« なでしこ3連勝 | トップページ | 名画「紳士協定」 »

2011.09.06

治せ! アトピー性皮膚炎

録画しておいたNHKの「アサイチ」を見た。特集「治せ!アトピー性皮膚炎」と題して、しつこいアトピーをなおす方法を伝えていた。子供のアトピーが3~4日できれいになる実例を見て、おどろいた。ひどい大人の汗疱状湿疹も9日でかなり改善している。そのカギはスキンケアだという。

Atopy

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は一種のアレルギー疾患で、ダニ、ホコリ、食べもの、ペットなど、皮膚を刺激する“悪化要因”が知られている。これまでは、そういう悪化要因を避けることに重きが置かれていた。

皮膚のバリア
ところが最近、「皮膚のバリア」という視点が脚光を浴びている。皮膚をすべすべにし、バリアを張ることで、アトピー性皮膚炎の悪化要因を防ごうというのである。そのスキンケアの方法をまとめると、

  1.きめ細かい泡で洗う
   (洗剤と水をペットボトルやビニールの袋に入れて強く振るといい)
  2.手で優しくもむように
   (強くこすらない。皮膚についた洗剤をきれいに洗い落とすことが大切)
  3.入浴後の保湿剤
   (治ってきても、根気よく続けるのがコツ)

P1110828

ステロイド剤
アトピー性皮膚炎になると、まず処方されるのが『ステロイド薬』だ。ステロイド薬には、「危ない」「怖い」といったイメージがつきまとうが、体内で作られる副腎皮質ホルモンを人工合成したもので、外用のステロイド剤の副作用は小さい。体内に蓄積することもないし、皮膚が黒くなるというのも誤解である。こわがって十分な量を塗らないと、治療が中途半端になり、皮膚炎がいつまでたっても治らない。
  ゲスト:大矢幸弘(国立成育医療センター・アレルギー科)

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/09/05/01.html

アトピーが
きれいになる
方法があるという
まずは
実践だな


« なでしこ3連勝 | トップページ | 名画「紳士協定」 »

コメント

ステロイド剤そのものでなく混合の塗り薬を
使用しましたが、両太もものまわりが茶のパサパサになって、少しは運動にプールへと思ってもちょっと気になる副作用です。アトピーで使用したのでなく、抗がん剤の副作用の湿疹のかゆみを抑えるために使ったのですが、元に戻るのに半年以上かかるとか。

飲むほうのステロイドの使用は医者も非常に
慎重です。

投稿: kei | 2011.09.06 15:57

子供のころアトピーでしたが
治った!と思って安心していましたら
中年になって復活しました(涙)
スキンケア本当に大事ですね!
ゴシゴシ洗いたくてもやさしく・・・

投稿: あおむし店長 | 2011.09.06 17:07

★keiさん、
番組では、ステロイド剤はある程度の量を塗って、
炎症を抑えないとズルズル長期にわたって皮膚の
炎症がとれないとのことでした。
スキンケアが侮れないことを知りました。(^-^)

★あおむし店長さん、
アトピーやアレルギーになる人は、環境の変化に
敏感なのでしょうね。センサーがよすぎるのです。
というか、不自然なものが多すぎるというべきでしょう。

投稿: ripple | 2011.09.06 18:35

僕もアレルギー湿疹を持っています
アトピーではないのでかゆみはまったくありませんが
発症してから40年も経ちます、未だに全快していません
ステロイドも一番強力な奴を30年間使いましたね
ま、僕の場合副作用はほとんどありませんでした
(月に5g5本使用)

今は温泉が効きます
温泉でも肌に強力な泉質・・・強塩化物泉、硫黄泉が良いです
温泉に年中、入っていると湿疹はほとんど消えますね
最近は不景気であまり温泉に行けないので
少し出ていますが・・・

投稿: ブル | 2011.09.06 21:12

息子もアトピーで苦労しています。本人によると、埃や花粉だけじゃなくストレスも大いに関係しているということです。確かに就活等で大変な時期は最悪の状態でした。

投稿: エノコロ | 2011.09.07 22:02

★ブルさん、
ステロイドは塗り方が重要ですね。
こわがってケチるといつまでも治らない。
くわしく知ればどうってことはないのに。

温泉はいいですね、最高です。
難病の国立病院などはみんな温泉地にあります。
とくに皮膚病は目に見えてよくなりますね。
できれば「湯治十日」といきたいものです。

★エノコロさん、
ストレスは大きいですね。
学校の先生でアトピーの方がみえていますが、
徹夜などするとてきめんに出ます。
スキンケアが大事のようです。

投稿: ripple | 2011.09.08 09:34

ステロイドはできる限り使わないことが肝要です。
そもそも、ステロイドはあのナチが使った毒ガスから生まれたものです。

幸いぼくの係累にはいませんけれど、友人には何人かいます。

さまざまな処方を試みているようです。
それ自体が人生の闘いの重要な部分になっているようで、傍にいる僕たちも辛いものがあります。

紛い物の処方もあって、だがしかし藁をも掴む思いの方隊が多いと思います。
こうした放送が正しく伝わっていくことは大切ですね。
番組を見ていないぼくですが、参考にさせていただきます。

投稿: 荒野人 | 2011.09.08 16:41

★荒野人さん、
ステロイドは副作用もつよいが、
難病の福音でもありますね。
一にも二にも使い方でしょう。
スキンケアは勉強になりました。

投稿: ripple | 2011.09.08 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なでしこ3連勝 | トップページ | 名画「紳士協定」 »