« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.31

ムスカリの花

Muscari
長念寺前のムスカリ

ヒヤシンス
と思いきや
ムスカリだ
青紫の
青がまぶしい

| コメント (0)

2011.03.30

ウグイス

Uguisu1
ウグイス、一瞬姿を現したところ。

Uguisu2
ウグイスの囀り

久しぶりに野川に行った。春休みなので子供たちが川に入ったりしているので、あまり野鳥はいない。小田急のガードから右岸を上ると、ウグイスの鳴き声が聴こえた。コロコロ転がるようなかんじでホーホケキョと啼いている。きたみふれあい公園の下の植え込みのあたりから聴こえてくる。よく見ると、葉がわずかに動くのが分かる。そこで、じっとその後を追った。根気よく追うと、ときどきチラッと姿が見える。運よく何枚か写真を撮ることができた。ウグイスは警戒心がつよく、まずその姿を見ることができない。ま、根くらべである。

P1070861
野川の様子、今年の桜はだいぶ遅れている。

P1070862
鯉にエサをやるおじいちゃんと孫たち

ウグイスの
さえずりは
たまらんな
もう
なんて奴だ

エネルギーを
ためこんだ
桜の蕾
いま
爆発寸前

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (10)

2011.03.29

駅も電車も暗い

Setsuden1
駅に止まっているときは、かなり暗い

巨大地震のため福島原発事故がおこり、そのため電力が不足しており、あちこちで節電が実行されている。スーパーに買い物に行っても暗いし、エスカレーターが止まっている。駅の構内も照明が少ないし、電車の中も暗い。電車が駅構内に止まっているときは、かなり暗い。もちろん暖房も切ってある。それでも走り出せば外から光が入る。とくにケータイはそれ自体が光るから問題ないようだ。

Setsuden2
それでも走り出せば明るい

照明を落とし
暖房を切り
階段をあるく
いままでが
やりすぎだった

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (9)

ハナニラ

Dsc_6575

Dsc_6576 

薄暗がりに
いくつもの
星が灯っている
ハナニラが
咲いていた

| コメント (2)

2011.03.28

人間としてはいい

なにげなく朝刊の俳壇を見ていたら、おもしろい句があった。
俳句でも口語でけっこうユーモアあふれる作品ができるものだ。

 にんげんとしては          大分 阿南宙女
 いい奴
 落第す

こういうことってあるよなあ、としみじみ思った。お人よしで、正直で、人の悪口など絶対言わない。だけど試験に弱い。人間的にはいい奴なのに、頭がわるい。なぜか世の中の流れにうまく乗っていけない。芸能界のおバカキャラと呼ばれる人たちは、それを売りにしてもてはやされている。みんな判で押したように人がいい。なにをしても憎めない。スザンヌや里田まい、沖縄出身の山田親太朗など。こういう人たちがいなかったら、世の中は寂しい。

| コメント (3)

桃の里

Momo001
満開の桃の花、立ち尽くす美しさ。

Momo002
手入れの行き届いた畑がきれい

知人のブログで桃の写真を見たので、きのうの午後行ってみた。もう3時半を過ぎていたし、曇り空だったが、桃の里はみごとな花を見せてくれた。車で丘を登って行くと、とつぜん視界が開け、桃源郷が現れた。去年も行ったが、ことしも新鮮な驚きを感じた。

Momo007
花曇りもわるくはない

Momo006
桃がなったらいい匂いがするだろう

Momo008
旧暦の3月3日は、4月5日

Momo009

これが
桃色だと
言わんばかりに
咲き誇る
桃の花

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (11)

2011.03.27

全席優先席

Blueline2
Be Courteous and Give Up Your Seat.

