« モズ♂ | トップページ | つぐみ »

2011.02.03

『五行歌』2月号投稿歌

寒に
咲く花は
耐え忍ぶ
美しさも
見せる

温かい人の
まわりには
みんなが集まる
ストーブを
囲むように

ひとつの道を
歩き続けたい
さかなくんが
さかなくんと
呼ばれるように

人真似は
恥しくない
尊敬する人の
生き方は
真似したい

冷たい雨が
降る夜は
ただじっと
あなたの温もりに
包まれていたい

風に吹かれて
どこまでも
走り続ける落葉
帰るところが
見つからない

« モズ♂ | トップページ | つぐみ »

コメント

最後の風に吹かれて・・・、が良いですね。
薄暗いトンネルの中に居る様な言葉に表現出来ないモヤモヤした気持ちの時があります。
そうです、言葉にすればこんな心境なのです。

投稿: A.A. | 2011.02.03 15:03

★A.A.さん、
そう言われてみると、人類もこんな感じかもしれません。
進歩、発展だといって、ずいぶん遠くへきたように思います。

投稿: ripple | 2011.02.03 16:07

どんどんお作りになっていますね。
落ち葉の歌は、そのまま受け取ってしまって、
「大地に還れるよ」なんて思いました。
さかな君の歌は我が意を得たり・・・です。
何にもない私は、ああいう人が憧れでした。
過去形にしてはいけませんね(^.^)

投稿: ミモザ | 2011.02.03 20:36

人真似は
恥しくない
尊敬する人の
生き方は
真似したい

この歌はいいですね
僕の心にぐっと来ます

投稿: ブル | 2011.02.03 21:12

精力的な作詩ですね。
生き急ぐかのように、あるいはまた湧き出ずる言葉の波に遊ぶかのように・・・。

若さが横溢する詩歌だと思います。

投稿: 荒野人 | 2011.02.04 00:12

★ミモザさん、
思えば花粉症の花粉も、排気ガスでコーティングされ、
ビルやアスファルトの道を走り、土に落ちて分解され
ることがないのでしょうね。人災でしょう。
さかな君は学生服を着てテレビチャンピオンに出ていた
頃からのファンです。絵もうまいんですよね。

投稿: ripple | 2011.02.04 08:59

★ブルさん、
レスありがとうございます。
本当にその人のことを敬うのなら、
手を合わせるでなく、その人の生き方を
少しでも真似たらいいのでしょう。
イエスでも釈迦でも龍馬でも…

投稿: ripple | 2011.02.04 09:02

★荒野人さん、
レスありがとうございます。
毎日すこしずつ書きためたものを集めて投稿しています。
だから、いろんな歌が混在しており、矛盾もあるでしょう。
たしかに五行歌は制約がないから、思いが噴出します。

投稿: ripple | 2011.02.04 09:04

こんにちは^^

どの歌にも、それぞれの色があって風があって
世界がありますね。


寒に
咲く花は
耐え忍ぶ
美しさも
見せる

今の時期、これが心にずんときました^^

投稿: おしゃれな猫 | 2011.02.04 12:06

★おしゃれな猫さん、
レスありがとうございます。
暖かいときの花もきれいですが、
寒いときの花はそのぶんいっそう
きれいに見える気がします。
人もすこし辛い思いをすると
磨かれるように。

投稿: ripple | 2011.02.04 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モズ♂ | トップページ | つぐみ »