« 稲穂ゆれる | トップページ | 月が赤く見えるのは »

2011.08.26

蚊はなんでいるの?

蚊はなんでいるんですか? 
きょうの子供科学電話相談のひとつ。蚊に刺されると痛いし、痒いし、腫れたりする。病原菌も運んだりする。なぜ蚊がいるんですか? 子供は知識がないぶん、常識にとらわれないから面白いことを考えるものである。大人は蚊がいるのは当たり前だと思うから、こんな質問はまずしない。

矢島先生の回答。
じゃあ、もし蚊がいなくなったらどうなるだろう? たしかに人間は蚊に刺されなくなるし、病原菌が広まるのも防げるかもしれない。でも蚊を食べるものがいるだろう。たとえば、トンボとか肉食系の昆虫たちだ。それらが生きていけなくなっちゃう。そうすると、それをエサにている鳥や大きな生き物がこまる。アリなんかも困るかもしれない。自然界には食物連鎖というのがあって、食べたり食べられたりして生態系が維持されている。だから、蚊も大切な役目を果たしているんだよ。

世界各地で、それこそ数秒に一種のスピードで、絶滅危惧種が消えていると聞く。人間の自然破壊が種の多様性を減らしているのだ。これはじつに恐ろしいことである。

蚊も
トンボも
カワセミも生きている
地球は
人間だけのものではない


« 稲穂ゆれる | トップページ | 月が赤く見えるのは »

コメント

その通りですね。

これはラジオの相談室ですか?
昔、よく聞いたように思います。
子どもらしい質問に答える先生は大変ですね^^

投稿: おしゃれな猫 | 2011.08.26 22:27

★おしゃれな猫さん、
NHKラジオで夏休みだけやってます。
きのうが最後でした。
大人にもためになる番組です。
あとで赤い月についてもアップします。

投稿: ripple | 2011.08.27 08:57

初めてのコメントです
蚊とかハエとかは何故、
いるんだろうと
よく考える事があります。
自然界の食物連鎖ですね・・
自然には不必要なものなど
ないんですね・・

投稿: inosann | 2011.08.28 19:15

★inosannさん、
コメントありがとうございます。
わたしはこんなこと考えたことがありませんでした。
子供は面白いところに興味を持つものですね。
はい、食物連鎖だそうですよ。(^-^)

投稿: ripple | 2011.08.29 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲穂ゆれる | トップページ | 月が赤く見えるのは »