなくなって
ずる休みする
老いの冬

今日という             神川
手付かずの未来が
いま始まる
掌に
朝の光を受ける

二十一秒の             京子
くやしさが
区間新記録を
大会新記録を生む
駅伝の面白さ

年が明けた             ripple
というだけなのに
去年の出来事が
いっぺんに
遠ざかってゆく

| コメント (3)

2012.01.14

とおりゃんせ

「とおりゃんせ」という童謡がある。子供の頃よく歌って遊んだ。歌詞もそらんじていたが、「いきやよいよい帰りはこわい」というのが分からなかった。先日BSでその解説があった。いろいろ言われがあるらしいが、そこでは川越城の場合を説いていた。

 『通りゃんせ』 作詞・不詳  本居長世 編・作曲

 通りゃんせ通りゃんせ
 ここはどこの細通じゃ
 天神様の細道じゃ
 ちっと通して下しゃんせ
 御用のないもの通しゃせぬ
 この子の七つのお祝いに
 お札を納めに参ります
 行きはよいよい帰りはこわい
 こわいながらも
 通りゃんせ通りゃんせ

Kawagoe1
川越城の絵図、左上に三芳野神社が見える。

それによると、川越に三芳野神社というのがあり、菅原道真をお祭りしていた。これが天神様である。子どもが生まれると天神様にお詣りし、その子が7歳になったとき御札を返しにいったそうである。ところが川越城をつくるとき、この三芳野神社が城内に入ってしまっに行ったという。一般庶民は城内には入ることができない。ただ七五三のお参りのときだけ入ることが許された。

Kawagoe4

上の図を反転させると 、下の地図と同じになる。赤が参拝路。

神社に行くには、まず南大手門を入り、田郭門を経て天神様の細道を通って、さいごに天神門をくぐる。行はお札を納めるのが分かるが、帰りは警護の侍たちに密偵ではないかと疑われることもある。そこでビクビクしながら早足で細道を通らなければならなかった。そこで、「行きはよいよい帰りはこわい」となったそうだ。

Kawagoe5

けっこうローカルなものが全国区になってしまったらしい。
ほかに、小田原の菅原神社と関所の話に由来する説もあるという。

★遊び方
「親」を2人決める。2人は両手をつないでアーチを作る。
他の人たち(子)は歌に合わせてアーチをくぐっていく。
「親」は歌の最後にアーチを下げて、
アーチの中を通る「子」を捕まえる。
「子」は、歌の最後にアーチの下にならないよう
すばやくアーチをくぐり抜ける。
つかまった子は「親」の腕の中で揺さぶられる。

| コメント (4)

2012.01.13

ニュークリア

核は英語で
ニュークリア
それがどうしても
ニューキラー
に聞こえる

ニューキラー:新型殺人兵器

| コメント (0)

コサギのダンス

先日撮った野川での写真の最終回。最近は高速連写を使って撮影するので枚数が多く、あとで不要な画像を削除する作業がたいへん。それをトリミングしたり、明暗やコントラストを調整したりすると思わぬ時間を食う。野川はたまに行っても収穫が多いので、張り合いがある。ジョウビタキ、ツグミ、カモ類も少なかったのはなぜだろう。

Dsc_1466
バンの若鳥。成鳥はからだが黒く、嘴が赤い。

Dsc_1401
バンもクイナも同じ仲間。この脚なんかそっくり。

Dsc_1482
魚を追い立てるコサギ

Dsc_1495
嘴だけでなく頭を水につっこんでいる。

Dsc_1387
キセキレイ

Dsc_1530
アオジ♀

Kawa6
カワセミ♂

| コメント (8)

2012.01.12

モズ(鵙、百舌)

Mozu634モズというと、宮本武蔵が描いたというこの一幅の絵を思い出す。NHK時代劇「蝉しぐれ」のタイトル画面にも使われた。そのときの主題歌「遥かな愛」というのもよかった。普天間かおりが伸びのある声を聴かせていた。

モズは高い所が好きで、木のてっぺんなど止まって、孤高を気取っている。秋に里に下りてきたときは、キーッキッキッキッと空を切り裂くような鳴き声で縄張りを宣言する。肉食でスズメなどより大きい。だからモズが来ると、小さな野鳥は蜘蛛の子を散らすように逃げてゆく。悠々と高い枝にとまり、ゆっくりと長めの尾をまわす。小憎らしいくらい格好いい鳥である。

バードウォッチングをやるようになって、まだ身近にモズが見られることを知った。野鳥の生息地はひどく狭くなったが、注意をしていればけっこう見つかるものだ。先日野川で見たのはオスだが、モズのメスもとてもかわいい。愛くるしいというべきだろう。

→普天間かおり『遥かな愛』

Mozu3
モズ♂ 、世田谷区野川

Mozu1
モズ♂

Mozu2
モズ♂

| コメント (2)

