« 高津市民オーケストラ定期演奏会 | トップページ | 沈丁花 »

2011.02.27

藤子F不二雄 ミュージアム

P1050285

多摩市民館のアトリウムの上には、藤子F不二雄ミュージアムの開館を知らせる横断幕が張られている。今年の9月には、向ヶ丘遊園跡地の一部に「どらえもん」などの展示館ができるそうだ。どらえもんは一時、日本中の子供たちの注目を浴びたキャラクターだから、訪問者もそうとう期待できるだろう。個人的には土左衛門(溺れた死体)を連想させるので、この名前は好きになれないが、子供たちはそんなこと知らないから関係ないのだろう。

向ヶ丘遊園の
跡地に
どらえもん出現
招き猫になるだろうか
眠り猫になるだろうか

« 高津市民オーケストラ定期演奏会 | トップページ | 沈丁花 »

コメント

 登戸駅にも同じようなカウント表があって、「意外とすぐだなぁ」なんて先だって思ったところです。
 でも場所が中途半端なんですよね〜。もう少し駅寄りに建てればいいものを。
 生田緑地の中心からもアクセスしづらいようだし。
 しかし土左衛門って・・・・。
 子どもの頃ちょっと頭によぎったかもしれないですが、いまさらっ。
 まいっか。
 でも、集客には期待しています。
 いろんなメディアが拾ってくれたら、盛り上がるのではないでしょうか。
 テレ朝と朝日新聞に期待。

投稿: ぐん | 2011.02.27 18:45

rippleさん、地元若者系は展示内容を知って失望してます(⌒-⌒; )
たぶん、、、税金の無駄遣いで終わっちゃうでしょう。
地元の経済効果も期待できず、、、
まだ自然を利用したミニ遊園地の方がマシでしょうね。
どう考えてもリピーターは望めないでしょうから、、、
飽きる展示物ではf^_^;)

投稿: ひでちゃん | 2011.02.27 20:58

 なるほどドラエモンでドザエモンでしたか。
ダジャレオヤジを自認する私としたことがいままで気がつきませんでした。
ドラエモンはハリーポッターに負けないファンタジー。
秘密道具は将来の発明のヒントとしてよく読みました。
どこでもドアは、Back to the Futureの原作ではと思わせるようなところがありますね。
ところで不二子藤雄は二人とも富山の人なのになぜ向ヶ丘遊園跡にくるのでしょう?どこでもアリ?

投稿: マッコウオヤジ | 2011.02.27 21:04

★ぐんさん、
ぐんさんはこういう情報に目ざといようですね。
岡本太郎美術館も町おこしのために区役所の
そばにするという案もあったようです。今じゃ
駅近くには大きなものは建てにくいのでしょう。
デズニーばりに人気がでると面白いですね。

投稿: ripple | 2011.02.28 08:59

★ひでちゃん、
もう展示内容をご存じなのですね。
そうリピーターをつくらないことには
始まりませんね。また行きたくさせる、
ここがツボでしょう。知名度はあるの
ですからねえ。

投稿: ripple | 2011.02.28 09:05

★マッコウオヤジさん、
わたしは「どらえもん」をほとんど知りません。
こどもたちに人気があるのだから、ちょっと読んで
みましょう。発想力がつくかもしれませんね。

藤子不二雄のふたりは、うちのそばに住んでいます。
寺尾台という団地の一部に隣り合って二軒が建って
います。川崎市多摩区在住で、資料を川崎市に寄付
したと聞いています。

投稿: ripple | 2011.02.28 09:11

ん・・・展示内容薄々知っていますが
常設展示+企画展示が打てるかによりますね。
展示と言うよりも
個人的にはドラえもんの世界を体現できる方法取ってほしかった!
どこでもドア実現!!(笑)

投稿: あおむし店長 | 2011.02.28 14:28

★あおむし店長さん、
タケコプターというのもありですか。
ジブリの森は子供たちが猫バスの中で
跳ねて遊んだりして楽しそうでした。
ああいうの参考になりますよね。

投稿: ripple | 2011.02.28 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高津市民オーケストラ定期演奏会 | トップページ | 沈丁花 »