« あぶない | トップページ | 雪 »

2011.03.05

今どきの結婚式

Wedding002

甥っ子の結婚式があり、仕事を休んで横浜に出かけた。朝は寒かったが陽が出ると暖かくなった。場所は、あざみ野から横浜市営地下鉄で三つ目のセンター南駅前。結婚式に出席するのは久しぶりだ。そして、その結婚式が新しいことばかりだったので驚いた。今どきの結婚式はこうなのだろうか。

最初に親族紹介を行い、それが終わるとすぐ披露宴参加者と合流し、教会での挙式となる。外国人の牧師さんが立ち会い、映画で見るような手順で式がすすむ。教会の結婚式に出るのは4度目になるだろうか。式が終わると外に出てライスシャワーをかけて祝福するのだが、ここでは風船を飛ばし、白いハトを空に放った。それから花嫁のブーケトス、全員で記念撮影、中庭でパーティー。ここでは飲み物とオードブルが出される。

Wedding0010

それから大広間に入って、披露宴が始まる。司会の女性が最初に指名したスピーカーは新郎新婦だった。仲人はいない。すぐにケーキ入刀があり、乾杯。そして食事が始まる。ふたりの経歴などについては印刷物がテーブルに配られているから、あらためて紹介はしない。来賓の挨拶もなければ友人の挨拶もない。そのかわり、結婚式場のアイデアだろうか、いろんな仕掛けが用意してあった。だから飽きるヒマはない。余興は祖母のフラダンス「瀬戸の花嫁」だけだったが、これが大ウケだった。

Wedding003

これまでの結婚式だと、新郎新婦は主役なのに飾り物みたいな存在であることが多い。しかし、この結婚式では二人が前面に出て楽しんでいた。新郎新婦の人柄などもよく分かる気がした。本人のことばが聞けるからだ。花束贈呈のあと新郎の父が謝辞をのべたが、締めははり新郎の挨拶だったと思う。退席までのあいだ、スクリーンには今日の結婚式の様子がビデオで流された。出席者の名前が映画のクレジットタイトルよろしく流れる。にくい演出をするではないか。挙式から披露宴までと長時間だったので少し疲れたが、なかなか楽しい結婚式だった。ふたりの幸せを祈ろう。

喜びの笑顔が
感謝の涙が
祝福の祈りが
交差する
ウェディング

結婚式に出ると
親御さんが
若く見えるようになった
自分が年を取った
証拠なのだ

« あぶない | トップページ | 雪 »

コメント

娘の結婚式も甥御さんの結婚式のようでしたよ。式から披露宴まで昔と今ではそれの持つ意味合いが全然違う気がしますね。親という立場でなかったらもっと気楽に楽しめたのに、と残念でした。

投稿: エノコロ | 2011.03.06 22:20

★エノコロさん、
昔は親のための結婚式のようでしたが、
いまは本人中心になっているようですね。
それもいいことだと思います。
あんまり形式ばる必要はないでしょう。
とにかく楽しめました。

投稿: ripple | 2011.03.07 11:34

本当にドラマのワンシーンの様ですね!
結婚式も時代によってスタイルがありますね。
教会の結婚式は友達も参列できるところ良いと思います!
お幸せに!!

私の頃は地味婚が支流で
30歳すぎて結婚する場合式をしないか
立食パーティのみでした。

投稿: あおむし店長 | 2011.03.07 15:53

同じ日に結婚式行ってきました。

結婚式はやはりいいですね♪
このところ、悲しい式が多かったもので・・・・

都会も田舎も大体同じ様な感じの結婚式ですね。
昔とは違いますが・・・・
本人たちが楽しめるのがいいですよね。

投稿: yoko | 2011.03.07 21:12

★あおむし店長さん、
大仕掛けのばかばかしい結婚式ではなく、
いろいろと手作り感を出した式でした。
挙式のプランを立てるのも若い人たちの
ようで、感心することばかりでした。
くつろげる披露宴だったのがいいです。

★yokoさん、
あの日は友引でしたからね。(^-^)
最初と最後に新郎新婦が挨拶をするという
のが現代的でした。高砂のお雛様が
みんなの中に降りてきて楽しんでました。
いい思い出になることでしょう。

投稿: ripple | 2011.03.08 08:47

 あっ、本当だ。よく観たら白鳩が飛んでいる!!。
 すごいなぁ。
 最初と最後に新郎新婦があいさつするって面白いですね。
 結婚式ってやっぱりいいですよね。自分の周囲には結婚しそうな人っていないので、しばらく出ることないです。
 親御さんが若く感じる、ってなんか切ないですね。自分もいずれそうなるんだろうな~。

投稿: ぐん | 2011.03.08 13:00

★ぐんさん、
右の上のほうには飛んで行った風船が
点になって映っています。ああいうのを
飛ばすのに許可がいるのだろうか、なんて
無粋なことを考えてしまいました。
お祝いは笑顔笑顔でいいですね。
涙さえ感謝と喜びの涙ですから。

投稿: ripple | 2011.03.08 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぶない | トップページ | 雪 »