« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.30

少車多歩

以前、寿福寺の掲示板に「健康十訓」なるものが貼ってあった。そのひとつ「少車多歩」というのを覚えていたので、ネットで検索してみた。これは江戸中期に、横井也有(西暦1702-1782)という尾張の俳人が書いたものらしい。現代人はほとんど反対のことをやっているのではないだろうか。ところで、当時の車とは人力車のことだろうか。

1.少肉多菜 (肉を控えて野菜を多く摂りましょう)
2.少塩多酢 (塩分を控えて酢を多く摂りましょう)
3.少糖多果 (砂糖を控えて果物を多く摂りましょう)
4.少食多噛 (満腹になるまで食べずよく噛みましょう)
5.少衣多浴 (厚着せず日光浴し、風呂に入りましょう)

6.少車多歩 (車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう)
7.少憂多眠 (くよくよせずたくさん眠りましょう)
8.少憤多笑 (いらいら怒らず朗らかに笑いましょう)
9.少言多行 (文句ばかり言わずにまずは実行しましょう)
10.少欲多施 (自身の欲望を控え、人々に尽くしましょう)

| コメント (11)

川崎市緑化センター

P1100702
夏を代表する花、サルビア。

P1100648
ひまわり畑。コスモスも咲いている。

水曜日、「たまりばーる」からの帰り、南武線の宿河原と久地のあいだにある「緑化センター」に寄った。山野草展が開かれていた。どこにも山野草の愛好家はいるものである。真っ赤なサルビア、各種のヒマワリ、アジサイなど、いろんな花が咲いている。芝生では親子がピクニックを楽しんでいた。暑いけれど、木陰ならなんとかしのげる。

P1100624
緑化センターの芝生でピクニックする母子たち

P1100621
名残りの花菖蒲

P1100610  P1100637  P1100642  P1100662

↑左から、ヤマモモ、ユズリハ、キウイの実、ルリヤナギ

P1100665  P1100675  P1100691  P1100697

↑左から、スモークツリー、ネジバナ、クマシデ、ノリウツギ

P1100634
ノムラカエデ(年中赤い)

木のあるところ
水のあるところ
花のあるところ
風のあるところ
暑い夏も楽しい

| コメント (2)

2011.06.29

オーガニック・ランチ

Msinet 先週は鎌倉へ行ったが、きょうは朝早くから草むしりをした。蚊がいるので、長袖に薄いレーヨンのズボン、それに麦わら帽子をかぶり、軍手をはめ、地下足袋ぐつを履く。コットンのズボンんだとしゃがんでいるときに股のあたりをいいように蚊に食われてしまうが、レーヨンのズボンは織り目がつんでいて蚊も刺せない。麦わら帽子の上には虫よけネットをかぶる。これで蚊取り線香や蚊よけ腕輪などをしなくてもだいじょうぶ。ただし暑い。1時間もやれば下着も長袖も汗が絞れるほどぐっしょりになる。草はいまがいちばん大変な時期で、ちょっと手を抜くと藪になる。

昼休みは、久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」に行った。夏向きの献立がうれしい。なにしろここは少しずついろんなおかずが食べられるのがいい。先週、地域新聞のタウンニュースに店主の記事が載ったので、いつもより忙しかったらしい。なにしろ隠れ家的な存在なので、流行ってほしいような流行ってほしくないような気持ちである。

1.じゃが芋の白胡麻カレー風味
2.赤玉ねぎのサラダ
3.人参の変わり白和え
4.手づくり豆腐
5.コーン入り平飼い玉子の出し巻
6.とら豆煮
7.高野豆腐の旨煮
8.キュウリの薬味味噌和え
9.きのこのおすまし

Tamaribar

どの料理にも
美味しいものを
食べてもらおうという
作り手の
心が入っている

| コメント (0)

2011.06.28

なでしこジャパン、NZに勝つ


先制点と失点

サッカー女子ワールドカップ予選で、なでしこジャパンがニュージーランドを2-1で下した。日本女子チームは世界ランキング4位だそうだ。でっかい肉食人種を相手にチョコチョコよく走る。パスもパスカットもうまい。むこうはやたらロングパスをゴール前に放り込んでチャンスをつくるが、日本のディフェンスも必死で守り抜いた。

これまでなるには相当しんどい練習を積み重ねたに違いない。女らしいとは言えないけれど一生懸命がんばる姿は胸を打つ。一つ一つていねいに戦ってもらいたいものだ。


決勝点のフリーキック

人生の
ある時期
死に物狂いで
がんばるのは
美しいことだ

| コメント (5)

にこにこマーク

Niko
黄色いプチトマトのにこにこマーク!

