« 日本語変換スピードを上げる | トップページ | しんゆり歌会(2月) »

2011.02.08

佐渡裕さん

鶴瓶の「家族に乾杯」をよく見ている。ぶっつけ本番の出会い番組なのでヤラセがなく、人々のありのままの姿が描かれているのが面白い。きのうは「題名のない音楽会」の司会者、佐渡裕さん。修学旅行の思い出の町と思って宮崎に行ったら、小倉と思い違いをしていたのに気づく。のんきな人柄が出ている。それから、いろんな人に出会うが、それがみんな音楽に関係のある人たちばかり。まったく縁は異なもの味なものだ。鶴瓶は口蹄疫で牛を失くした農家の人々を訪ねた。いい仕事をしている。

佐渡さんは、縁つながりで最後に宮崎学園の生徒たちに合唱や吹奏楽の指導をした。とくに吹奏楽の指導は見事だった。恩師バーンスタイン作曲の「キャンディード」を生徒たちが練習していたこともあって熱が入る。一切手を抜かず、思いを込めて、全身で指導をする姿は胸を打った。脇役のパーカッションなどにも声をかけ、バンド全体を盛り上げてゆく。素人のわたしにも音楽が生き生きしていくのがはっきり分かる。指導者というのはこんなにも影響力を持っているのだ。佐渡さんは帰りの飛行機の時間ぎりぎりまで教えていた。初心に帰ることができてよかった。そう言って、目をうるませていた。指導を受けた生徒たちも大感激だった。家族に乾杯とはいかなかったが、人類に乾杯といった感じがした。

強く打つだけでなく
打ったら素早く引く
これがパンチだ
スタッカートだ
そして吹奏楽は蘇った


« 日本語変換スピードを上げる | トップページ | しんゆり歌会(2月) »

コメント

私のブログに訪問
嬉しいコメントありがとうございます。

鶴瓶の「家族に乾杯」まだ見たことが
ありませが、とても楽しそうな
番組ですね~~♪
今度は1度見てみますね~♪
ランキング1位ですね~~♪
頑張って下さいね!」

投稿: みのり | 2011.02.08 16:38

★みのりさん、
最近、どこもアクセスが減っているみたいですね。
商売は二八というのがありますけどね。
家族に乾杯は「演技がない」のがいいですよ。

投稿: ripple | 2011.02.08 17:47

 佐渡さんってカッコいいですよね!。
 セーター姿はお腹が目立つけど、燕尾服姿は惚れ惚れします。
 この番組、普段観てないんですけど、これは観たかったですね。残念。
 

投稿: ぐん | 2011.02.09 11:26

「家族に乾杯」佐渡さんの前編見ました!
後編録画忘れてしまいました(涙)
番組終了後も鶴瓶さんやゲストの方が
訪ねた方々と交流が続いているそうですね。

投稿: あおむし店長 | 2011.02.09 13:51

テレビを見てなかったのが残念です。鶴瓶の家族に乾杯は鶴瓶さんの人柄から生まれた番組なのでしょうか?鶴瓶さんでないと成り立たないような番組ですよね。

投稿: エノコロ | 2011.02.09 16:55

★ぐんさん、
なにしろ、たっぱがでかいから存在感がありますね。
「ページをめくりましょう」はちょっと似合わない。
この放送はBSかな、再放送がありますよ。(^-^)

★あおむし店長さん、
今回は口蹄疫の被害を受けた場所だけあって、
鶴瓶さんの訪問がいい元気づけになったようです。
佐渡さんの吹奏楽指導は見ものでしたよ。

投稿: ripple | 2011.02.10 09:04

★エノコロさん、
本当ですね。鶴瓶さんはふつうの顔がもう笑顔ですからね。
それにこの番組も長寿番組で、全国的によく知られているようです。
縁の発展のしかたがとても面白いと思っています。

投稿: ripple | 2011.02.10 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語変換スピードを上げる | トップページ | しんゆり歌会(2月) »