2012.01.11

「クイナ、です」

Kuina1
ひそむクイナ

9日の野川ではクイナに出会うことができた。写真では背中の模様がきれいに写っており、オレンジ色の嘴も見える。しかし肉眼でクイナを見つけるのはなかなか難しい。第一、この鳥は用心深くてなかなか姿を現さない。だいたい、いつもアシの群生した湿地に入り込んでいる。鳥の影を見つけてカメラで追っても、こんどはアシの茎や葉が邪魔してなかなかいい写真が撮れない。その上、外に出てくるとけっこう動きが速いので、カメラを構えているうちにどこかにもぐりこんでしまう。なかなか手ごわい相手である。

Kuina2
歩くクイナ

大江健三郎の息子さんで、作曲家の大江光さんは知的障害があるが、音の記憶に関しては並はずれた能力を持っていたという。CDに録音された野鳥の声をみんな覚えてしまったそうだ。あるとき、父は軽井沢で6歳の息子が「クイナ、です」と言うのを聞いて驚いた。それが光さんが生まれて初めて発した言葉だったからだ。たしかめると、実際にクイナが鳴いている。そのとき光さんのずば抜けた音感を発見し、音楽の勉強を始めさせたという。大江家にとっては忘れられない鳥だろう。

Kuina3
泳ぐクイナ

クイナは水鶏と書き、その名の通り、湿地帯を好む。むかしは田んぼにたくさんいたらしい。文部省唱歌「夏は来ぬ」には、なんと、その4番と5番の歌詞にクイナが出てくる。それだけ身近にいた鳥なのだろう。なんとかクイナの姿を見ることはできたが、まだその鳴き声は聴いていない。その大きさからして、あまりきれいな声ではなさそうだが。

夏は来ぬ
(佐々木信綱 作詞 小山作之助 作曲)

卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ

楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ

夏は来ぬ

| コメント (11)

2012.01.10

冬晴れの野川

Nogawa
野川の冬景色、1月9日(成人の日)

休日なので久しぶりに野川に出かけた。寒いがいい天気なのでカメラマンも多い。鳥見の先輩の助言のおかげで、カワセミ、クイナ、バン、キセキレイ、セグロセキレイなどを見ることができた。なかでもクイナは3年ぶりぐらいのご対面である。アシの中に隠れていて、たまにしか顔を出さないのでなかなか見つからない。出てくると、これが意外に動きが速いのであわてる。アシが邪魔になっていい写真が撮りずらいのも難点である。

Kawa3

Kawa1

Kawa2

Kawa4
小魚を捕り、枝に打ち付けて気絶させようとしている

Kawa5
トビモノは難しい

はじめて
君のホバリングを
見たときの興奮は
いまでも
再現できるよ

| コメント (5)

2012.01.09

コゲラ

Kogera4

朝、庭でコンコンと木を叩く音がした。それが連続的に聞こえるのでコゲラがいるらしい。周囲を見渡すと、柿の木にコゲラがいた。柿の木の皮にいる虫をつつき出して食べているらしい。柿の木は枝が多く、コゲラは動きが速いのでなかなか写真に撮りにくい。しかし、今朝は少し粘ってきれいな写真をものにすることができた。キツツキの中でいちばん小さなコゲラはじつに愛嬌のあるやつだ。

Kogera3

Kogera1

Kogera2

真剣に
生きている
コゲラを見ていると
なにか
心を打たれる

| コメント (3)

2012.01.08

新年五行歌会(関東合同)

P1160619
関東合同新年五行歌会(1月8日、於いて市ヶ谷レインボーホール)

1月8日は午後1時から、関東合同新年歌会があった。関東地方の歌会だけでなく、静岡や長野の歌会からも参加者があって、140人ほどが集まった。会場に入ってまず気がついたのは、男性がかなり増えたなという印象である。これは五行歌がホンモノとして認識されつつある証拠ではないだろうか。女性はだいた情緒的だから「あらいいわね」でとびつくが、男性は冷静というか疑り深いからそう簡単には仲間に入ろうとしない。男性が増えたということは、五行歌のよさが理解されてきたことを示していると思われる。

草壁えんた主宰は、あいさつで「七五調のメロディーから抜け出し、新しいものを生み出そう」と説いた。七五調の歌はそのメロディーが哀しい。それを超えて、活力ある歌を書こうというのだ。五行歌ならそれができるというのである。

全員の自己紹介のあと、十人ずつのグループで小歌会を開いた。前もって提出しておいた各自の五行歌を互いに評価し合うのである。最初に目を通してあまり印象に残らなかったうたが、こんどはとてもいい歌に見えてきたりするから不思議だ。人間の心の感受性というものは、きわめて不安定である。それだけに自分の歌をわかってもらうということは難しい。だから、わたしはいつも、歌の選はゲームのようなものだと思っている。