けさ台所で、妻が「キャー、なにこれ!」と嬌声をあげた。
「どうしたの」ときくと、「にこにこマークになってるの」、だって。
けさ採ってきた黄色のプチトマトの表面に傷がついていて、
それがまるでニコニコマークそっくりなのである。

指先でなでるとかすかに引っかかる。葉先でもこすれて傷が
ついたのかもしれない。しかしまあ、うまいことできたものだ。
これは黄色いプチトマトでこの段階で熟している。赤いのと
同じように甘くて酸っぱい。

畑の野菜は
意外な素顔を
見せる
自然は
画一でないから

| コメント (7)

2011.06.27

頭痛と灸

半月前から、右後頭部がずきずき痛むという患者さんを治療している。58歳の女性。MRIを撮ったが脳の異常もないという。交通事故の既往もないし、ヘルペスの様子でもない。仰向けで首の後ろを見ると、後頭部のつけ根の部分が硬くしこっている。これは後頭神経痛というやつだ。後頭神経痛にはお灸よく効く。

そこで、からだ全身を優しく揺すってほぐし首や肩、背中に鍼と温灸をする。それから痛む後頭部に水平に鍼を数本刺す。そのあと、髪の毛をかき分けて直接灸をした。髪の毛を左右に分けてヘアピンで留め、米粒の半分ぐらいの艾(もぐさ)を置いて線香で火をつける。最初は髪の毛で艾が浮いてしまうが、一回目で髪の毛が焼けるから、二回目からは頭皮に直接火が当たる。これを三回行う。痛むところを中心にツボを見つけ、5か所ぐらいに灸をすえる。

頭は表皮だけで真皮がほとんどないのであまりお灸が熱くない。頭蓋骨で覆われているから、夏の暑さも冬の寒さもかなり耐えられるのである。それが証拠に、ふつう頭は年中ものをかぶらずに過ごすことができる。このように神経痛が出ている場合は、とくに感覚が鈍くなっていることが多く、直接灸をしてもそれほど熱くは感じない。むしろ気持ちがいい。

一回の治療で半分ぐらい痛みがとれた。翌日も同様の治療を行う。お灸したところの痛みはなくなっているが、その周囲が痛いという。一日おいて三回目も、ほぼ同様の治療を行う。多少痛みはもどるが、だんだん痛む範囲が狭くなっていく。補助的に、右足のひざの裏のくぼみに鍼を刺し、低周波を通電する。こうすると足の刺激によって頭の痛みがやわらぐのである。5回でほぼ痛みはおさまった。

まだ首すじの後ろの緊張が残っているので、鍼のあととストレッチングを加えてほぐす。最初は首を持ち上げると、すぐ肩と背中も持ち上がってしまったが、いまでは首だけが起きるようになった。それだけ首の後ろがゆるんだのである。

今日は7回目の治療をしたが、きのう一日、痛みがほとんど出なかったというので、直接灸もしなかった。ていねいに首の右後ろの凝りにストレッチをかけてほぐした。あと2、3回からだをほぐせばほぼ完治ということになるだろう。鍼灸師といっても、ほとんど灸をしない人がいる。もったいない話である。灸はときに驚くほど効くものである。

頭の灸は
思ったほど
熱くはない
パーッと
霧が晴れる

| コメント (5)

2011.06.26

シニアナビ・オフ会@西麻布

シニアナビのオフ会があったので行ってきた。場所は西麻布の「浜焼太郎」なる居酒屋。東北地方の地酒などが用意され、多少とも被災地支援に協力するという企画だ。オフ会なるものに出席するのは初めてだが、何人かはナビのギャラリーやブログのコメント欄などで知っているので、それほど緊張することもなかった。年をとると相手を尊重することを第一に考えるようになるので、雰囲気もなかなかいい。また何度か席替えをして多くの人と知り合いになれるよう、スタッフが動いてくれた。

