« 雪 | トップページ | しんゆり歌会 »

2011.03.08

足腰が弱い

患者さんを毎日みていて思うことは、足腰が弱くなっている人が多いということだ。うつ伏せになって、膝を曲げても、かかとがお尻につかない。足首が反らない。仰向けになって片方ずつ膝を両手で抱えてもらっても、膝頭が胸につかない。つまり、股関節、ひざ関節、足関節が硬いのだ。そのうえ、大腿部やふくらはぎの筋肉も痩せている。

その原因は容易に想像がつく。正座をしなくなったこと、トイレが洋式になったこと。それに歩かなくなったことだ。和式のトイレに座るということは、股関節、ひざ関節、足関節を最大限に屈曲させるということになる。昔の女性なら一日5、6回、男性でも1回はトイレでしゃがむ。それから、食事のときや書き物をするときも正座をすることが多かった。正座の場合は、足首が過伸展することになる。

Shagamuいずれにしても、昔の人は股関節、ひざ関節、足関節という、下肢の3つの関節をよく使った。それが椅子の生活になってから、あまり深く屈曲させることがなくなってしまったのである。おまけに乗り物が便利になって、歩くことも少なくなった。筋肉は使わなければ痩せて弱くなる。萎縮して硬くなる。適度に使う必要がある。

若い人の多くはしゃがむことが苦手である。足の裏をぜんぶ床に着けると、しゃがめない。無理にしゃがむと、爪先立ちのような格好(左図)になってしまう。そうしないと尻もちをついてしまう。股関節、ひざ関節、足関節が硬いから曲がらないのである。そこでジベタリアンなどと呼ばれるように、地面にお尻をつけてあぐらをかくように座る。そんな連中をコンビニの前などでよく見る。

関節が硬くなれば運動制限が生じ、バランスが悪くなり、ケガをしやすくなる。下肢は体積が大きいから、全身の血液循環にも影響が出てくる可能性がある。足腰の弱い日本人が増えてゆくことが心配である。

不便さが
からだや心を
育てる
そういうことが
確かにある

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

« 雪 | トップページ | しんゆり歌会 »

コメント

なるほど!!
すごーく参考になります。
そうなんですか?
読みながら全部試してみました。
なんとかクリアです~^
良かった・・(ホッ)

投稿: しあわせさがし | 2011.03.08 17:45

★しあわせさがしさん、
世代的にOKでしょう。(^-^)
着物を着るから正座もするし。
踊りの先生などは驚くほど
足腰がやわらかいですよ。
楽がいいとは限りませんね。

投稿: ripple | 2011.03.08 18:50

いや~確かに、最近の若者は地べたに座っているね
コンビニの前や駅構内や電車の中まで・・・
昔なら考えられないよね~

そうか、若者も体力がないのか・・・

投稿: ブル | 2011.03.08 21:17

 和式生活習慣、腰腹文化が見直される機運?
思い起こせばタライでの洗濯、廊下の雑巾がけ、草むしり、釜焚きの火吹きなどなど、昔の日本人はよくしゃがんでましたっけ。
この間高校の教室の床をしゃがんで磨いていたら、その横で
女子高生が立ったまま足で雑巾がけを始めたのには仰天しました。ふざけているわけではなく、ごく当然のような顔をしてました。こわいですねえ。ああ昭和は遠くなりにけり。

投稿: マッコウオヤジ | 2011.03.08 23:43

★ブルさん、
生活の洋風化は便利な面もあるけれど、
便利なものはクセモノですね。知らずに
体力を落としたりしますから。

★マッコウオヤジさん、
そういえば、よく廊下や体育館の雑巾がけを
させられました。脚力がつきますよね。
いまの若い人たちは足が長いけれど、細い。
ポキッと折れそうです。見栄えはいいのかも
しれないけれど実用的じゃあありませんね。
足腰は土台。鍛えてもらいたいところです。

投稿: ripple | 2011.03.09 16:17

病気で足腰が弱くなりました。昔し身体に回復したい。

投稿: 神路祗幸康 | 2019.06.27 15:59

足腰が弱くなり昔かしのように回復したい。

投稿: 神路祗幸康 | 2019.06.27 16:09

★神路祗幸康さま、
病気は困りますね。すこしずつストレッチをして、
すこしずつ運動をするしかないでしょう。
がんばってください。

投稿: リプル | 2019.06.28 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | しんゆり歌会 »