横浜市営地下鉄は
すべての座席が優先席
儒教の国 韓国では
老人が乗ってくると
若者は弾かれたように立つという

| コメント (0)

ムラサキハナナ

P1070804
ムラサキハナナ

ほんとうは
われわれより
君たちのほうが
賢いのかもしれない
と思うことがある

| コメント (2)

2011.03.26

海から23キロ

Mark1
東京湾から登戸まで、多摩川は23㎞。

海から登戸まで
23キロある
大地震の夜
30キロ以上
歩いた人がいる

そのころ
東日本の
太平洋岸は
恐ろしいことに
なっていたのだ

| コメント (5)

あらさがしメガネ

あらさがしメガネを
はずして
かんしゃメガネを
かけると
世界が変わる

ラジオ深夜便での武田双雲さんの話。
あらさがしは気分が滅入る。感謝はこころが豊かになる。

| コメント (2)

2011.03.25

風がつよい

こんなに
風が吹いたら
放射性物質が
散らばってしまう
いや薄まるかな

広島や長崎の
専門医によると
今の段階では
まったく心配ない
今の段階では

原発の収束を
祈ろう
作業員の無事を
祈ろう
祈り続けよう

| コメント (4)

スイセン

P1070801

いま
咲かなければ
いつ
咲くのだと
言わんばかり

| コメント (5)

パンジーの花壇

P1070774

寒さにつよい
パンジーも
さすがに
春の日差しが
嬉しそう

| コメント (2)

2011.03.24

放射線被害、現状は皆無

福島原発事故の放射線被害、現状は皆無

どのくらい放射線を浴びると身体に悪影響があるのでしょうか? 原爆の被害を受けた広島、長崎のデータなどから、100ミリシーベルト以下では、人体への悪影響がないことは分かっています。このレベルの被ばく量は症状が出ないだけではなく、検査でも異常な数字は確認されません。

100ミリシーベルト以上の被ばく量になると、発がんのリスクが上がり始めます。といっても、100ミリシーベルトを被ばくしても、がんの危険性は0・5%高くなるだけです。そもそも、日本は世界一のがん大国です。2人に1人が、がんになります。つまり、もともとある50%の危険性が、100ミリシーベルトの被ばくによって、50・5%になるということです。たばこを吸う方が、よほど危険といえます。

現在、文部科学省が、各地の線量率を測定しています。最も値が高い福島県の数値でも、風向きなどで高めの地点もありますが、多くの地点で、毎時数マイクロシーベルト程度です。測定は屋外で実施していますから、屋内に退避していれば、線量率は毎時1マイクロシーベルト以下です。東京、埼玉、千葉などは、屋外であっても、その10分の1以下です。

毎時1マイクロシーベルトの場所にずっといる場合、どのくらい時間がたつと身体に悪影響が出始める100ミリシーベルトに達するでしょうか? なんと11年以上の月日が必要です。通常より高いといっても、現在の放射線のレベルは人体に影響を及ぼすものではないことが分かります。

繰り返しますが、事故の現状では、発がんリスクの上昇を含め、一般の人たちの健康被害は皆無と言えるでしょう。安心して、冷静に行動していただきたいと思います。

(毎日新聞3月20日、中川恵一・東京大付属病院准教授)

放射能と聞くと
不気味だが
パニックに
陥ることのほうが
はるかに怖い

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (6)

風船唐綿

Fusen3gatu
フウセントウワタの実

昼休みダイエーに買い物に行ったが、単一電池もペーパータオルもなかった。それに節電で売り場が暗く、気分が落ち込む。外に出て、すこし歩いた。そうしたら空地になっているところに綿の実のようなものを見つけた。薄い殻のようなものだ。インターネットで「ワタのような実」と入力して検索するとフウセントウワタという植物の実であることが分かった。夏に実がなり、秋にそれがカパッと割れてワタと種が出てくるらしい。フウセンカズラを大きくしたような感じである。

Fusen7gatu
フウセントウワタの実(7月ごろ)

路地裏で
見つけた
ワタの実
その名は
風船唐綿

| コメント (0)