Snavi

大阪のしあわせさがしさん、広島のgeotechさん、長野の極楽蜻蛉さん、茨木のブラウニーさんなど、けっこう遠くから参加した人もいる。自己紹介で、わたしは五行歌の宣伝をした。がやがや喋っているうちに3時間が流れた。二次会はカラオケに行くということだったが、わたしは辞退。きょうは一日曇りだったが、雨にならず、気温もちょうどよくて助かった。

バーチャルが
リアルになる
瞬間が
たのしい
オフ会なるもの

| コメント (8)

ナイトバザール

Waku1

Waku4 

土曜の夜、登戸東通商店街で恒例の「わくわくナイトバザール」が催された。ほんの少し小雨がぱらついたが、いつもより人出が多かったように思う。震災応援も兼ねていたからかもしれない。お気に入りのハヤシライスとチキンサンドを買って食べた。商店街の人に会うと、「ふだんでもこのくらい人が来てくれるといいんだがね」と話していた。スーパーやコンビニに押されぎみなのである。

Waku2

Waku6

小学生がお店ごとに三人ずつ配置され、「子供店長」の札をつけて商売をしていた。おとな顔負けの商売上手がいる。社会科の勉強として実践させているらしい。横峰式の教育原理に、子供は競争したがる、子供はすこしだけ難しいことをやりたがる、というのがあるが、それをうまく発揮しているようだ。

Waku5

ひとは
お祭りが好きだ
おおぜいで
非日常の刺激を
楽しんでいる

| コメント (0)

2011.06.25

熱中症

夏は
熱中症に注意
わたしは
四季を通じて
五行歌熱中症

| コメント (2)

人間は

人間は
行為を見て
判断するが
神は
心を見ている

| コメント (2)

榊の花

Sakakihana
ホンサカキの花

白い小さな
榊の花が咲き
ミツバチが舞う
無心に咲き
無心に舞う

| コメント (0)

2011.06.24

ウサギゴケ

Usagigoke
ウサギゴケ

うさぎ苔なる
植物を見た
なるほど
ミニウサギが
跳ねている

| コメント (7)

人物風土記:金山悦子さん

Kanayamasanミニコミ誌「タウンニュース」の人物風土記という欄に、オーガニックカフェ「たまりばーる」の金山悦子さんの記事が載っていた。「たまりばーる」は、久地駅から登戸よりの踏切のそばにあり、わたしもよく利用している。一汁七菜ほどの和食が週替わりで出てくるユニークなお店である。

記事ではコミュニティカフェと紹介されているが、店では飲食のほかに、地域の人たちがつくった作品展や即売会がときどき開かれる。音楽会や朗読会、ワークショップなども開かれる。文字通り地域の交流場所になっている。とにかく一度は行ってもらいたいお店である。

こんなお店が
あったらいいな
そんなお店が
久地にある
カフェ「たまりばーる」

http://tamaribaru.exblog.jp/

| コメント (0)

2011.06.23

山あじさい@光則寺(鎌倉)

鎌倉ドライブのつづき。お腹がすいたので腰越の「しらすや」に行ったら、11時半だというのにすでに行列ができていた。そこですこし先の「かきや」に入った。わたしはアジのたたき、京子は静御膳を注文。静御前になぞらえたもので、シラスのかき揚げ丼におそばや煮物がつく。やはり海辺は魚が新鮮でうまい。思わずご飯をおかわりしてしまった。

Kousokuji012

つぎに長谷の光則寺に行った。長谷寺はアジサイが有名なので、そちらへ向かう歩道はあふれんばかりの人だった。ここには大仏もあるし、海も近いからサーファーも来る。それに外国人やツアー客、修学旅行生などでごった返している。光則寺に着いたが、ここも平日なのに人が多い。いつもの5倍はいる。会話を漏れ聞くと、どうやらテレビでここのアジサイが放映されたらしい。お参りをしてから庭を見学した。しかし、暑い。

Kousokuji013

Kousokuji016_2 Kousokuji017_2 Kousokuji018

Kousokuji019 Kousokuji020 Kousokuji021   

Kousokuji026 Kousokuji025 Kousokuji028

Kousokuji027 Kousokuji029 Kousokuji030

山あじさいの種類を楽しむのだったら、この光則寺が一番かもしれない。全国各地の愛好家から送られてくるらしく、それぞれユニークな名前がついている。山あじさいは鉢植えになっているが、暑さに弱いので地植えは難しいらしい。鉢植えにしておけば、涼しいほうに移動できるから育てやすいそうだ。