 義母(はは)の残した         今南道也(一席)
 釘字のメモを広げ
 女房が年の瀬に
 儀式の如く
 黒豆を煮る

 母の笑顔は               守谷美智代(二席)
 大きな拡大鏡
 子の小さな喜びさえも
 何倍にもして
 写し出す

 田畑を家を               中込加代子(五席)
 愛する人までさらったのに
 今朝の海は
 そうしてこんなに
 美しいのでしょう

 ようやく                 音羽ゆき(印象歌)
 気がついた
 いやなことを
 さらりと忘れるのも
 才能だ

 日本より                 ripple(わたしの歌)
 ブータンのほうが
 幸福だという
 物カネじゃ
 ないんだよなあ

歌の締め切り間近にブータン国王夫妻が来日していたので、ほとんど即興で歌をつくった。日本人よりブータンの人のほうが、とやるべきだったろう。歌としてはあまり面白くないものになってしまった。何か具体的なものを載せるべきだった。

歌会のあとは、飯田橋駅そばの「素材屋」という居酒屋で懇親会。2時間半ほど、いろんな人と歓談した。人はみんな違う。だからこそ、人との出会いは面白い。五行歌という共通の話題があるから、よけい楽しい。ほろ酔い加減の頬を冷たい風がなぞる。

| コメント (4)

2012.01.07

青いターバンの女

Pic4
フェルメールの「青いターバンの女」

この人
どこかで
見たことがある
そう思わせてしまう
画家の腕

| コメント (4)

2012.01.06

ビル工事

P1160611

かわしんの裏のほうに新しいビルができる。7階建てのマンションらしいが、いま地下部分を掘って底盤を打ち、これから鉄筋を組むところだ。業者が図面を確認しているようだ。上からはクレーンで鉄筋が降ろされる。工事期間は一年ほどだが、しばらくは工事の騒音に悩まされそうだ。それはそうと、また空が狭くなる。

新しい建物は
競うように
上に伸びる
空が
どんどん狭くなる

| コメント (0)

2012.01.05

アオゲラ

日本民家園に行くとき、野鳥がいるかもしれないと望遠レンズを持って行ったが、閑古鳥ばかり。ただ一度、たまたまカツンカツンと音がしたので振り向くと、アオゲラが朽ちかけた木をつっついていた。虫をとっているらしい。 距離は近いが、枝が邪魔してきれいな写真は撮れそうもない。やっと証拠写真を納めた。ことしの初撮りはアオゲラということになった。

Aogera2

Aogera

| コメント (6)

2012.01.04

むかしの遊び

P1160594
日本民家園

生田緑地の日本民家園でお正月の催し物があるというので自転車で行った。年間パスポートを買ったが、今年の11月からは65歳になるので川崎市民なら無料になるそうだ。いわゆるシニアである。映画も半額になるらしい。ありがたいやら、悲しいやら。

P1160487
餅つき、こねる

P1160513
子ども餅つき体験

白川郷の建物の前の広場ではお餅つきが行われていた。子供の餅つき体験などもあり、搗いたお餅はみんなに振る舞われた。お餅つきはとにかく盛り上がるものだ。その先の佐々木邸では羽根つきや独楽まわし、おはじきや折り紙などを教えていた。わたしも独楽を回してみたが、子どものころのようにうまくはいかなかった。羽根つきもなかなか羽子板に当たらない。年ですかな。

P1160538
独楽まわし

P1160558
おてだま

P1160572
折り紙

P1160573
福笑い

ある民家では囲炉裏を囲んでの昔話が披露された。遠野生まれの遠野育ちという語り部さんが、いろんな昔話を聞かせてくれた。最後はみんな、どんと晴れ。

P1160596
昔話

Dsc_0940
遠野の語りべ

| コメント (7)

2012.01.03

寝正月

P1160448

どこにも
出かけず
寝正月
こんな年が
あってもいいな

東洋大駅伝優勝
あの悔しさをバネに
がんばりました
そうだろう
そうだろう

| コメント (2)

2012.01.02

「五行歌」誌、投稿歌(新年号)

P1160478_2

最近の赤ちゃんは
なんとなく
大人びている
世の中の変化が
早いせいかな

赤唐辛子は
魔女の
マニキュア
いまにも
血が滴りそう

むかしは
味噌や醤油を
よく借りに行った
いまでは
コンビニがある

スプーン一杯の
蜂蜜を集めるのに
ミツバチは
どれほどの距離を
飛んだいるのだろう

朝日に夕日
出会いに別れ
いつも
境目に
ドラマがある

電車の中
となりの若者が
ケータイの
ごま粒みたいな文字と
格闘している

| コメント (0)

2012.01.01

謹賀新年

Hana
妻のフラワー・アレンジメント、お正月。

カレンダーを
めくるように
心を
まっさらにして
新年を迎える

| コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »