« 風船唐綿 | トップページ | パンジーの花壇 »

2011.03.24

放射線被害、現状は皆無

福島原発事故の放射線被害、現状は皆無

どのくらい放射線を浴びると身体に悪影響があるのでしょうか? 原爆の被害を受けた広島、長崎のデータなどから、100ミリシーベルト以下では、人体への悪影響がないことは分かっています。このレベルの被ばく量は症状が出ないだけではなく、検査でも異常な数字は確認されません。

100ミリシーベルト以上の被ばく量になると、発がんのリスクが上がり始めます。といっても、100ミリシーベルトを被ばくしても、がんの危険性は0・5%高くなるだけです。そもそも、日本は世界一のがん大国です。2人に1人が、がんになります。つまり、もともとある50%の危険性が、100ミリシーベルトの被ばくによって、50・5%になるということです。たばこを吸う方が、よほど危険といえます。

現在、文部科学省が、各地の線量率を測定しています。最も値が高い福島県の数値でも、風向きなどで高めの地点もありますが、多くの地点で、毎時数マイクロシーベルト程度です。測定は屋外で実施していますから、屋内に退避していれば、線量率は毎時1マイクロシーベルト以下です。東京、埼玉、千葉などは、屋外であっても、その10分の1以下です。

毎時1マイクロシーベルトの場所にずっといる場合、どのくらい時間がたつと身体に悪影響が出始める100ミリシーベルトに達するでしょうか? なんと11年以上の月日が必要です。通常より高いといっても、現在の放射線のレベルは人体に影響を及ぼすものではないことが分かります。

繰り返しますが、事故の現状では、発がんリスクの上昇を含め、一般の人たちの健康被害は皆無と言えるでしょう。安心して、冷静に行動していただきたいと思います。

(毎日新聞3月20日、中川恵一・東京大付属病院准教授)

放射能と聞くと
不気味だが
パニックに
陥ることのほうが
はるかに怖い

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)


« 風船唐綿 | トップページ | パンジーの花壇 »

コメント

そうですね。mixiでもやたらと神経質に煽っている人がいて、かえって冷めた目で見ちゃいます。

投稿: ひでちゃん | 2011.03.24 22:37

神経質になっているようですが
簡単にCTスキャン検査など医師の進めで
やるほうがよほど恐いです。
食物も中国産より茨城産のほうがゼッタイ安心です!
目の前のことに振り回されるひとが多いですね。

投稿: しあわせさがし | 2011.03.24 23:17

★ひでちゃん、
まだ最悪の事態に陥る可能性はありますが、
現状をきちんと把握してあわてないことですね。

★しあわせさがしさん、
最近、広島や長崎の放射線医学にくわしい先生が
マスコミに登場してきましたが、チェルノブイリ
などの前例から、いまの放射線量はほとんど問題
ない。大人はまったく問題ない。妊婦と乳幼児が
ちょっと注意したほうがいいが、それほど神経質
にならなくていいとのことでした。

投稿: ripple | 2011.03.25 09:03

皆さん、これまでの原発推進の国策に準じた利権学者の数字マジックに誤魔化されてますね、

食物連鎖による累積がまったく考慮されてません。そして既に50%(2人に1人)のがんリスクがあるのだからって前提が変です。(他の原因との混同で原因が特定できない。その中での0.5の上昇は実はすさまじいのです)この数日だけでもどれほど危険が増えたことか、良く考えてください。

投稿: 手風 | 2011.04.02 22:31

★手風さん、
コメントありがとうございます。
プルトニウムなどはもともと自然界に存在
しなかったもの。そういう毒性の強いもの
を作っておいて安全もないものです。

数基の原発でこれです。300基以上もあると
いうのですから、なにかあれば人類滅亡も
ありえますね。映画「渚にて」を思い出し
ました。

投稿: ripple | 2011.04.03 11:34

御用学者の発言を検証

中川恵一先生「魚を食べても大丈夫」
http://www.youtube.com/watch?v=R5gHts8iKA4

諸葛先生「1960年頃の大気中のセシウムの濃度は10000倍高かった」
http://www.youtube.com/watch?v=oH1v1qSgqpU

長瀧重信先生による非常に厳しい基準
http://www.youtube.com/watch?v=7PEXgxctzzI

高田純
http://www.youtube.com/watch?v=t3erSTN2sWQ

投稿: | 2011.04.10 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風船唐綿 | トップページ | パンジーの花壇 »