山あじさいの
花ときたら
もう
どうしようもなく
かわいい

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (9)

2011.06.22

ジャカランダの花@鎌倉

K03
鶴岡八幡宮

水曜日、鎌倉に行った。ぐんぐん気温が上がり、たちまち夏日になった。くしくも今日は夏至である。鎌倉は遠足や修学旅行の生徒たちや外国人、中高年のグループ、ツアー客などでにぎわっていた。アジサイが見頃なので、それがお目当ての人も多いことだろう。去年、風で倒れた大銀杏は暑さよけのためだろうか、寒冷紗がかけられていた。

K02
小学生の遠足、記念撮影

鎌倉に行ったのは、ジャカランダの花が見たかったからだ。おととし八雲神社のそばで偶然見つけたのだが、それはそれは美しい藤色の花だった。熱海に少しあり、あとは九州のほうにしかない花らしいが、たまたま私は個人のお宅の庭に咲いているのを見つけたのだ。インターネットで調べると、熱海のジャカランダはあまり花が咲いていないようだった。そして、お目当ての場所に行くと、やはり、こっちも花が少ない。一枝か二枝、咲いているだけだった。日本の気候では栽培が難しいのかもしれない。妻は「すこしでも咲いていてよかったじゃない」と私をなぐさめた。

K05
ジャカランダの花、葉はネムノキの葉に似ている。

K06
これだけ大きな木なのに、花は写真中央にわずかに咲いているだけ。

Jacaranda2
おととし同じ場所で撮った写真。このときは花が一杯咲いていた。

愛しの
ジャカランダに逢いたくて
いざ鎌倉
健気に咲く花を見て
ホッと胸を撫でおろす

| コメント (5)

2011.06.21

あしたは夏至

暑い
蒸し暑い
今年はじめて
エアコンを入れた
あしたは夏至

福島原発の
作業員のことを思う
防護服をつけて
大変だろうな
夜はよく眠れますか

| コメント (5)

イチロー

Ichiroイチローが
打てないと
こっちもつらい
よかった
また打ち始めた


| コメント (3)

2011.06.20

変わる

Kyoudo032

変わる
変わる
すべてが
うつろいゆく
紫陽花のように

| コメント (5)

2011.06.19

府中市「郷土の森博物館」

Kyoudo018

あじさいの名所をネットで調べたら、府中の「郷土の森博物館」というのがヒットした。府中の東京競馬場の近くだから、うちからは近い。パッソで20分ちょっとの距離だった。府中市は競馬場や工場があるので財政が豊かである。だからプールや市民館などの公共の施設も充実している。駐車場も大きく、しかも無料である。初めて行ってみたが、いっぺんで気に入った。あじさいはまさに見頃である。

Kyoudo010 Kyoudo016 Kyoudo044

Kyoudo021 Kyoudo014 Kyoudo033

最初に入った建物は府中尋常高等学校で、木造二階の校舎だった。二階の教室ではちょうどコカリナの演奏会が始まるところだった。もともとハンガリーのハト笛のようなものを改良して、木のオカリナということでコカリナと命名したそうだ。やわらかな音が懐かしい歌を奏でてくれた。教室は机と椅子が小さくて足が入らなかった。

Kokarina1
コカリナのミニ演奏会

Kokarina2 Kokarina3 Kokarina4    

敷地内には古民家や大正時代の建物などがあって、昔の暮らしが偲ばれるようになっている。そば屋や団子屋などもある。おくのほうは野川の上流が流れており、桜や梅、あじさいやハギなどの庭園になっている。水車小屋もあった。とにかく空間が広いのでゆったり見物できる。公園内のトイレもきれいでいい。

Kyoudo042
旧府中市役所

Kyoudo020 Kyoudo037 Kyoudo038

Kyoudo013 Kyoudo022 Kyoudo028

あじさいの
さまざまな
色や形を見て
おどろいて
ばかりだった

| コメント (3)

自然がつくるものは

P1100095
柏葉あじさい、葉っぱが柏の葉に似ている。

自然がつくるものは
ひとつとして
同じものはない
ふぞろいなのに
バランスがとれている

| コメント (4)