2011.03.23

水も危ない

野菜のつぎは
水道水にも
放射能
もう
他人事ではない

過剰反応しすぎる
きらいがあるが
炉心が
メルトダウンする危険は
まだある

とにかく
冷却作業の進展と
作業員の無事を
心から
祈ろう

| コメント (0)

2011.03.22

出荷停止

ほうれん草
かき菜
出荷停止
シーベルトが
立ちふさがる

しぼりたての
牛乳を廃棄する
牧場主の顔からは
表情が
消えていた

| コメント (3)

ヒヨドリ

Hiyo
ヒヨドリ(鵯)

なあんだ
ヒヨか
といって
カメラマンも
無関心

| コメント (0)

緊急地震速報

パランポロ~ン
緊急地震速報の
チャイムが流れる
サッと火を消す
揺れが来る

列車などでは、この数秒が重要になる。
今回の大震災後は広い範囲で地震が多発しており、
この警報が正しく機能しないことも少なくないようだ。

| コメント (0)

2011.03.21

さらに節電しよう

多摩区は
浄水場の関係で
停電しないとか
ありがたいけれど
さらに節電しよう

| コメント (6)

2011.03.20

ママチャリでお墓参り

P1070777
二ケ領用水沿いの桜や桃の花

ママチャリで久地の「カフェ・たまりばーる」に行き、お昼を食べた。それから津田山の緑山墓地で叔父のお墓参りをした。さらに府中県道を走って等々力まで行き、中原の泉澤寺で伯母のお墓参りをした。帰りは二ケ領用水に沿って戻ってきた。二ケ領用水沿いは彼岸桜や花桃、寒緋桜などが咲いていてきれいだった。 途中、また「たまりばーる」に寄って休憩した。ゆっくり走ったが、さすがに下肢の筋肉が張ってきた。

P1070780
寒緋桜

P1070778
寒椿と彼岸桜

椿や桜が
微笑んでいる
二ケ領用水を
掘り上げた人々を
讃えるように

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (2)

2011.03.19

あかり

P1070762
多摩川でトランペットの練習をする女性

多摩川堤を
トランペットの
音が流れる
ここにも
あかりがいた

あかり: 朝ドラ「てっぱん」のヒロイン

| コメント (0)

2011.03.18

原発事故

アメリカの報道は
そうとう深刻だ
同じ形の原発が
たくさんあるからだが
それだけだろうか

| コメント (6)

夜が夜らしくなった

節電で
夜が
夜らしくなった
無駄づかいが
多すぎた

| コメント (2)

ふざけるな!

NHKの「あさイチ」で、イノっちが「物資をヘリコプターで落とせばいいのに」と言っていたが、「法律で、危険だからできない、落とすとこわれる」などと言われたそうだ。ふざけるな! 今は国家の一大事だ。総理が一言「やれ」といえばそれでOKだろう。食糧、水、おむつ、薬、灯油。人間を軽々吊り上げることができるのだから、何でも降ろせるはずだ。自衛隊のヘリなら何トンのものでも運べるだろう。

孤立した
避難所は
もう限界
なんのための
ヘリコプターだ

| コメント (5)

2011.03.17

原発よ眠れ

Genpatsu

起きてしまったことを
とやかく言っても始まらない
ここはとにかく
最善を尽くしてもらおう
原発を眠らせてもらおう

| コメント (9)

2011.03.16

脳ドック

八王子の病院に検査予約をしておいたので、MRIMRAの検査を受けに行った。一時間ほど前に着いたが、こんな時なので早めに検査をしてくれた。MRIの検査はカプセルに入るのかと思ったが、顔面以外は比較的開放的なベッドだったので、あまり緊張はしなかった。検査を始まると、エアコンプレッサで道路を掘り起こすような音がした。ダッダッダとかゴンゴンゴンとかカタンカタンカタンとかキュンキュンキュンなどという音がする。この音のことも話に聞いていたので、あまり驚かなかった。ほぼ15分で検査は終了した。

Mrimra
MRI & MRA(フィリップス社製)

