« 有終の美 | トップページ | 夏みかん »

2011.12.13

初冬の晴れ間

P1160170

初めて会った
ときのよう
もみじの下に
頬を染めて
はにかむ君

« 有終の美 | トップページ | 夏みかん »

コメント

君の手を
押し戴いて
口づける
甘い香りに
酔いしれて

投稿: 荒野人 | 2011.12.13 16:53

★荒野人さん、
愛を打ち明けるには、もみじの下などというのも
いいのではないでしょうか。背景がいいですね。

投稿: ripple | 2011.12.13 17:39

もみじの葉は
燃える色に染まる
気がつけば
私の心も
もみじ色

投稿: おしゃれな猫 | 2011.12.13 20:31

★おしゃれな猫さん、

赤は
血の色
火の色
私の
いのち

投稿: ripple | 2011.12.15 14:59

身は不安
浮き世の月を
ながむれば
浅はかなりし
人のさがかな

投稿: あがさクリスマス | 2011.12.23 04:00

★あがさクリスマスさん、
はじめまして、書き込みありがとうございます。
ずいぶん洒落たハンドルネームですね。
月をそのまま月と見ることができず、
人は寂しさの象徴のように見てしまう。
それが自分の心の投射だと知らずに。
それがまた人間的でいいのでしょうね。
ーだって人間だもの。(^-^)

投稿: ripple | 2011.12.24 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有終の美 | トップページ | 夏みかん »