2011.06.18

ワイシャツの第一ボタン

Bottonいま、ラジオで聞いた話をしよう。ワイシャツのボタンホールは縦に切ってあるが、いちばん上だけは横に切ってある。なぜか? 自分のワイシャツを見たら、たしかに他はみんな縦についているのに一番上だけ横になっている。

答えは、一番上のボタンは首を絞めるところになるので、ボタンホールを横にして余裕を持たせてあるのだそうだ。多少首回りが太くなっても1㎝ぐらいなら融通がきくようになっているという。へ~え、そうだったんだ。

| コメント (6)

ふぞろい

Dokudami2

あまり均整が
とれていると
人工的になる
自然は
ふぞろいなのだ

| コメント (4)

2011.06.17

五行歌はすぐ詠める

Five_2
生涯
宮城弁の抜けなかった

老いた被災者の声に
思わず振り返る

子どもの頃
お菓子の空き箱は
宝物の箱だった
宝物を失くしたいまは
ただ棄てるだけの箱

けさの読売新聞の「暮らし・家庭」のコラムに五行歌のことが載っていた。五行歌・すぐ詠める、という見出しがついていた。 本郷歌会を取材したらしい。五行歌は着実に普及している。最近では小学校でも書かせているところがあるという。日常語で思ったままを綴れるのがいいのだろう。

| コメント (9)

2011.06.16

原発のウソ

Koike

小出裕章著「原発のウソ」、扶桑社刊。新聞に広告が出ていたので、きのう登戸の住吉書店で購入した。いきなり文庫版や新書版で出すのが今のはやりらしい。税込777円というのは優しい。いま妻が熟読中だが、合間に目次や文章を読んでみると、Youtubeで聞いた話と同じで非常に分かりやすい。講演を聴いているような感じである。小出先生は科学者なので曖昧なもの言いはしない。話は理路整然としているし、語尾もしっかりしている。ごまかしがない。本書の結論は、最終章のタイトル通り

   原発に未来はない

ということだろう。日本人必読の書である。こういう学者がいてくれたのが、ほんとうに救いである。わたし自身、いまも小出先生の動画はすべてチェックしている。

イタリアは
国民投票で
脱原発を決めた
日本も
悪魔とは手を切ろう

| コメント (8)

無縁社会

好きも
嫌いも
関わり合い
どうにもならない
無関心

人は
関わり合って
生きてゆく
こわい
無縁社会

してみると
昔の
世話焼きばあさんは
あんがい
貴重だったのだ

| コメント (2)

2011.06.15

しんゆり歌会(6月)

Hana
新百合ヶ丘の花屋さん、ひまわりのオンパレードだ。

小さな蕾を一枚一枚     神川(1席)
ほどき
少女は
ふんわりと花に
なってゆく

褒めてからけなすか     高岡(2席)
けなしてから褒めるか
これは
私の中で
永遠の課題である

神川さんの歌はダントツ。小さな蕾を一枚一枚ほどき、がうまい。改行のタイミングが独特だが、人それぞれである。高岡さんの歌も人気があった。「けなす」は強い言葉なので「しかる」のほうが無難化かと思ったが、女性群は子育てでいつもこのことを悩んだという。けっきょく、ケースバイケースという話になった。

ブルーベリーを        京子(3席)
毎日見にくる
ひよどり
食べごろの前に
私がいただきよ

プレゼントって             ripple(3席)
不思議
あげるほうも
もらうほうも
嬉しくなるもん

京子とわたしの歌は両方とも軽い歌だ。ヒヨドリが食べごろを待っているようだが、お先にいただいてしまった。ヒヨドリがかわいそうだよ、という声もあった。わたしは掲示板にレスを書いているときに浮かんだ歌で、ほとんど推敲もしていな。プレゼントというのは、それを見つけるとか、作るとかいったプロセスも楽しい。もらうほうばかりか、あげるほうも嬉しいのである。相手が喜ぶのを見るのもまたが嬉しい。

