« わたし | トップページ | キンモクセイの香り »

2011.10.06

もってのほか

P1130213
もってのほか(食用菊)

名前の由来
①天皇の御紋章である菊をたべるなんて、もってのほか。
②もってのほか(おもいのほか)おいしい。

食用菊
モッテノホカが咲いた
酢の物にしたら
しゃきしゃきして
箸がすすむ


« わたし | トップページ | キンモクセイの香り »

コメント

なんでこんな名前がついたのでしょう~
きっと理由があるのでしょうが
楽しい名前ですね。

投稿: namiko | 2011.10.06 14:57

★namikoさん、
この夏、出羽三山に行ったときガイドさんが
説明していました。天皇家の御紋章である菊
の花をたべるなんて、ということで「もって
のほか」と言われたそうな。もう一つは、
思ったよりの意で「もってのほか」美味しい
と言う言葉からきているそうです。

投稿: ripple | 2011.10.06 17:29

タイトルをみて
むむ・・・どんなお話?と思いましたら
秋を感じる花が・・・
言い伝えや花言葉
植物から教わる事沢山ありますね。

投稿: あおむし店長 | 2011.10.07 11:23

★あおむし店長さん、

花をたのしみ
味をたのしみ
一石二鳥の
むらさきの菊
もってのほか

投稿: ripple | 2011.10.07 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたし | トップページ | キンモクセイの香り »