MRAの検査は?」と聞くと、技師が「MRIとMRAは撮影の仕方が違うだけですから一緒にすみました」という。思ったより簡単にすんだので拍子抜けした。少し休んでから、医師の説明を受けた。「脳も脳動脈も重大な異常は見られないから心配ありません。ただ右の大脳に白質変性が多いですね。これは高血圧や高コレステロール、糖尿病などがあると多くなります。血圧のコントロールに気を付けてください」という話だった。あとは左に蓄膿症があった。画像を見ると、右の副鼻腔はなんでもないが左の副鼻腔が白く映っていた。

Mrimra2_2
MRIおよびMRA画像

脳動脈のほうも動脈瘤や動脈硬化はなかった。脳の血管が三次元で見られ、それを左右上下に回転させたりしながら、担当医師はていねいに説明をしてくれた。脳動脈瘤のできやすい場所はこことここです。頸動脈もコレステロールがつまっているところはありません、とのことだった。MRIにしてもMRAにしても、今の診断はすごいなと思う。ただ画像を読む力がないとダメなので、医師もそうとう勉強をしなければならないだろう。

帰りに京王線に乗ったら、百草園(もぐさえん)付近で電車が緊急停車した。車掌のアナウンスによると緊急地震速報が流れたそうだ。そのころ千葉で震度5ほどの地震があったそうだ。東北巨大地震の余震が続いている。

原発にしろ
MRIにしろ
科学の力はすごい
それだけに
心から安全を願う

| コメント (4)

2011.03.15

計画停電

Odakyu
閉鎖された小田急線・登戸駅

計画停電のため
運行を中止した
小田急線
地震の波紋は
どこまで広がるのだろう

| コメント (4)

貞観地震

貞観地震(じょうがんじしん)の震源域2010年5月26日:毎日新聞)

9世紀中ごろに東北から北関東沿岸に大津波をもたらした「貞観地震」の震源域が、宮城県沖から福島県南部沖まで長さ200キロ、幅100キロだったことが、産業技術総合研究所などの解析で分かった。規模はマグニチュード8.4と推定される。

宮城県沖では、平均約37年周期でマグニチュード7クラスの海溝型地震が発生。国の地震調査委員会は30年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は99パーセントと予測している。一般的に地震の規模と震源域の断層の長さとは一定の関係があり、M7で30~40キロ、M8で10~150キロといわれる。

産総研の行谷佑一研究員は「宮城県沖でこれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかった。より広い範囲で詳細な検討が必要だ」と話す。

これは去年5月の新聞記事であるが、今回のような宮城県沖巨大地震が起こる確率は99パーセントだったそうだ。99パーセントといえば、ほとんど必発と言っていい。予想は当たっていたのだ。

Taro
田老の長城(防潮堤)

ただ、その規模が予想をはるかに上回っていた。震源域の予想は長さ200キロ、幅100キロだったのが、実際には長さ500キロ、幅200キロだったという。マグニチュード7前後の予想も、マグニチュード9の大きさだった。実際、今回の大津波は10mの高さの防潮堤を軽々と乗り越えている。1000年に一度、いやそれ以上の大津波だったのだ。

貞観地震(じょうがんじしん)
869(貞観11)年7月に発生。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、仙台平野周辺で建物が崩壊し、津波で1000人の水死者が出たと記録されている。地震で生じた津波は北関東までの広い範囲に及び、仙台平野では現在より1キロ陸側にあったとみられる海岸線からさらに3キロ内陸で、津波の痕跡が見つかった。

資料 → http://yaplog.jp/q2pu1lst/archive/56

| コメント (2)

2011.03.14

津波ショック

津波ショック
ガソリンは
売り切れ
食料品も
からっぽとか

| コメント (2)

思い知る

自然の威力
原発の脆さ
電気の恵み
いろいろなことを
あらためて思い知る

いきなり
計画停電とかで
電車が止まった
大地震の余波が
押し寄せてくる

| コメント (0)

2011.03.13

ミモザ

Mimoza1
ミモザ(=ミモザアカシア)

Mimoza2

ミモザの
小粒なボンボンが
やわらかく揺れている
あの巨大地震を
知っているのだろうか

チャンネルを変えながら
ずっとテレビを見続けた
大津波の被害を
この目に
焼き付けるような思いで

| コメント (2)

2011.03.12

大津波

Minamisouma_2
水没した南相馬市、地盤沈下?