喜びはみんな          橋詰
同じだけれど
哀しみは人それぞれ
簡単に
解るなんて云えない

今になり                    早川
どうして過ごそう
この夏を
ただ省エネと
言うばかりでは

喜びは感情移入がしやすいが、哀しみはそれぞれの事情が汲み取りにくいので簡単に解ったなんて言えない。東日本大震災の被災者はいろんな状況にあり、ひとくくりにはできない。わかるなんて、おこがましい。早川さんのはぐうぜん五七調になっている。本人もその場で気が付いたぐらいだから、日本人には五七調が浸みついているのだろう。ほんと、この夏はどうして過ごそうか。うちは治療室を午後4時から開けようかなどと考えている。

| コメント (6)

2011.06.14

わたしの命は

わたしの命は
両親から受け継いだもの
両親の命は祖父母から
太古の命が
わたしの中で生きている

| コメント (4)

2011.06.13

多摩川吹奏楽団

多摩川吹奏楽団の定期公演会のはがきが来た。
アマチュアのブラスバンドだが、いい音楽をたんのうできる。

 6月26日(日)、13:30開演、
 於多摩市民館、入場無料、

 http://www.tamasui.com/home/index.htm

多摩吹のコンサートには
毎回欠かさず行っている
好きこそものの上手なれで
アマチュアながら
いい音楽を聴かせてくれる

| コメント (4)

人は生きて死ぬ

人は生きて死ぬ
形あるものは壊れる
それは分かっている
だが一瞬はないだろう
大津波だなんて

| コメント (2)

2011.06.12

庭木の剪定

庭木の剪定をした。うめ、かえで、ゆず。いちおう剪定の基本は知っているが、ほとんど自己流で切っているので失敗もある。梅の実があまりつかなかったり、藤の花芽を落としてしまって花が見られなかったり。そこで本を見て復習してみた。梅や柑橘類は短枝に実が付くので、短い枝をつくるようにしなければならない。カエデは太いところを切ると変な傷がのこるし、葉っぱのすぐ上で切らないと枝が枯れる。それぞれの木の特徴をもうすこし勉強しなければならない。

Sentei_2
                       切る部分

全体の樹形、バランス、風通しなども考慮する。また剪定の時期も大切で、多くの木は花が終わった時点で枝を切ってだいじょうぶだが、春先や冬場に剪定した方がいいものもある。花芽と葉芽、外芽と内芽の区別などもしなければならない。間違ったことをしているところもいろいろあった。反省!

剪定して、うっそうと茂った木がさっぱりになると気持ちがいい。木のほうも気持ちよさそうだ。われわれも床屋さんをしてもらったあとは爽快である。

剪定をすると
すっきりして
風通しがよくなり
木々も
喜んでくれる

| コメント (2)

2011.06.11

めまい:耳石がはがれる

めまいというと貧血、メニエール症候群、脳梗塞などが原因ではないかと想像する。だが耳石がはがれるのが原因のものも多いという。これは「たけしのみんなの家庭の医学」で取り上げていた話題である。めまいは平衡感覚の異常からくるものもあるとは知っていたが、単に内耳の病気といって片づけて、それ以上考えることはなかった。

は音を聞く器官と平衡感覚をつかさどる器官がある。平衡感覚をつかさどる器官は三半規管と呼ばれ、その中にはリンパ液が詰まっており、その流れを耳石がキャッチして、水平、上下、左右の三次元の動きを感知している。

耳石は小さな砂粒のようなもので、正常なときは三半規管のつけ根にある耳石器に納まっているが、それがはがれて三半規管の中に入ってしまうことがある。その耳石が動くたびにリンパ液がひっぱられ、めまいを起こすという。骨粗しょう症の薬が効くことから、カルシウム不足が原因と考えられるそうだ。病名は良性発作性頭位めまい症という。

Jiseki
左図は三半規管の模型。赤い粒がはがれた耳石。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、骨租しょう症の発症と似ていおり、更年期の女性に多い。症状は回転性のめまいで、夜中にトイレに立った時や明け方にベッドの中で起きることが多い。1回のめまい発作は頭の動きを止めれば数十秒で治まるものの、少しでも頭の向きが変わるとまた目が回ってしまうので身動きがとれなくなる。専門医は頭を動かしたあとの眼振で診断する。自分でできる治療法がこれだ。

聖マリアンナ病院式の寝がえり運動
はがれた耳石を三半規管の起始部にある耳石器に戻す体操

  あおむけに寝て、顔を
 (1)右側に向けて10秒静止。
 (2)正面に向けて10秒静止。
 (3)左側に向けて10秒静止、   (1)~(3)を朝晩10往復行う。

