« フキノトウ | トップページ | なんで五七調? »

2011.02.10

煩悩の炎

Red
シクラメン

煩悩の炎が
燃え盛っている
これを消すのは容易でない
せめて新しい薪を
くべるのはやめよう

« フキノトウ | トップページ | なんで五七調? »

コメント

rippleさん、こんにちは!
先日は、我がブログにご来場いただき有難うございました。
初めてコメントさせていただきます。

シクラメン、なるほど煩悩の炎ですか。
私などは、次から次へ新しい薪をくべて、煩悩の炎を煽り立ててるみたいで反省しきりです。

歌も拝読しました。
歌に疎い私としては、目から鱗ですね。

これからも時々訪問させていただきますので宜しく!!

投稿: ソングバード | 2011.02.10 17:47

★ソングバードさん、
コメントありがとうございます。
五行歌は字数の制約もなく、口語で自由に
書けばいいので、本音をらくに書けます。
シクラメンをマクロで撮ったら炎に見えて
きました。カルマは燃えますが、新しい
カルマの種は蒔かぬようにしたいものです。(^-^)

投稿: ripple | 2011.02.10 18:46

先日の雨に濡れた梅の花の写真も、とても素敵ですね!
いつも写真を拝見して癒されております。
ありがとうございます。
5行歌、皆さんお上手!書いてみたいけれど難しそう…でも書けたら楽しいかもしれませんね!
いつも感性を研ぎ澄ませて歩いているのって、すごく精神的に良さそう…!

投稿: naomi | 2011.02.10 22:53

「悔いなき煩悩」
そんな小説がありましたね。

煩悩の火種を絶やしてはいけません。
そこから、クリエイトするのも人間的で美しいからです。

投稿: 荒野人 | 2011.02.10 23:49

煩悩は誰にでもありますものね。
>せめて新しい薪をくべるのはやめよう・・納得!
これは注意していればある程度は防げますね。
心して生きていきたいです(^_^)

投稿: ミモザ | 2011.02.11 09:24

写真もいろいろ撮ってみると面白いものができますね。
なんてたってデジカメですものね。
それにしてもrippleさんの写真はいつもきまっている。

投稿: kei | 2011.02.11 14:53

★naomiさん、
お久しぶりですね。
ステージがいっぱいでお忙しそう。
五行歌はとにかく書くだけのことです。
うまいもへたもぜんぶ自分が出るので
面白いですよ。日記代わりに書いて
みてはいかがでしょう。

五行歌を
詠むようになって
自然が
人が
輝いてみえる

投稿: ripple | 2011.02.12 10:25

★荒野人さん、
煩悩はおもに欲望ですが、たしかに
クリエイチヴなものもありますね。
画家や作家は色恋沙汰も多い。
しかし、一度でも煩悩の火を消した
瞬間を味わうと、その静寂というか、
安心感というか、その歓喜に打ちのめ
されるかもしれません。

投稿: ripple | 2011.02.12 10:30

★keiさん、
なんたってデジカメなので、
連射連射です。(^-^)

投稿: ripple | 2011.02.12 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フキノトウ | トップページ | なんで五七調? »