大津波は
海辺の街を
なめるように
襲い
一変させた

| コメント (6)

東日本巨大地震

News
三陸海岸壊滅状態を伝える朝刊、

きのうの地震は
国内最大級だったという
海岸付近の街が
津波で広く水没し
火の手も上がった

船の上のように
からだが揺れる
余震がつづく
こころも
まだ揺れている

| コメント (2)

2011.03.11

大きな地震

午後2時50分ごろ
つよい地震が来た
ゆっさゆっさ揺れて
立っていられない
余震が止まらない

| コメント (3)

エリカ

Erica2
ジャノメエリカ

エリカの花は
種類が多いけれど
ジャノメエリカは
圧巻と呼べるほど
大きくなる

http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/zoku/erica2.htm

| コメント (0)

2011.03.10

沈丁花

Jin

寒さで
葉を傷めているのに
今年も
高貴な香りを
ありがとう

| コメント (6)

蕗の薹から蕗の花へ

P1070674

薄緑の花が
咲いたように
あちこち
蕗の薹が
開き始めた

蕗の薹が
開いて
つぼみを
のぞかせている
星座みたい

| コメント (8)

2011.03.09

しんゆり歌会

鏡でしか              高岡(一席)
自分自身を確認出来ない
もどかしさ
本当の自分の姿は
他人にしか解らない

人は                               片野(二席)
地球上のありんこ
いつどうなってもと
心して
今日の空気を戴く

良妻賢母              望月(二席)
年上女房
もう捨てた
残ったのは
可愛げの無い老女一人

部屋に飾った                染川(三席)
紙人形に
桃の花でも添えようか
春待つ女(ひと)の
雛の宵

強く願えば叶うとか         橋詰(三席)
でも叶わぬ事も
世にあふれて
それでも人は
黙々と生きる

われわれの歌は次の二首。いまいち決め手を欠いているようだ

風船が飛び                    京子
鳩が舞い
花びらが降りそそぐ
やるじゃない
今どきの結婚式

生ビールを飲んで           ripple
激辛ラーメン食べて   
アイスクリーム舐めても
体温は三十六度五分
神様がいないわけがない

| コメント (3)

2011.03.08

足腰が弱い

患者さんを毎日みていて思うことは、足腰が弱くなっている人が多いということだ。うつ伏せになって、膝を曲げても、かかとがお尻につかない。足首が反らない。仰向けになって片方ずつ膝を両手で抱えてもらっても、膝頭が胸につかない。つまり、股関節、ひざ関節、足関節が硬いのだ。そのうえ、大腿部やふくらはぎの筋肉も痩せている。

その原因は容易に想像がつく。正座をしなくなったこと、トイレが洋式になったこと。それに歩かなくなったことだ。和式のトイレに座るということは、股関節、ひざ関節、足関節を最大限に屈曲させるということになる。昔の女性なら一日5、6回、男性でも1回はトイレでしゃがむ。それから、食事のときや書き物をするときも正座をすることが多かった。正座の場合は、足首が過伸展することになる。

Shagamuいずれにしても、昔の人は股関節、ひざ関節、足関節という、下肢の3つの関節をよく使った。それが椅子の生活になってから、あまり深く屈曲させることがなくなってしまったのである。おまけに乗り物が便利になって、歩くことも少なくなった。筋肉は使わなければ痩せて弱くなる。萎縮して硬くなる。適度に使う必要がある。