これで三半規管に入った耳石が耳石器に戻るチャンスが増えるという。
めまいだからといって安静にしていては耳石がもどらない。

番組では、このあとカルシウムとビタミンDをとるレシピを紹介していた。
今回はずいぶん貴重な情報を手に入れることができた。

新聞やテレビ
インターネットなどに
情報があふれ
その気になれば
博士にもなれる

| コメント (14)

色づくころ

Ajisai1

恥じらうように
色づき始めた
あじさいの花の
なんと
ういういしいこと

| コメント (3)

2011.06.10

鬼平犯科帳

OniheiBSフジで放送されている「鬼平犯科帳」を録画して見ている。録画しておくと、好きな時間にコマーシャルをスキップさせて見られる。池波正太郎は食通なので、時代劇ながら当時の食べ物のシーンがかならず出るのがいい。そのほかなぜこの番組が好きなのか考えてみる。

・江戸時代の町並み、風景、衣装がいい。
・地名、人名、俗称などに親しみを覚える。
・武士、町人、女将、娘など、らしさがいい。
・日本語がきれい。ことわざや言い回しなど。
・外来語などカタカナ言葉がない。
・吉右衛門の演技が自然で、かっこいい。
・ストーリーは勧善懲悪だが、情がある。
・脇役の役者も顔ぶれがそろっている。

| コメント (5)

ロマンスカー

50000
小田急ロマンスカー、50000型。

新型ロマンスカーに
乗ったことがあるので
このスマートな車両に
出会うたび
心は箱根に遊ぶ

| コメント (4)

2011.06.09

花たちの声

花を
大切にしていると
花たちの
声が
聞こえてくる

| コメント (4)

2011.06.08

おからのドライカレー

水曜日は定休日。朝のうち雨が降っていたので、家の中で片づけものをした。それから床屋さんに行く。さっぱりしたところで治療室に行き、メールチェック。掲示板にレスなど書く。それから久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」に行って昼食。きょうは洋風のおかずが多く、目先が変わって楽しめた。

1.おからのドライカレー
2.キャベツとオリーブのトマト煮
3.人参とコールラビと木の実のマリネ
4.ズッキーニのオムレツ
5.切り昆布の五目煮
6.手づくり豆腐
7.とら豆甘煮
8.えのき茸のおすまし

Ribar

毎週メニューが変わるのが、すごい。この献立も5日間かぎりで、来週は新しいメニューに変わる。ちょっともったいないような感じがする。どれも手が込んでいて美味しい。おからのドライカレーなんて洒落ているではないか。

午後は晴れ。生田のホームセンター「スズキ」で人工芝やレンガを買った。草取りが間に合わないので、草がよくでるところに人工芝を敷いて、草取りの手間を少しはぶくという寸法だ。それから梅やカエデの剪定をした。いろんなことができた。

おからの
ドライカレーとは
発想がいい
なにごとも
工夫だな

| コメント (2)

2011.06.07

サービス精神

Sign
溝の口駅の下りホーム

日本の思いやりは
痒いところに手が届く
次の電車の位置まで
教えてくれる
ちょっとやりすぎかなあ

| コメント (4)

2011.06.06

果汁1%

Kl_2先日、自販機で大人のキリンレモンという飲み物を買って飲んだ。デザインがきれいだし、「糖類ゼロ」と「早摘みレモン使用」という言葉にひかれたからだ。さらに右下の丸いところには、赤地に白抜きで「回復系アミノ酸・アルニチン+クエン酸・ビタミンB6」なんて書いてある。いかにも、からだによさそうだ。

ところが、ボトルの一番下を見ると黒字で目立たないように炭酸飲料・果汁1%なんて書いてある。ボトルの両面が同じデザインになっているのだが、その片面だけに「果汁1%」と表示してあるのだ。早摘みレモンかどうかは知らないが、果汁1%とはかぎりなく果汁ゼロに近いということではないか。

これはもうほとんど詐欺である。こういう表示をするやつも表示するやつだが、これを許可する役所も許可する役所だ。恥ずかしくないのかねえ。こういうことはけっこうあるから油断できない。甲府へぶどう狩りに行ったとき、帰りにお土産屋で干しブドウを買ったら、南アフリカ産だった。ムツとかギンダラ、アワビなども似たような外国産の魚だったりする。

