« トチノキの花 | トップページ | 米寿の祝い »

2011.05.06

「落日の舞」堪能!

Cocktail
薔薇(カクテル)

多摩市民館で郷土の枡形城にまつわる芝居「落日の舞」を鑑賞した。初日だが、ほとんど満員に近い盛況だった。枡形城址をもつ多摩区が舞台なので、やはり関心が高かったのだろう。それに菅(すげ)の獅子舞や祝い唄なども織り込まれているので、関係者も大勢応援に駆け付けてくれたものと思われる。川崎市長の姿もあったし、映画評論家の佐藤忠男さんや地元の名士などがたくさんみえていたようだ。

幕が開くと、琵琶法師が「これやこのゆくもかえるも~」と百人一首の一節を語りを始める。旅をしながら戦乱の世に散った武士のみたまを供養して歩くという設定だ。琵琶法師はひらひらと舞う白い蝶を見る。そして老婆に出会う。その老婆はかつて稲毛三郎重成に仕えたことがあり、琵琶法師にその昔の話を始める。重成の妻、綾子は北条正子の実妹であり、鎌倉幕府の北の守りを固めるために政略結婚をさせられたのだ。彼女は舞が得意であり、夫君とともに領民を大切にし、領民からも慕われていた。

休憩をはさんで二時間半あまり、鎌倉時代の舞台に引き込まれ、舞いや歌、戦争や恋などの物語を堪能した。こちらも稲毛三郎重成に興味があったので、舞台を注視したので、居眠りをするヒマもなかった。舞もきれいだし、衣装もはなやかで楽しめた。もう一度見てもいいなと思う。

« トチノキの花 | トップページ | 米寿の祝い »

コメント

いいものをご覧になりましたね。
私は歴史にうとく稲毛三郎私重成と聞いてもとんと
分かりませんが、最近日本史にめざめてきたので関心を
持ちました。

投稿: kei | 2011.05.09 11:09

★keiさん、
枡形城址というのは子供のころからよく遊んだ
ところですが、城主の名前だけ知っていました。
その背景がこんど初めて分かりました。灯台下
暗しでした。(^-^)

投稿: ripple | 2011.05.09 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トチノキの花 | トップページ | 米寿の祝い »