若い人の多くはしゃがむことが苦手である。足の裏をぜんぶ床に着けると、しゃがめない。無理にしゃがむと、爪先立ちのような格好(左図)になってしまう。そうしないと尻もちをついてしまう。股関節、ひざ関節、足関節が硬いから曲がらないのである。そこでジベタリアンなどと呼ばれるように、地面にお尻をつけてあぐらをかくように座る。そんな連中をコンビニの前などでよく見る。

関節が硬くなれば運動制限が生じ、バランスが悪くなり、ケガをしやすくなる。下肢は体積が大きいから、全身の血液循環にも影響が出てくる可能性がある。足腰の弱い日本人が増えてゆくことが心配である。

不便さが
からだや心を
育てる
そういうことが
確かにある

Tanshi ←ポチッとお願いします。励みになります。(^-^)

| コメント (5)

2011.03.07

P1070630

時ならぬ
雪が降って
おどろく
春は
移り気

| コメント (3)

2011.03.05

今どきの結婚式

Wedding002

甥っ子の結婚式があり、仕事を休んで横浜に出かけた。朝は寒かったが陽が出ると暖かくなった。場所は、あざみ野から横浜市営地下鉄で三つ目のセンター南駅前。結婚式に出席するのは久しぶりだ。そして、その結婚式が新しいことばかりだったので驚いた。今どきの結婚式はこうなのだろうか。

最初に親族紹介を行い、それが終わるとすぐ披露宴参加者と合流し、教会での挙式となる。外国人の牧師さんが立ち会い、映画で見るような手順で式がすすむ。教会の結婚式に出るのは4度目になるだろうか。式が終わると外に出てライスシャワーをかけて祝福するのだが、ここでは風船を飛ばし、白いハトを空に放った。それから花嫁のブーケトス、全員で記念撮影、中庭でパーティー。ここでは飲み物とオードブルが出される。

Wedding0010

それから大広間に入って、披露宴が始まる。司会の女性が最初に指名したスピーカーは新郎新婦だった。仲人はいない。すぐにケーキ入刀があり、乾杯。そして食事が始まる。ふたりの経歴などについては印刷物がテーブルに配られているから、あらためて紹介はしない。来賓の挨拶もなければ友人の挨拶もない。そのかわり、結婚式場のアイデアだろうか、いろんな仕掛けが用意してあった。だから飽きるヒマはない。余興は祖母のフラダンス「瀬戸の花嫁」だけだったが、これが大ウケだった。

Wedding003

これまでの結婚式だと、新郎新婦は主役なのに飾り物みたいな存在であることが多い。しかし、この結婚式では二人が前面に出て楽しんでいた。新郎新婦の人柄などもよく分かる気がした。本人のことばが聞けるからだ。花束贈呈のあと新郎の父が謝辞をのべたが、締めははり新郎の挨拶だったと思う。退席までのあいだ、スクリーンには今日の結婚式の様子がビデオで流された。出席者の名前が映画のクレジットタイトルよろしく流れる。にくい演出をするではないか。挙式から披露宴までと長時間だったので少し疲れたが、なかなか楽しい結婚式だった。ふたりの幸せを祈ろう。

喜びの笑顔が
感謝の涙が
祝福の祈りが
交差する
ウェディング

結婚式に出ると
親御さんが
若く見えるようになった
自分が年を取った
証拠なのだ

| コメント (7)

2011.03.04

あぶない

親切が
余計なお世話に
なったりするから
世の中
あぶない

明らかに
間違っていても
それを
指摘するのは
あぶない

ひとは
理性の動物
というよりも
はるかに
感情の動物

男は
プライドが高い
そこを
傷つけられると
牙を剥く

| コメント (0)

「ずつ」と「づつ」

「少しずつ」を「すこしづつ」と書いてきた原稿が来たので、ネットで調べてみた。グーグルで検索すると、いま話題のヤフーの「知恵袋」という相談サイトの回答がヒットした。仙台の予備校生が京大や早稲田の入試を投稿して問題となっているサイトである。一番すっきりした回答はこうだ。