きょう、登戸駅で青森りんご100というジュースを飲んだ。こちらはその名の通り果汁100%だった。さすがに味が濃くうまかった。

Aomori

果汁1%でも
早摘みレモン使用の
レモン飲料だって
果汁100%の
りんご飲料が泣く

| コメント (7)

女房は

女房は
私をみがく
砥石
これが
けっこう痛い

| コメント (6)

2011.06.05

マベビベビバラバラ

バラの花を見ていたら、ふとこんな歌詞が浮かんできた。

マベビベビバラバラ~ マベビベビバラバラ~
マベビベビバラバラ~ マベビベビバラバラ~

これを何度も繰り返すだけだが、のりのいい曲である。半世紀も前の曲だが、リズムがからだに染みついている。ひたすら「おれのカワイ子ちゃん、バラちゃん」を繰り返すだけだが、それだけに脳味噌に深く刻まれたらしい。ロックは騒々しくて好きではないが、わたしも洗脳されてしまったようだ。どこかビートルズの曲にも似ている。

原発は安全
原発は安全

百万回やられれば
洗脳されるわなあ

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (3)

金糸梅

Kinsibai1

Kinsibai2
金糸梅(キンシバイ、中国原産)

金糸梅とは
名前からして
中国っぽい
金瓶梅と
どんな関係?

金瓶梅:中国の長編小説で、明代の堕落した社会を描いている。
金糸梅とは関係ありません。念のため。

| コメント (2)

知るほどに

知れば
知るほど
知らない

知る

the more
you know,
you'd know
the less
you know

| コメント (0)

2011.06.04

ドクダミ

Dokudami3

指についた
どくだみの
臭いをかぐと
思い出が
ほとばしる

| コメント (9)

色づくころ

Aji

梅雨を
たしかめて
アジサイの花
ほんのり
紅を差す

| コメント (0)

2011.06.03

みどり

まわりの
新緑を
呑みこんで
池もまた
みどり

Absorbing
youg greens
around the pond,
it turned itself
green too.

| コメント (3)

「五行歌誌」投稿歌・6月

マグマの上に
横たわる日本列島
こんなところに
原発なんかつくる
バカがいるか

スイッチを切れば
終わりと思った
わたしは無知だった
原発はひどく
扱いにくい代物だ

原発に関して
絶対安全というのは
それを造らないこと
それしかない
こんどはっきりした

地震に津波
原発事故に
長引く余震
たぶん
神はいない

自然は
ときに平然と
不条理を見せる
それを含めて
自然なのだ

古い映画の中で
チョコレート色の
小田急線が
二両編成で
のんびり走っていた

| コメント (6)

2011.06.02

花菖蒲

Hanashoubu1

菖蒲も
紫陽花も
その青が
その紫が
雨に合う

| コメント (0)

2011.06.01

生田緑地ばら苑

Baraen016
お気に入りのピース

Baraen010

客人がみえたので、一緒に向ヶ丘遊園跡地のバラ苑に行った。梅雨空で三人とも傘を持っていったが幸い降られなかった。苑内は満開のバラが迎えてくれた。ただ数日前の台風の影響で強い雨に叩かれ、だいぶ傷づいている花も多かった。しかし、春のバラは元気でいい。まだまだ蕾もどっさりある。バラ苑はこんどの日曜までである。

Baraen011

Baraen015

森からはウグイスやホトトギスの声が聞こえた。ここはいいところだ。お弁当を持って来れば一日遊べるだろう。「きれいだね」、少し歩いてはまた「なんていい色だろう」、そしてまた「おいしそうだね、食べちゃいたいくらいだ」などと、いろんな種類、いろんな色のバラの花を堪能した。

Baraen014

Baraen022

Baraen028

Baraen017
プリンセス・オブ・ウエールズ(ダイアナ妃)

Baraen023
ブルームーン

Baraen012

Baraen024
手回し音楽が鳴り、心を浮き立たせる

薔薇は難しいでしょう
とベテランに訊くと
だからいいんですよ
世話のしがいがあってね
薔薇は正直ですよ

なんでも奥が深いものだ。

| コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »