« 出羽三山参り:月山と羽黒山 | トップページ | 本地垂迹説 »

2011.08.19

出羽三山とは

Map1_3ほとんど予備知識を持たずに出羽三山のお参りをしたが、一体どのへんにあるのだろう。左の地図は東北地方を示したもので、緑色の部分が山形県である。 その左上の赤丸あたりに出羽三山がある。 鉄道で行くと最寄りの駅が鶴岡になるから、もう日本海に近い。おしんで有名な酒田も近い。三つの山はもっと離れて点在していると思ったが、意外に近くにまとまっている。

推古天皇の時代、蜂子皇子は父崇峻天皇が曽我氏に殺されたため、出羽の国に逃れた。難行苦行の末、霊鳥八咫烏(やたがらす)に導かれて、593年、羽黒山に寂光寺を開いた。さらに605年、月山および湯殿山を開く。のちに月山・湯殿山を羽黒山に合祀し、羽黒三所大権現と称した。

月山 1984m
山形県中部にある楯状火山。頂上に月山神社の社殿がある。
天照大御神の弟神の月読命(つきよみのみこと)を祀る。

湯殿山 1500m
山形県中部、月山の西に連なる火山。火口底で炭酸鉄泉を湧出し(湯滝)、酸化鉄が沈殿した岩塊(霊岩)を信仰の対象とする。湯殿山神社は、大山祇命(おほやまつのみこと)他二神を祀る。

羽黒山 414m
山形県庄内平野南東にある山。山頂に出羽(いでは)神社があり、いではのみこと等二神を祀っている。月山と湯殿山は冬季の参拝が不可能なため、羽黒山に三山の神々を合祀している。

Dewa09
羽黒山出羽神社

出羽三山神社は、元来は自然崇拝、山岳信仰の古神道に源を発する。しかし平安初期に仏教の影響を受けて神仏習合時代に入り、明治維新まで、真言宗、天台宗などを奉じた。この間、月山は阿弥陀如来、湯殿山は大日如来、羽黒山は観音菩薩の霊場であるともされた。

羽黒山で現世利益を願い、月山で来世の極楽浄土を乞い、湯殿山で功徳を得て再生することを祈るという。この生まれ変わりの思想が出羽三山信仰の根幹をなしている。

神仏習合とは
ややこしい
ただ
もったいないと
頭を垂れる        頭:こうべ

« 出羽三山参り:月山と羽黒山 | トップページ | 本地垂迹説 »

コメント

ブログが更新されてないなと思っていたら
夏休みでしたか。

>ただ
>もったいないと
>頭を垂れる

rippleさんらしいですね。
お出かけになるところも。

投稿: kei | 2011.08.21 10:22

★keiさん、
一泊の旅でしたが、新幹線を使うのでその割にらくでした。
日本もまだ知らないところがたくさんありますね。
こんどは戸隠か高千穂に行きたいと思っています。

投稿: ripple | 2011.08.21 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出羽三山参り:月山と羽黒山 | トップページ | 本地垂迹説 »