 「ずつ」は現代仮名遣い、「づつ」は歴史的仮名遣いです。

だから、どちらも間違いではない。ただ現代文には「ずつ」が適当であるということだろう。他にこんな回答もある。

 現代仮名づかいでは、次のような場合に「ぢ」「づ」を使うことになっています。
 (1)同音の連呼 (「縮む(ちぢむ)」「続く(つづく)」など)
 (2)二語の連合 (「鼻血(はなぢ)」「竹筒(たけづつ)」など)

ふつうの文章を書く場合は「ずつ」を使ったほうが無難だろう。それに「一つづつ」などと書くと、つが三つも続くのでつっかえて読みにくい。それよりは「一つずつ」と書いた方が読みやすい。平仮名の使い方も難しいところがある。

妻の実家は木更津だが、これを「きさらず」と入力しても変換してくれない。「きさらづ」と入力してはじめて木更津が出てくる。もっともワープロソフトによってはどちらでも変換してくれるし、ワードの設定変更で両方有効にすることもできるはずだ。治療室のカルテを整理するときも、地家(じけ)さんや圖書(ずしょ)さんを、サ行に入れようか、タ行に入れようか、ときどき迷う。

ひとつづつ
ひとつずつ
現代文では
ひとつずつ
がいいかな

| コメント (2)

2011.03.03

さくら餅

Mochi

雛あられより
さくら餅のほうが
いいなあ
こし餡の
やわらかいのが

| コメント (7)

「五行歌」3月号投稿歌

人は中身
と思いながら
外見で判断している
外見も
その人ではある

世の中が
便利になった分
からだも
心も
なまってきた

何もかも
なんでもありの時代
なんでもありは
なんにもないに
等しいのに

幾つになっても
これだ
と思ったら
飛び込んでみよう
なんとかなる

薬が効くということは
素晴らしいことだけど
薬を減らすと
具合がよくなったりするから
分からない

Gogyohka

| コメント (0)

2011.03.02

谷保天満宮の梅

Yaba001
谷保天満宮

谷保(やぼ)天神に梅を見に行った。曇りで時々日が差したが、うすら寒い日であった。谷保天満宮は、JR南武線の谷保(やほ)駅の南200mぐらいのところにある。名前はよく聞いているが、お参りするのは初めてだ。甲州街道を渡って鳥居をくぐり、それから坂を下っていくと右手に社がある。下って神社にお参りするというのも珍しい。神社の右手にはたくさんの絵馬が飾られていた。天満宮だけに大半が合格祈願と合格御礼の絵馬だが、病気平癒などの願い事が書かれているものもあった。交通安全祈願発祥の地というのが面白い。

Yabo001

Yabo007

天満宮というと牛と梅がつきものである。谷保天神の梅園も満開できれいだ。売店で甘酒と抹茶を買って、椅子に腰かけて休憩した。ほのかに梅の花の香りが漂ってくる。

Yabo003

Yabo005
緑額梅

Yabo002

Yabo004

楽しそうに観梅をしていた着物姿の婦人たちが、やがて立ち上がって踊りをおどり出した。先生と呼ばれる人がいたから、踊りのお稽古をしている人たちらしい。国分寺音頭、龍馬音頭、大東京音頭などを披露してくれた。

Yabo006

Yabo008

梅の花にはヒヨドリやメジロが来て、忙しそうに蜜を吸っていた。よくもまああんなに速く動いて蜜が吸えるものだと感心してしまう。小さいカメラだったが連写きのうを使ったら、かろうじて数枚、メジロがとらえられた。

| コメント (6)

2011.03.01

3月なのに

2月なのに
4月の陽気だといい
3月なのに
真冬に逆戻りだといっては
騒いでいる

どんな
天候であろうと
野生の生き物は
黙って
受け入れているのに

| コメント (5)

ミニハボタン

Haru3

門の脇で
ミニハボタンが
笑っている
ここのお宅にも
春が

| コメント (3)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »