« チャイナ・シンドローム | トップページ | 招かれざる客 »

2011.12.15

イチョウ散り始める

P1160296_2

今年は
氏神さまの
公孫樹が
師走も半ばになって
散り始めました

P1160298

P1160291   P1160293   P1160302   P1160301

« チャイナ・シンドローム | トップページ | 招かれざる客 »

コメント

公孫樹の黄葉が
進みながら
散っていく
そんな身勝手な散り方
駄目だよ

投稿: 荒野人 | 2011.12.15 20:44

★荒野人さん、

完全に
黄色くなれないまま
公孫樹の葉が
散る年
震災の年

投稿: ripple | 2011.12.16 08:56

日当たりのよい場所では
まだ色づいていない葉も多いですね。
散らないで頑張る葉もいそうですが
必ず新旧交代はして季節が変わりますね。

投稿: あおむし店長 | 2011.12.16 15:44

★あおむし店長さん、
12月半ばをすぎても公孫樹の葉が残っている
というのも珍しいのではないでしょうか。
黄緑のまま散るのもありそうです。
あ、ことしは銀杏ひろいをしなかったなあ。

イチョウは手品師、恋のピエロ~っと。

投稿: ripple | 2011.12.17 15:51

我が家の近くに銀杏通りがあって
いつも写真をと思いながら大体車中なので
撮らないまま黄葉が道路の端をうめ尽くして
います。

去り行く年ですね。

投稿: kei | 2011.12.18 13:07

★keiさん、
黄色の銀杏並木はきれいですね。
聞いた話ですけど、イチョウとアジサイは
非情に燃えにくい植物だそうです。それで
お寺や神社に多いそうです。

投稿: ripple | 2011.12.19 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャイナ・シンドローム | トップページ | 招かれざる客 »