« 痛み和らぐ | トップページ | 原爆を語り継ぐ »

2011.08.04

8月号投稿歌

ただ
物事があり
心が
美醜を
分けている

あなたの
ここが嫌い
と言ってくれた人
今では
恩人にさえ思う

ありがとう
ということば
言うほうも
言われるほうも
気持ちがいい

牛若丸が弁慶を
いなすように
なでしこジャパン
大柄肉食人種を
きりきり舞い

欅の天辺で
メジロが
さえずっている
小さなからだを
まるごと楽器にして

人間は
いつでも発情期
そのことを
ひそかに
ありがたいと思う

« 痛み和らぐ | トップページ | 原爆を語り継ぐ »

コメント

一番上の五行歌が心に止まりました。
いつも自分の顔つきには注意していますが
黙っていても醸し出す雰囲気がありますから。。
自然体になるのが目標ですね。

投稿: ミモザ。 | 2011.08.05 10:11

★ミモザさん、
物事の美醜、善悪などはこころが決めるもの。
だからこころを美しくしなければなりませんね。
万物に神の力が働いていると感じられるように
なったらしめたものだと思います。

物事を
美しく見るには
美しいこころを
つくること
精進しましょう

投稿: ripple | 2011.08.05 11:02

おはようございます^^

美醜を判断する「心」を持ちたいと思いますし、
子どもたちにもそうであって欲しいと思います。

投稿: おしゃれな猫 | 2011.08.06 08:37

★おしゃれな猫さん、
物事を冷静に見る目を養いたいものですね。
感謝できればできるほど幸せになるでしょう。

投稿: ripple | 2011.08.06 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛み和らぐ | トップページ | 原爆を語り継ぐ »