« マチルダ | トップページ | かゆいところにはお灸をすえる »

2011.08.11

中二の女の子

中二の女子生徒が二人みえた。ともにバドミントンをやっている。ひとりは左腰が、もうひとりは左肩が痛いという。腰痛の子の母が一度の鍼治療で具合がよくなったので連れてきたのだ。腰痛の子は体型は細めなのに腰の筋肉が異常に発達している。からだのわりに筋肉が付きすぎている感じがした。そうとうバドミントンに入れ込んでいるのだろう。明日は県大会に出るという。あまり強い鍼だと明日試合に出られないので、少し控えめに鍼をした。左骨盤の後傾斜がつよいので、それも矯正した。帰りにはだいぶらくになったようだ。

もうひとりは左腕が水平位ぐらいまでしか挙がらない。それ以上は痛くて顔をしかめる。背中が丸いので両肩が閉じている。それで肩関節がずれるのだ。カウンターストレインで矯正する。それから左の腕神経叢に細い鍼を打ち、10分ほど低周波をかける。胸鎖乳突筋、上腕二頭筋、内転筋などを緩めると、左腕はらくに挙がるようになった。治療と予防を兼ねた肩回し体操をするようにすすめる。この子は小学校の頃から空手やサッカーをやっていたので、手足の筋肉がよく発達している。

Hotp_2昨今、ホットパンツが流行していて太ももむき出しにして闊歩する女性が目につく。その多くは足が細く、スタイルもいい。なかには脚が細い枝のようで、転べはポキッと折れてしまいそうな子もいる。細くて長い脚はかっこいいが、それも限度がある。あまり細いのは将来が心配だ。若いときにはしっかり筋肉をつけておくべきだろう。その足で一生からだを支えていかなければならないからだ。その意味で、この二人のバドミントン部の女の子は頼もしい。筋力があれば、少しぐらいからだを傷めても回復が早い。サッカーの「なでしこ」たちも見習ってほしい。

« マチルダ | トップページ | かゆいところにはお灸をすえる »

コメント

薬のせいと
思うが
両膝がかくんとなって
くずれそうになる
運動不足も原因か

投稿: kei | 2011.08.12 04:43

★keiさん、
髪の毛が抜け落ちるような強い薬をつかえば、
筋肉に力が入らなくなるのも当然のように思えます。
神経系にもかならず影響がおよぶのでしょう。
keiさんの場合、運動不足はないでしょう。

投稿: ripple | 2011.08.12 09:28

最近は超短い半ズボンの女の子が多いですね
中には半ケツ出している子もいます
おっしゃるとおり、最近の子は皆スタイルが良いですが
運動不足でしょうね、地面に座り込んでいる若者が多い
僕らの若い頃、地面に座り込むなんてなかったですよね

テレビゲームばかり熱中しているから、弱いのかな
ま、遊ぶ広場がないのも可哀想と思いますが・・・

投稿: ブル | 2011.08.12 11:06

★ブルさん、
欧米の食事が普及して、日本人も体格がよくなりました。
街を歩いても、電車に乗っても、170㎝がざらです。
女の子もスタイルがよくなったけど、脚は細いですね。
しゃがめないのは和式トイレがなくなったからでしょう。
足腰が弱くなりました。なんとなく、この国の足腰も。

投稿: ripple | 2011.08.12 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マチルダ | トップページ | かゆいところにはお灸をすえる »