« 泣いた赤鬼 | トップページ | 春節-横浜中華街 »

2011.02.05

冷え症と鍼灸

20代の女性が、冷え症の治療で通ってきている。去年の12月中ごろに初めて来院したが、そのときは手足の先が氷のように冷たかった。机に座っていることが多く、運動不足ぎみらしいが、それにしても冷たい。平熱も36度までいかないそうだ。

肩や背中も凝っている。まずは全身をゆっくりていねいに揺する。これはトレガーという手技療法で、からだの緊張をゆるめることができる。それから細い針で気をめぐらし、さらに温灸をして代謝をうながす。手首、足首、指先などのつぼに糸状灸をする。カウンターストレインで骨盤や背骨を矯正する。またパンフレットを渡して、自分でも体操をするように伝える。お尻ころがし、腰のツイスト、肩回し、などだ。治療をするたびに、少しずつからだが温まってゆくのが分かる。

今日で計10回の治療を終えた。手足の先は見違えるように温かくなった。本人も冷えの自覚症状がずいぶん少なくなったといって喜んでいる。鍼灸と手技療法が効いているのは間違いないが、本人が自宅で熱心に体操を続けていることも大きい。基礎代謝が向上したせいか、からだもダイエットをしたように締まってきた。冷え症というのは生来の体質や遺伝の要素が大きい。しかし、適切な治療を施せばそうとう改善するものである。

自分が
病気を治したと
思ったことは
ただの一度もない
治ったのだ

« 泣いた赤鬼 | トップページ | 春節-横浜中華街 »

コメント

私も冷え性。肩も首も凝っています!体操が良いのはわかっていますが三日坊主というか・・・継続というのはホントに難しいです。

投稿: エノコロ | 2011.02.05 19:59

★エノコロさん、
体操を続けるコツは家族に協力してもらうといいでしょう。
ジムへ通うと会費がもったいないので休まなくなるかも。
気功、ヨガ、太極拳などに行くのもいいでしょう。あるいは
ダンスやハイキングなど楽しめることがいいでしょう。
本当に困れば始めるでしょうね。

投稿: ripple | 2011.02.06 08:59

この方は陽気堂さんへ行かれたのが幸いしましたね。
この五行歌の言わんとするところは分かります。
でも心身を導いてあげるのは中々出来ませんね(^^♪

投稿: ミモザ | 2011.02.07 09:48

★ミモザさん、
患者さんには「感謝と不満」というパンフレットを
渡しています。不満が緊張を生み、感謝が緊張ととる
ことを説明しています。なかなか実践するのは難しい
ようですが、分かる人には分かるようです。

投稿: ripple | 2011.02.07 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣いた赤鬼 | トップページ | 春節-横浜中華街 »