« 涼風 | トップページ | 右肩の激痛 »

2011.08.02

駅名案内板

P1110605

はっきりしない空模様である。昼休みに用事があって溝の口に行った。もちろん、JR南武線を使った。帰りにドア側に立っていると、久地の駅で左側のドアが開き、目の前に駅名看板が見えた。とっさに写真を撮った。どうも最近、この看板を目にすることが少なくなったような感じがしたからだ。新しい駅名案内板に変わったのかと思って、次の宿河原駅と登戸駅でこの看板を捜したが、見つからなかった。撤去されてしまったらしい。

この写真でも左側に縦書きの駅名板があるように、小さなのはあるが、こういう立派なのはない。この駅名看板は、おそらく国鉄のころ全国的にデザインを統一して作られたものだろう。地方の駅でも見かけたように思う。白黒で飾り気なく、やわらかい平仮名の文字がいい。素朴で懐かしさあふれる看板である。

思いっきりモダンな
駅名案内板がふえた
それだけに
旧国鉄の白黒看板が
郷愁を誘う


« 涼風 | トップページ | 右肩の激痛 »

コメント

なかなか、趣がありますね~。

投稿: geotech | 2011.08.02 16:42

そうだったね
昔はそうだったね

言う事柄が増えて
年輪を重ねる喜び

投稿: 荒野人 | 2011.08.02 17:08

懐かしいですね。
そういえば、最近は見かけません。
来週は実家へ帰ります。故郷の駅は変わったのかなぁ・・・

投稿: おしゃれな猫 | 2011.08.02 17:49

★geotechさん、
小津安二郎の映画に出てきそうでしょう。

★荒野人さん、

過去を懐かしむのが
年寄り
未来を夢見るのが
若者
その通りですね

★おしゃれな猫さん、
実家はどちらですか。
世の中が複雑になればなるほど、
こういう単純明快さがいいですね。

投稿: ripple | 2011.08.02 17:56

中野島にもまだ残っていた記憶があるのですが
すでに撤去されていますか??
かなり味わい深かったのですが・・・・

投稿: あおむし店長 | 2011.08.02 23:31

 あー、全然気づかなかったです。
そうですよね、昔はみんなこうでした。
なくなっちゃうのは寂しいですね。
まぁ、変わっていくのが世の常ですけど。

投稿: ぐん | 2011.08.03 10:17

そう言われてみると見ないですね
この看板、懐かしいです。

南武線から見えた梨畑が思い出されます。

投稿: namiko | 2011.08.03 14:10

そういえば見かけなくなりましたかねぇ。昔の久地住人個人として、別の意味でも懐かしい~後ろは「かまど」ですね!

投稿: エノコロ | 2011.08.03 15:58

昔の国鉄・・・懐かしいな
子供の頃、僕の家の近所の保土ヶ谷駅で
よく貨物の列車の切り替えをやっていたな
夕方、よく見に行きました

投稿: ブル | 2011.08.03 17:38

★あおむし店長さん、
たぶんまだ残っている駅も多いでそうが、
いわゆる、絶滅危惧種になるでしょう。

★ぐんさん、
むかし秋田に鈍行夜行列車で行きましたが
やはりうこういう案内板だったと思います。
シンプルなのがいいですね。

★namikoさん、
こういう駅名表示にはチョコレート色の電車が
似合いますね。床は木製で油臭くって。(^-^)

★エノコロさん、
さすが、そのとおり「かまど」です。
アナウンスがクジ↑と尻上がりになるのが気になりました。

★ブルさん、
夜行列車だの、地方の鈍行だの、国鉄時代の
なつかしい思い出はたくさんありますね。
踏切番なんていうのもいましたねえ。

投稿: ripple | 2011.08.04 09:10

懐かしいです!この駅の、この看板の所で停まるドアから乗ってね♪とよく約束したものです。ひらがなの「くじ」「つだやま」「しゅくがわら」…が優しさを感じますね!高校3年間毎朝久地を通って通学しました。「久地~久地~」とアナウンスがある度に心の中で「でも今は八時~」と笑っていました。あれから半世紀近く、今度は息子がどらえもん電車に乗っています。無理に撤去せず残して欲しいです。

投稿: ベル」 | 2011.08.10 16:17

★ベルさん、
くじのアナウンスのイントネーションが尻上がり
なのが気になりました。わたしたちは尻下がりに
発音していましたから。

このあいだも親類と話をしていて「くじに食事に
行く」といったら、9痔と勘違いしていました。
きくな、みたいな名前ですね。

投稿: ripple | 2011.08.11 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼風 | トップページ | 右肩の激痛 »