« 百舌のもの真似 | トップページ | 横浜でストロンチウム検出 »

2011.10.13

畑のコスモス

Cosmos5

畑のそばに
コスモスの
種を蒔いたら
りっぱに育った
栄養満点

« 百舌のもの真似 | トップページ | 横浜でストロンチウム検出 »

コメント

こんにちは^^

畑の栄養を
ちゃっかり
いただいて
豊作色になった
コスモス

肉厚な花びらでしょうか?
色も濃いですね~

投稿: おしゃれな猫 | 2011.10.13 15:27

秋らしくなってきましたね。
なぜか夕暮れ時のコスモスの姿
とてもお気に入りです。

投稿: あおむし店長 | 2011.10.13 16:28

★おしゃれな猫さん、
あちこち種を蒔いてみたのですが、
やはり畑のコスモスがいちばん元気です。
そう、花も大きく、色も濃いですよ。
西洋版なでしこですね。

★あおむし店長さん、
コスモス自体が可憐で、どこか弱い、
かなしい素振りをしますね。かぜに
揺らぐ姿など、支えたくなります。
これは朝の写真ですが、逆光なんか
もきれいですね。

投稿: ripple | 2011.10.13 16:54

さだまさし「秋桜」の歌詞で、秋の日と、小春日和は季節が違うと、一緒にするのはオカシイと言う人が居るらしい。

どうでも良いことですね。名曲です。

投稿: | 2011.10.14 16:55

★名無しさん、
小春とか小春日和は、陰暦の10月の暖かい日をさす、
ということです。ただ陰暦では10、11、12月は冬
なので、この季語は冬ということになりますね。
陰暦10月はいまの11月ごろにあたり晩秋です。
だから小春日和を秋に使ってもいいかもしれません。
女房がこの歌をよく歌います。(^-^)

投稿: ripple | 2011.10.14 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百舌のもの真似 | トップページ | 横浜でストロンチウム検出 »